So-net無料ブログ作成

ジョンの黙示録? [聖書]

英語版の聖書を見て驚いた。
ヨハネはジョンになっていた。
ヤコブはジェームスに、ペトロはピーター、マルコはマーク、マタイはマシュー。

ノストラダムスは英語読みではノートルダムであると知ったのと同じくらいびっくりである。
「ヨハネの黙示録」でなく「ジョンの黙示録」だとありがたみが減る気がする。

https://www.amazon.co.jp/文語訳-旧約聖書-日本聖書協会-ebook/dp/B00FEXCOS4/
文語訳のタイトルに英語版の名前をつける。

創世記 Genesis
出埃及記(出エジプト記) Exodus
利未記(レビ記) Leviticus
民數紀略 Numbers
申命記 Deuteronomy
約書亞記(ヨシュア記) Joshua
士師記 Judges
路得記(ルツ記) Ruth
撒母耳前書(サムエル前書) 1 Samuel
撒母耳後書(サムエル後書) 2 Samuel
列王紀略上 1 Kings
列王紀略下 2 Kings
歴代志略上 1 Chronicles
歴代志略下 2 Chronicles
以士喇書(エズラ書) Ezra
尼希米亞記(ネヘミヤ記) Nehemiah
以士帖書(エステル書) Esther
約百記(ヨブ記) Job
詩篇 Psalms
箴言 Proverbs
傳道之書 Ecclesiastes
雅歌 Song of Solomon
以賽亞書(イザヤ書) Isaiah
耶利米亞記(ヱレミヤ記) Jeremiah
耶利米亞哀歌(エレミヤの哀歌) Lamentations
以西結書(エゼキエル書) Ezekiel
但以理書(ダニエル書) Daniel
何西阿書(ホセア書) Hosea
約耳書(ヨエル書) Joel
亞麽士書(アモス書) Amos
阿巴底亞書(オバデヤ書) Obadiah
約拿書(ヨナ書) Jonah
米迦書(ミカ書) Micah
拿翁書(ナホム書) Nahum
哈巴谷書(ハバクク書) Habakkuk
西番雅書(ゼパニヤ書) Zephaniah
哈基書(ハガイ書) Haggai
撒加利亞書(ゼカリヤ書) Zechariah
馬拉基書(マラキ書) Malachi

https://www.amazon.co.jp/文語訳-新約聖書-日本聖書協会-ebook/dp/B00FCU7H86/

マタイ傳福音書 Matthew
マルコ傳福音書 Mark
ルカ傳福音書 Luke
ヨハネ傳福音書 John
使徒行傳 Acts
ロマ人への書 Romans
コリント人への前の書 1 Corinthians
コリント人への後の書 2 Corinthians
ガラテヤ人への書 Galatians
エペソ人への書 Ephesians
ピリピ人への書 Philippians
コロサイ人への書 Colossians
テサロニケ人への前の書 1 Thessalonians
テサロニケ人への後の書 2 Thessalonians
テモテへの前の書 1 Timothy
テモテへの後の書 2 Timothy
テトスへの書 Titus
ピレモンへの書 Philemon
ヘブル人への書 Hebrews
ヤコブの書 James
ペテロの前の書 1 Peter
ペテロの後の書 2 Peter
ヨハネの第一の書 1 John
ヨハネの第二の書 2 John
ヨハネの第三の書 3 John
ユダの書 Jude
ヨハネの默示録 Revelation



「”ジョン”ってよくある名前だと思ったら”ヨハネ”の英語読みだった」
http://chaos2ch.com/archives/3161105.html
ポールもパウロの英語読みなんだな…
じゃあビートルズはヨハネとパウロのコンビなのか…

ゲオルグさんとリカルドさんもいる

まさか俺英語圏のありふれた名前から古代近代の歴史に思いを馳せるとは思わなんだよ…


↑面白かった
nice!(0)  コメント(0) 

イブの本当の名前は "hghawah"(חַוָּ֑ה) [聖書]

創世記2:7で、アダムを作るところのヘブライ語を見ると、

http://biblehub.com/text/genesis/2-7.htm
主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形作り、
the LORD God formed man of the dust of the ground,

3068 [e] Yah-weh יְהוָ֨ה the LORD Noun
430 [e] ’ĕ-lō-hîm אֱלֹהִ֜ים God    Noun

主なる神 the LORD Godは、LORDがヤハウェで、Godがエロヒム。

127 [e] hā-’ă-ḏā-māh, הָ֣אֲדָמָ֔ה the ground Noun
120 [e] hā-’ā-ḏām הָֽאָדָ֖ם man     Noun

土の発音がアダマで、人の発音がアダム。


http://biblehub.com/text/genesis/2-23.htm
人は言った。ついにこれこそ私の骨の骨、私の肉の肉。これをこそ女(イシャー)と呼ぼう。まさに男(イシュ)から取られたものだから。
And Adam said , This is now bone of may bones, and flesh of my flesh: she shall be called Woman, because she wa taken out of man.

120 [e] hā-’ā-ḏām הָֽאָדָם֒ Adam Noun

manもAdamも同じ。
Adamって名前だと思っていたが、ただ人だった。

802 [e] ’iš-šāh, אִשָּׁ֔ה women Noun

女(イシャー)と呼ぼう。

376 [e] mê-’îš מֵאִ֖ישׁ out of man Noun

男(イシュ)から取られたものだから。

http://biblehub.com/text/genesis/3-8.htm
アダムと女が、主なる神の顔を避けて、園の木の間に隠れると

120 [e] hā-’ā-ḏām הָֽאָדָ֜ם Adam Noun
802 [e] wə-’iš-tōw, וְאִשְׁתּ֗וֹ and his wife Noun

人とその妻。


http://biblehub.com/text/genesis/3-20.htm
アダムは女をエバ(命)と名付けた。
And Adam called his wife 's name Eve;

2332 [e] ḥaw-wāh; חַוָּ֑ה Eve Noun

アダムは女をḥaw-wāhと名付けた。
イブじゃない。


https://steemit.com/genesis/@alethinos/did-he-really-say-that
上記サイトがもうないのでキャッシュを見ると、
Eventually, he names her Eve. In the original language her name is really “hghawah” (חַוָּ֑ה), but Eve was possibly changed from the original since the ease of pronunciation.
結局、彼は彼女をイブと名付ける。元の言葉では彼女の名前は本当に "hghawah"(חַוָּ֑ה)ですが、Eveは発音の容易さから元のものから変更された可能性があります。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用開始

Did He Really Say That?

As Christians are warned against the wiles of the devil (Ephesians 6:11), we must be vigilant in our daily walk. Satan does not have any new tricks up his sleeve nor has he devised any new ways of packaging his true time tested method to trick mankind and cause doubt in the mind causing him to fall into sin. In the very beginning, God had created Adam and his duty was to take care of the garden (Gen. 2:15). Adam was then told by God that he could eat of any tree in the garden. In the garden Adam had the run of the whole garden or orchard, as it is also translated, to eat from, except for one tree. In the garden there was a very special tree that God told Adam that it was the tree of knowledge of good and evil. God also gave a strict warning of what would transpire if Adam would eat from it (Gen. 2:17). The severity of disobeying God’s command not to eat from the tree of knowledge would result in death.

After sometime, God had realized that Adam needed a helper and He saw that man was alone and that was not good (Gen 2:18). It was not that God made a mistake but for the first time in the Genesis or “beginning” of creation where God said something that was not good. All He had created up to that point He labeled as “good.” God had brought every living thing to Adam so he could name them. During this process, God realized that out of all the animals created none were suitable to be his helper, sorry dog owners (Gen. 2:20). So God created woman out of man to be his suitable helper. Eventually, he names her Eve. In the original language her name is really “hghawah” (חַוָּ֑ה), but Eve was possibly changed from the original since the ease of pronunciation.

In the time leading up to the fall, Adam and Eve roamed the garden as they pleased and ate from every tree in the garden, except the tree of knowledge. Although it is not written, we can deduce that Adam must have told Eve about the tree of knowledge and the seriousness of the consequences that would follow if they ate from the tree. Maybe even telling her if she even touched it she would die. Some scholars have said the time that passed from the creation of Adam and Eve is to have been about (2) years. I am nowhere smart enough to figure this out but there was sometime where they both cohabited in the garden, or orchard, leading up to the fall.

Now enter the serpent, the Satan possessed vehicle of choice, to carry out the one act that would impact the future of mankind. As Scripture depicts, this serpent as “crafty” as any of the other beasts of the field (Gen 3:1). The Hebrew adjective text that describes the serpent is “arum” which has meaning of subtle, shrewd, crafty, sly, and sensible. All the traits of a deceiver, a liar and a manipulator. Is Satan any different today? He still operates within these boundaries to achieve the same results. When the serpent approached Eve, he went to his old faithful trick of deception. He asks her; “indeed has God said you shall not eat from the tree?”(Gen. 3:1). Typical Satan Mode of Action, take something and twist it so that you may call it into question and “doubt” it. Oldest trick but it works. God never told Eve not to eat from the tree but He told Adam so Satan knew that so he uses that against her to cause doubt. She only heard it from Adam and not from God and that is what got her mind working to develop her own conclusion that “God never told me that..”

Satan contuse to cause doubt and confusion and even starts to entice her by asking doesn’t she want her eyes to be open and be like God, knowing good from evil (Gen. 3:4)? Where was Adam during all this? We always get the idea that Adam was nowhere to be found until she offered him the fruit as if she went out of way to find him. Well, Scripture tells us that Adam was right there with Eve. When the serpent said “you” in this passage, he was referring to more than one person. It is the use of the second person masculine plural having the meaning of more than one “you”. Since there were only (2) people created at this time and the serpent was addressing more than one person then we can deduce that Adam was there the whole time of the temptation right alongside with Eve buying into the lie. As Adam never intervened at any point to stop the serpent. She then ate of the fruit and gave it also to Adam and he was as guilty as her.

The rest as you know, lead to the judgement from God upon all the human race. But why didn’t Adam speak up? Why didn’t he put his foot down and say anything? Sadly, Adam wanted what the serpent was peddling. He wanted to be like God as well as Eve. It is the same exact way Satan draws people into the prosperity Gospel or any false heretical following today. These followers are buying into what these false preachers are peddling because they want what they are selling. They want their lie. These people are not poor ignorant fools but they have been misguided into a belief system that “their best life is now.” Satan knows the buttons to press to entice us into false beliefs which stem from our selfish and prideful desires.

So what do we learn from all of this? We see clearly that Satan is at war with God and is using souls to try to win this war. We must be vigilant all day all the time to keep focused on not falling for the temptations from Satan. He is a liar and a deceiver. He twists things ever so subtly that it can be missed and then you fall. The seeds of doubt cultivated like crops in a field quickly grow into transgressions. After these seeds of doubt have been planted in your mind, then we begin to justify it in our finite minds and enter into sin. We need to first, build hedges to protect us from the seeds being panted to begin with. Secondly, we need to identify when seeds of deception have been planted into our minds and root them out and rid them far from our minds. It is a progressive task that we should be keeping in the Word of God daily and in diligent prayer. The purity of our heart begins with the purity of our mind and what we are putting in it.

I would hope that you will not fall for the traps that Satan and his minions set out for us daily in all areas of our lives in the people we speak to and more so the social networks and other media outlets which Satan has cunningly managed to use for his agenda. This is where Satan is really putting his efforts in and is doing it with great success. Our society is operating on the basis of the platform of postmodernism which advocates tolerance, inclusivity and acceptance to everyone’s self-belief. Satan wants no more than for every person to not believe in an absolute truth. We must guard ourselves prudently and with conviction against the snares of the devil.

Please pray for other brothers and sisters that they may stay in the light of the truth written in Scripture of God’s Word.


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーここまで引用

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーgoogle翻訳を少々手直し開始

キリスト教徒は悪魔の暴力に対して警告されているので(エペソ6:11)、毎日の散歩に警戒しなければなりません。サタンは袖を新しくすることはありません。また、人類を欺くために真の時間をかけて梱包する新しい方法を考案しておらず、心に疑いを持ち、罪に陥ってしまいます。ごく初期に、神はアダムを創造し、義務は庭を世話することでした(創世記2:15)。アダムは神によって、庭の中のどんな木も食べられると言われました。庭では、アダムは庭園や果樹園全体を1つの木を除いて食べるために翻訳されているように走っていました。庭には神がアダムに善と悪の知識の木であると語った非常に特別な木がありました。神はまたアダムがそれから食べるならば何が起こるのか厳格に警告しました(創世記2:17)。知識の木から食べないという神の命令に反する重大さは、死をもたらすでしょう。

しばらくして神はアダムが助けを必要としていることを知り、人は孤独でそれは良くないことを見ました(創世記2:18)。神が間違いを犯したのではなく、神が創造の創世記または創造の初めに、神が良いものではないことを言った最初のことではありませんでした。神はすべての生き物をアダムに持って来られたので、彼らに名前を付けることができました。この過程で、神はすべての動物の中から、助けてくださった、忌み嫌う犬の所有者(Gen 2:20)であることは誰にも分かりませんでした。それで、神は人から人を造って、適切なヘルパーになれるようにしました。結局、彼は彼女のイブと名づけられます。元の言葉では彼女の名前は本当に "hghawah"(חַוָּ֑ה)ですが、Eveは発音の容易さから元のものから変更された可能性があります。

秋に至るまでの間、アダムとエバは、知識の木を除いて、彼らが喜んで庭を歩き回って、庭のすべての木から食べました。それは書かれていませんが、私たちは、アダムが知識の木とその木から食べるならば続く結果の深刻さについて、イブに語ったに違いないと推測することができます。たとえ彼女がそれに触れたとしても彼女は死ぬだろうと言っているかもしれません。いくつかの学者は、アダムとイヴの創造からの経過時間は約2年と言いました。私はこれを理解するのに十分にスマートではありませんが、秋につながる園や果樹園で共存していた場所がいつかありました。

人類の未来に影響を及ぼす一つの行為を実行するために、サタンが選択した車を持っていた蛇に入ってください。聖書の描いているように、この蛇は、野外の他の獣と同じように「手に負えない」ものです(創世記3:1)。蛇を表すヘブライ語の形容詞は、微妙で、鋭敏で、狡猾で、巧みで、賢明であるという意味を持つ「アルム」です。詐欺師、嘘つき、マニピュレータのすべての特質。サタンは今日何か異なっていますか?彼はまだ同じ結果を達成するためにこれらの境界内で活動しています。蛇がイブに近づくと、彼は昔の忠実な欺瞞の技巧に行きました。彼は彼女に尋ねる。 「確かに神はあなたが木から食べないと言ったのですか」(創世記3:1)。典型的なサタン行動様式は、何かを取ってそれをひねり、それを疑問と呼ぶかもしれないし、それを疑うかもしれません。最も古いトリックだが動作する。神はエヴァに木から食べないようにとは決して言わなかったが、サタンはそれを知っているとアダムに話した。彼女はアダムからそれを聞いたのであって、神から来たものではありませんでした。それは、「神が私に言わなかったという自分の結論を発展させるために、

サタンは疑いと混乱を招き、彼女の目を開いて神のようになり、悪から良いことを知ることを求めて彼女を誘惑し始める(創世記3:4)のですか?この間にアダムはどこにいたのですか?私たちはいつも、アダムがどこにも出てこないと思っていました。彼女は、あたかも彼を見つけようとしていないかのように、果物を提供するまでは見つかりませんでした。まあ、聖書は、アダムがイブと一緒にいたと教えています。蛇がこの通路で「あなた」と言ったとき、彼は複数の人を指していました。複数の「あなた」という意味を持つ第二の男の複数形の使用です。この時点で作成された人は(2人)しかなく、蛇が複数の人に対処していたので、イブが嘘をつくと同時に誘惑の時間があったことを推測することができます。アダムはいつでも蛇を止めるために介入しなかった。彼女はそれから果物を食べ、それをアダムにも与えました。そして、彼は彼女と同じくらい有罪でした。


あなたが知っている残りの部分は、すべての人類に神からの裁きにつながります。しかし、なぜアダムは話しませんでしたか?なぜ彼は足を踏み外して何も言わなかったのですか?悲しいことに、アダムは蛇が行っていたことを望んでいました。彼はイブだけでなく神のようになりたがっていました。それは、サタンが人々を繁栄の福音や今日の偽の異端に導くのとまったく同じ方法です。これらの信者は、彼らが売っているものを求めているので、これらの偽説教者が行商しているものを買っています。彼らは嘘をつきたい。これらの人々は貧しい無知な愚か者ではありませんが、彼らは "彼らの最高の人生は今"であるという信念体系に間違っています。私たちの利己的で誇り高い欲望から生まれた誤った信念に私たちを誘惑するために、

では、このすべてから何を学びますか?サタンは神との戦いにあり、この戦争に勝つために魂を使っていることがはっきりと分かります。私たちは常にサタンからの誘惑のために落ちないことに集中し続けるために一日中警戒しなければなりません。彼は嘘つきであり、詐欺師である。彼は微妙に物をひねり、見逃してしまいます。畑の作物のように栽培された疑いの種はすぐに犯罪に発展します。これらの疑いの種があなたの心に植えられた後、私たちは有限の心の中でそれを正当化し、罪に入るようになります。私たちは最初に、まず頭を悩まされている種子から私たちを守るためにヘッジを構築する必要があります。第二に、私たちは、欺瞞の種子がいつ心に植え付けられ、それらを根絶し、私たちの心から遠ざけるのかを特定する必要があります。日々の神の言葉と勤勉な祈りの中で守らなければならない進歩的な仕事です。私たちの心の純粋さは、私たちの心の純粋さと私たちがその中に入れているものから始まります。

サタンと彼の手下たちが、私たちが話している人々の中で私たちの生活のすべての分野で毎日私たちのために立てているトラップや、サタンが狡猾に使うことができたソーシャルネットワークや他のメディアアウトレット彼の議題のために。これはサタンが本当に努力しているところであり、大きな成功を収めています。私たちの社会は、寛容さ、包括性、そしてすべての自信を受け入れることを支持するポストモダニズムの基盤に基づいて活動しています。サタンはすべての人が絶対的な真実を信じないようにすること以上のものを望んでいます。私たちは、悪意のある人の罠に慎重に、そして確信を持って自分自身を守る必要があります。

他の兄弟姉妹たちが、神の言葉の聖書に書かれている真理の光にとどまるように祈ってください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー翻訳ここまで
nice!(0)  コメント(0) 

「若枝」=ヤマトを検証する 聖書 [聖書]

エホバの宮を建てるのは「若梢=ヤマト(日本)」であると酒井は書いている。(P.69)
「参千年間日本に秘蔵せられたるモーゼの裏十戒」酒井勝軍 八幡書店

これを検証してみたい。

「視よ人あり其名をといふ(ヤマトとはヘブライ語にて若梢の事なり)彼おのれの処より出でてエホバの宮を建てん(神政復古の謂)即ち彼らエホバの宮を建て尊栄を帯び其位に座して政事を施し其位にありて祭司とならん。(ゼカリア書第6章9節)ー>12節の間違い


これが共同訳聖書だと
「見よ、これが「若枝」という名の人である。その足もとから若枝が萌えいでいる。彼は主の神殿を建て直す。彼こそ主の神殿を建て直し威光をまとい、王座に座して治める。」

文語訳の方が格調高くかっこいいことはさておき、「若枝」「若梢」ってなんだと、訳がしっくりこないと思う。

英語の聖書をみると
「And speak unto him, saying, Thus speaketh the LORD of hosts, saying, Behold the man whose name is The BRANCH; and he shall grow up out of his place, and he shall build the temple of the LORD:
Even he shall build the temple of the LORD; and he shall bear the glory, and shall sit and rule upon his throne;」 HOLY Bible ZECHARIAH 6:12


http://biblehub.com/text/zechariah/6-12.htm
上記のページで、ヘブライ語の場合の表記、発音を一対一で知ることができる。

スクリーンショット 2017-11-06 20.04.14.png

6780 [e] ṣe-maḥ צֶ֤מַח [is] The BRANCH Noun

BRANCHにあたるヘブライ語はצֶ֤מַח、発音は ṣe-maḥ。

ヤマト、yamato と発音するものがでてくるかと思ったがでてこない。

これはヘブライ語だが、聖書に登場する人物はアラム語(ヘブライ語の方言らしい)で話しているらしい。
聖書の中に、アラム語そのままの箇所があるそうだ。

しかし、ある発音があるヘブライ語と一致するとその語に置き換わってしまうことが考えられる。


「who-is-the-branch-of-zechariah-612」「若枝とは誰か ゼカリア6:12」ということが議論されている。
以下をgoogle翻訳してざっくり読むと、聖書研究家の間でもそれが誰かを指すかははっきりしていないよう。


https://www.studylight.org › ... › Zechariah › Chapter 6

https://hermeneutics.stackexchange.com/questions/17480/who-is-the-branch-of-zechariah-612


ジョン・ギルの全聖書の解説
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://www.studylight.org/commentary/zechariah/6-12.html&prev=search
google翻訳を少し手直し

Jarchiは、ラビの中には、メシア王の言葉を解釈する人がいると主張しています。 「BRANCH」は、タルムード (F11) 、および他のユダヤ人の文章においてメシアが行くところの名前です。 それは尋ねられます(F12) 、メシア王の名は何ですか? それは、彼の名前が "BRANCH"であると回答されています。 それが言われているように、「BRANCHという名前の人を見よ、彼は自分の場所から成長する」:他の場所 (F13)では 彼らは、5文字を二重にしている。それは特定の人への救済の基礎である、またはそれを指す 最初の4つは、カルデーズのウルからアブラハム、ペリシテ人からイサク、エサウからヤコブ、エジプトからイスラエル人の救いにおいて成就したと彼らは見ています。 5番目の文字「צ」は「Tzemach」BRANCH(のヘブライ語の発音)の最初の文字であり、それによって四つの王国の終わりに聖なる祝福された神がイスラエルを贖うと言います。 それが言われているように、「見よ、BRANCHという名前の人を」。 ユダヤ人のフィロ (フィロン)(F14)は 神の人、神の御子の一節が意味するものは、メシア以外ではなく、「モーセの友のひとりであるであるゼカリヤは、こう言う、其の名前が東、あるいは日の出の太陽(ギリシャ語の版では言葉を表現している)である人を見よ、と聞いた」を意味すると解釈する。

Jarchi owns that some of their Rabbins interpret the words of the King Messiah. The "Branch" is a name by which the Messiah goes in the Talmud F11 , and in other Jewish writings. It is asked F12 , what is the name of the King Messiah? it is answered, among others, his name is the "Branch"; as it is said, "behold the man whose name is the Branch; he shall grow up out of his place": elsewhere F13 they speak of five letters doubled, which are the foundation of deliverance to certain persons, or point thereat. The first four, they observe, were accomplished in the deliverance of Abraham from Ur of the Chaldees, of Isaac from the Philistines, of Jacob from Esau, and of the Israelites from Egypt; and the fifth, which is the letter צ , the first letter of "Tzemach", the Branch, by it they say the holy blessed God will redeem Israel at the end of the four monarchies; as it is said, "behold the man whose name is the Branch", &c.; Philo the Jew F14 interprets this passage of a divine Person, the Son of God, by whom no other than the Messiah is meant,
"we have heard (says he) one of the friends of Moses, ie Zechariah, saying thus, behold the man "whose name is the east", or rising sun (so the Greek version renders the words);


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これっぽい。

Filo というユダヤ人の書にその名前は東もしくは日の出の太陽であると書かれていると。

https://en.wikipedia.org/wiki/Philo
Philo Judaeusとも呼ばれる、アレクサンドリアのフィロ ( ギリシア語 : Φίλων 、 フィリオン 、 ヘブライ語 : ידידיההכהן 、 イェディディア(ヘディエンテ)、ハコフェン 、紀元前20年、紀元前50年)は、 ローマのエジプトの アレクサンドリアに住んでいたユダヤ人の 哲学者 。
フィロは哲学的な寓意を使って、ユダヤ教の聖句、主にトーラをギリシア哲学と調和させました。 彼の方法は、ユダヤ人の注釈とストイックの哲学の両方の実践に従っていました。 彼の寓話的な解釈は、いくつかのキリスト教教会の父親にとって重要でしたが、彼はラビニヤユダヤ教の中でほとんど受信履歴を持っていませんでした。 彼は、 ヘブライ語聖書の文字通りの解釈は人間的な人間の言葉で理解するにはあまりにも複雑で神秘的な神に対する人間の認識を妨げると信じていました。


地球はくるくるとまわり、どこの国も日の出の国といえると思っていたが、なんでか日出ずる国というのは日本を指すようだ。

Philoはフィロン。
日本語版のwikipediaは英語版に比べて情報量が少ない。

たぶんだけどphilosophy(哲学)という言葉はこの人から来たんじゃないだろうか。
philoのSophia(知恵、智慧・叡智)。

しかし私はPhiloというひとをここで初めて知った。

nice!(1)  コメント(0) 

竹内文献 天降りし国の図 [ホツマツタエ・古史]

20171106-3.JPG
「定本 竹内文献」P.256 八幡書店 平成二十六年発行
天日神の天降りし国の図

四角に点は、天降り天皇城大都の印
黒三角は、天降りし国の印
これを見ると本州に、四角は5カ所、三角は6カ所。計11カ所。


「過去の文化や経済から見る岩船大祭」
09K064 竹内 元希
https://www.keiwa-c.ac.jp/wp-content/uploads/2013/12/veritas20-06.pdf
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用開始

・・・
2、地名の由来
ここでは、岩船の地名の由来について見ていきたいが、地名の由来を考察するにあたり、岩船に伝承さ れている昔話を見ていきたい。これについては『岩樟舟夜話』(P1~P2)を参考にする。
「むかしむかしのこと、冬の晩がた、はるか沖あいから、異様な舟が浜べをさしこいで来ました。
・・・
ここに出てくる神様は、現在岩船の主祭神である饒速日命とされており、この話は『日本書紀』にでて くる「天磐船に乗りて飛び降りる者ありと(中略)おもふにこれ饒速日が」と『備後国風土記逸分』に記 されており、蘇民、巨旦の説話が合わさった話だと考えることができる。

地名 所在地 関連地形岩石等 社寺信仰等
1.岩船 岩手県宮古市 船底岩床 自然石 岩船大明神
2.岩船 茨城県桂村 船形巨石 自然石 石船神社
3.岩船 千葉県大原町 船形岩塊 自然地形 岩船地蔵尊
4.岩船 栃木県岩舟町 船形山塊 自然地形 岩船山高勝寺
5.岩船 新潟県村上市 船形山陵 自然地形 石船神社
6.岩船 新潟県出雲崎町 (勧請・寛永元年) 岩船神社
7.岩船 長野県中野市 (岩水神社に隣接) 岩船地蔵尊
8.岩船 京都府加茂町 船形削石 人工石 岩船寺石風呂
9.岩船 奈良県橿原市 削孔巨石 人工石 (放棄石棺説)
10.磐船 大阪府交野市 船形巨石 自然石 磐船神社
11.岩船 大阪市味原町 石棺・塚 人工石 比売許曽神社
12.岩船 島根県安来市 石棺・塚 人工石 印珠寺岩船地蔵
13.岩船 島根県斐川町 船形石棺 人工石 神庭岩船山古墳
14.岩船 島根県広瀬町 船形巨石 自然石 磐船神社

・・・
岩船大祭はメディアなどで取り上げられる際には「船霊様の祭 り」などと言われる。船霊について石船神社の禰宜である小野正典さんに尋ねてみると、「岩船大祭は船 霊祭りと言われるが石船神社の神様でもなければ石船神社に関係はない。誰かが作った造語。」と言って おり、高橋俊雄さんも「昔は船霊祭りとは言わなかった。岩船大祭が昭和63年に新潟県の無形民俗文化 財に指定された頃から船霊祭りと言うようになった。

・・・
岩船祭りは、祭神が岩船の地にお着きになった日として9月19日を祭礼日としてきた。
・・・
そしてこの年以後、祭礼日は 10月19日に実施するようになり現在に至っている
・・・
この御霊遷し の際には御船様は舳先を社殿に向けており、5本の幣束をもらうが、小野正典さんは「5本の幣束は岩船 の神様を表している。饒速日命、ミズハメノミコト、タカオカミノカミ、クラオカミノカミ、船霊様と言 われているが、資料がないため正確なことは言えない」と言っていた。
・・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用ここまで

6番の新潟県出雲崎町のは勧請なので外していいだろう。
巨石があるだけで岩船神社になったところもあるだろう。

「にぎはやひ」と空を飛ぶ岩船の話の、本家と分家があるはずで、
まったく巨石がないところが本家であるかもしれない。

「わらべうたによせて」メール紹介のページ
http://www.home-nagahama.jp/kotoba/warabe/mail.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用開始
竹内新一さん(99/03/04)
先月メールいたしました竹内です。
「日本の伝承童謡」を入手して読みました。全国の童謡160曲ほどが収録されており、それぞれ簡潔に解説が付してありますが、私の調べていた「一番始めは」の解説に興味深い点がありました。
愛知県岡崎地方のわらべうたとして収録されているこの歌が、越後節という瞽女唄の影響によるとされ、「妹欲しさに御立願かァけて、一に岩船お地蔵さァまよ、二には新潟の白山さァまよ、三に讃岐の金毘羅さァまよ、四には信濃の善光寺さぁまよ、五には~ 」という歌詞が参照されております。
岩船という地名は全国各地にありますが、千葉(旧下野)の岩船では日本三大岩船地蔵として、下野、越後、上総をあげ、長野の岩船では日本三所の岩船地蔵尊として、信濃、越後、下野をあげています。
越後岩船は、もちろん私どもの町を指しているのですが、残念ながら当地では、地蔵様は数多くまつられていますが、肝心の「岩船地蔵」が特定できておりません。
それはさておき、瞽女唄で歌うところの岩船は、他県の岩船よりも当地である可能性が高いと思われます。そうであれば、現在私たちの町に残る「一番始めは」は、「本家がえりだったのだなあ」と、この本によって発見して感心している次第です。

竹内新一さん(99/02/17)
私は新潟県村上市に住む、1960年生まれの自営業者です。
町のお祭り「岩船大祭」に関連して、歴史、神道、音楽、など色々な角度から研究(というほど大袈裟ではないですが)しています。
祭りで唄われる「数え歌」のルーツを調べていて、廣部先生のサイトにたどり着きました。素晴らしいページ、研究内容に感動しております。
「一番はじめは(てまりうた)」として紹介されているのが、おそらくそのルーツだろうと思います。さっそく岩波文庫「日本の伝承童謡」を読んでみます。
ちなみに友人がHPを開設していてhttp://www.iwafune.ne.jp/~matajoe/
岩船大祭に関して、私(ペンネーム四方末太郎)のまとめたものを掲載してくれているのですが、その中の「呼び太鼓のうた」が、私どもの祭りで歌われている数え歌です。興味があったらみてください。
日本の祭囃子を調査、採譜した研究者が(それが誰で、どんな内容なのかも忘れてしまって、そちらも調査中なのですが)、膨大な量のお囃子の中から、「三つ挙げれば、秩父、長浜、岩船」を選んだそうです。
これも何かの縁かもしれないと、感慨深いものがあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用ここまで

祭囃子や、わらべ唄の中に「岩船」がでてくる。
とても興味深い話だ。


「呼び太鼓の歌」
http://www.iwafune.ne.jp/~matajoe/iwafune/yobidaiko.html


話は飛ぶがなんとなく「十二所神社」が気になる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/十二所神社
十二所神社(じゅうにしょじんじゃ)、十二社神社(じゅうにしゃじんじゃ)、十二神社(じゅうにじんじゃ)という名前の神社は日本全国に存在し、十二社(じゅうにそう)と称するものもある。
古くからの十二様と称する土着の山の神を祀ったものと、熊野神社の系列のものとがある。前者の信仰は射日儀礼を含む「十二講」の習俗を伴い、北関東・甲信越を中心にして東日本の山間部に分布する。後者は十二所権現社などと呼ばれる熊野三山の神(熊野権現)を勧請して祀ったものである。それらの中には明治の神仏分離によって祭神を「天神七代・地神五代」としている所もある。

十二所神社
http://www.geocities.jp/engisiki/awa2/bun/awh560304-04.html
徳島県美馬市穴吹町口山字尾山491
由緒
当国50社の内美馬郡鎮座式内社伊弉那美神社と古老の口碑に有り。
又七種の神宝東北南北に石立、鏡三面あり(徳島県神社明細帳)
鏡神社 伊弉冉尊を祀る元和元年柳川家の傍の古墳を発掘、宝鏡銀輪五百箇御統瓊曲玉焼物四外五色の土剣外12件が出土十二所神社へ納めた



実は・・・日本が人類誕生の地だって本当!?
この世の終わりが、九分九厘決まった時。最後の一厘、神の力で逆転する。この、一厘の秘密の意味を解いた者はまだ誰もいない。そしてこれを一厘の仕組と呼ぶ。 更新日: 2014年12月19日
https://matome.naver.jp/odai/2134176617192707201
この世の終わりが、九分九厘決まった時。最後の一厘、神の力で逆転する。この、一厘の秘密の意味を解いた者はまだ誰もいない。そしてこれを一厘の仕組と呼ぶ。
一厘の仕組を解く者、此れ即ち、天照大日孁貴大神の血脈
一厘の仕組を解く者、此れ即ち、三種神器の主
一厘の仕組を解く者、此れ即ち、国体の天皇
一厘の仕組を解く者、此れ即ち、シュメールの天帝
一厘の仕組を解く者、此れ即ち、スメラのミコト
旧約聖書に記されし真の契約の民、古代縄文人の末裔、イスラエル12支族の子孫、真の古代ユダヤ人、古代スメラミコトの臣民、シュメールの直系、周・呉の太伯の子孫、此れ即ち、我ら日ノ本の民
今度の戦は神力と学力のとどめの戦ぞ。神力が九分九厘まで負けたようになった時に、まことの神力出して、グレンと引っ繰り返して、神の世にして、日本のてんし様が世界をまるめて治しめす世と致して、天地神々様にお目にかけるぞ (日月神示 下つ巻第20帖)
nice!(0)  コメント(0) 

知恵袋「古代日本が中国(唐)に支配されていたって本当ですか?」 [歴史]

知恵袋「古代日本が中国(唐)に支配されていたって本当ですか?」
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1276166072

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用開始
ベストアンサーに選ばれた回答
junjun2011_yさん 編集あり2011/11/2521:06:51

「古代日本が中国(唐)に支配されていた」 過去の話ではありません。今もそうです。
西暦663年11月18日(旧暦10月10日)、都出雲(当時はヤマトと呼ばれていました)が、唐王朝によって占領・征服されました。その詳細は、資治通鑑に残されています。その時に今で言う大国主命をはじめ数多くの人々が惨殺されました。その祟りを恐れ、今をもって出雲ではその弔いが行われています。それが、毎年、旧暦の10月10日の夜7時出雲大社の西500メートルにある稲佐の浜における神迎えの神事に始まる「神在祭」です。
当時の皇太子的存在であった柿本人麻呂は、出雲大社の地にあった巨大神殿の上で、その目前で焼き討ちに遭う都の姿を、歌に残しています。「東の 野にかぎろひ(炎)の 立つ見えて 返り見すれば 月傾きぬ」(1-48)
西暦660年、唐王朝第3代皇帝李治の皇后武則天は、当時の道教の理念に基づき、皇帝を天皇に皇后を天后に改称しました。しかし、武則天の失脚後にはまた元に戻されています。ですから、中国皇帝制度にあって天皇を名乗ったのは、李治ただ一人です。そして、同年、武則天は、朝鮮半島やこの日本の制圧の詔を発します。その指令に従って、武則天の手下劉仁軌は、663年秋、白村江の戦いで「日本軍」を殲滅すると直ちにこの列島も占領・征服しました。彼らは、唐(藤)を源(原)にするという意味で藤原氏を構成し、その後も日本の人々を植民地支配下に置き続けました。武則天の手下が直接支配したので、その手下は武氏、つまり武士です。
武則「天」の幼名・本名は、武「照」と言います。つまり、「天照」です。そして、武則天は自らが即位すると、聖神皇帝を名乗ります。つまり、聖なる「神」であるところの「武」則天で、「神武」です。すなわち、天皇の祖先が、天照だとか神武だとされているのは、我が国の天皇をシンボルとして崇拝する支配勢力のルーツは、天皇の命名者である「武則天」にあることを伝え残していたのです。ですから、その天照を祀る伊勢神宮の神紋は花菱、別名を「唐花」と呼ばれています。また、出雲国造家の神紋は、「剣花菱」、つまり、唐に剣でもって制圧されたことを伝えています。
その唐王朝も907年、朱全忠らによって滅ぼされ命からがらこの列島に流れ着きます。その時に奪われないようにと持ち込んだのが、東大寺正倉院に保管されている膨大な宝物です。その横にある聖護蔵には、隋・唐代の経巻が5000巻も残されています。そして、彼らは、再び大陸の支配者として舞い戻ることを、その最大の存在意義としています。つまり、秀吉の朝鮮出兵も、明治維新以降の大陸侵略も、その動機は「唐王朝再興」にありました。そんな時代錯誤も甚だしい思惑は、世界の民主主義によって敗北に追い込まれました。
ところが、彼らは、決して諦めてなどいません。再び、大陸を目指そうと着々と準備を進めているのが今です。憲法に反して自衛隊なる軍隊が再配備されたのも、戦後66年にもなるのに未だに米軍基地が居座っているのも、沖縄普天間基地を辺野古に移して強力な基地にしようとしているのも、憲法を執拗に改定しようとしているのも、君が代を強制しようとしているのも、すべては、我が国の支配勢力の秘められたる本性とその思惑「大陸制覇・唐王朝再興」に起因するものです。
我が国の現職総理は、憲法の政教分離という厳格な規定にも反し、毎年、年始に伊勢神宮に参拝します。庶民の初詣だとするのなら、別に他の神社でもその限りにおいては問題ないはずです。ところが、伊勢神宮に限定されているというのは、その祭神にこそ意味があります。我が国の最高権力者である総理大臣は、国民でもなく、憲法でもなく、天皇でもなく、天照であるところの武則天に跪き、必ずや「唐王朝を再興します」と忠誠を誓っているかのようです。
この秘められた支配構造にこそ、我が国の庶民がことごとく生活苦に陥れられている根源があったのです。しかし、庶民は、1300年にわたって彼らの捏造した記紀認識で騙され続けているので、我が国の支配勢力の本性が見えなくされてしまっています。

http://kodaishi-21.web.infoseek.co.jp/to-m.html


kasika0さん 2011/11/2519:18:59
作家、故・八切止夫氏の架空歴史小説です。
1960年代末期から80年代に、多くの作品を出版しています。
八切史観という言葉がありますが、別段、歴史ではありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用ここまで




「倭国は唐に支配されたということはないでしょうか(白村江から大宝元年まで)」
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11166015936
(年号を追加)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用開始

ID非公開さん2016/10/2511:31:36
倭国は唐に支配されたということはないでしょうか(白村江から大宝元年まで)。

状況証拠として、
1、筑紫都督府が書紀に記載されている。
2、白村江で敗戦している(663年)。
3、百済貴族が倭国に大量に逃げ込み、唐はそれを問題にしている(禰軍墓誌)
4、倭国酋長が封禅の儀に参加させられている(旧唐書)。
5、大化・白雉元号のあと大宝まで元号が途絶えている(天武晩年の一年だけ例外)。
6、大宝元年(701年)くらいに国号を日本に変えた。
7、天智(661年即位)以降急速に律令化が進んだ。この間遣唐使がない(送史船を除く)にもかかわらず。
があげられます。

一つ一つには反論があるでしょうけれど、支配されたと考えれば、状況証拠はうなずけるものばかりです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用ここまで

八切止夫はすごいな。
そこまで気づいていたんだ。


「天皇の和風諡号?」
http://kusunoki-456.blog.so-net.ne.jp/2017-08-20

こちらで書いたように、
「神武」とか「天武」とかの漢字2、3文字の天皇の名前は「漢風」諡号という。
「漢風」諡号がつけられる前の「和風」諡号は、神武天皇の場合、「神日本磐余彦天皇(かむやまといはれびこのすめらみこと)」です。

20171106-1.JPG
中学歴史地図・年表 東京法令出版 昭和五十五年発行

https://okurina.jimdo.com/神武天皇から昭和天皇まで/
漢風諡号は、初代神武天皇から第44代元正天皇(弘文天皇・文武天皇は除く)までは、弘文天皇の曾孫・淡海三船(おおみのみふね 722〜785)が勅令により、一括して選定されたといわれています。

45代が聖武天皇(724-749)。
このころには支配は完了していたということか。


nice!(1)  コメント(0) 

古代日本は唐に占領された ― 漢字文化に抹殺された真実 [ホツマツタエ・古史]

「ヒエタノアレモコロサレキ」(稗田阿禮も殺されき) 古代日本は唐に占領された ― 漢字文化に抹殺された眞實
http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/848.html
投稿者 不動明 日時 2011 年 8 月 12 日 06:17:05: yX4.ILg8Nhnko
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー抜粋開始

第3章 古代日本は中国に占領された―漢字文化に抹殺された真実
 
 
 神代文字を抹殺した恐るべき〝黒い勢力〟がある

 奈良時代以前の日本に文字があったことは、文献にもはっきり書かれているし、遺物にもはっきり刻まれている。したがって、文献と遺物の両方から、日本に古代文字があったことはすでに立証済みである。
 にもかかわらず、そのことがこれまで周知の事実とならなかったのはなぜだろうか。古代史の権威が口をそろえて神代文字を否定したり、日本の古代文字を無視してきたのはいったいなぜなのか。
 ここには私たち日本人のすべてが、いまだにその真相をつかんでいない歴史上の大きなトリックがあるように思われる。そこには、これまでの権威すらも呑みこんでしまう歴史上のブラック・ホールのようなもの、つまり私が先に〝漢字の呪縛〟と名づけた、私たちの目には見えない巨大な意志が存在し、この恐るべきカが日本の古代文字資料を抹殺して奈良時代以前の歴史を封印してきた背景があるように思われるのだ。
 その恐るべき力の正体とは何か。
 私たち日本人の奈良時代以前の歴史に、誰が考えても異常としか思えない巨大な空白をもたらした力の実体とは何か。日本古来の文字で書かれた文献を奪い取った、途方もない勢力とはいったいなんだったのだろうか。
 私には、その力の実体がどんなものであったのか、今のところすべてを正確に述べることはできない。が、一つだけはっきりしていることは、その勢力が今から千三百五十年ほど前の大化改新(六四五年)と白村江の戦い(六六三年)の時代に、日本海周辺のほぼ全域に台頭し、それまでの日本にあった固有の文字と文化、王家と有力氏族の記憶をほとんど消し去ってしまった、という点である。
 私たちはこれまでの教育のなかで、日本は滅亡に瀕した百済の請いを受けて唐・新羅の連合軍と白村江で戦い、手痛い敗北を喫したあとは〝連合軍〟の侵攻を恐れて都を近江に遷したとしか教わっていない。いわんやその戦いに敗れたときに、そのまま日本が唐の軍隊に占領され
たこと、そして、この時代以後につくられた日本の都城や古墳の設計単位が、それまでの高麗尺(唐によって滅ぼされた高句麗の尺度)から、唐尺に全面的に改めさせられたことなどは一度も教わっていない。
 したがって、この時期に中国東北部と朝鮮半島、日本を占領した中国の軍隊が、この地域に伝わる固有の文字資料をことごとく抹殺し、漢字で書かれたもの以外は絶対に後世に伝えないようにした、などということは考えたことすらなかったはずである。

 中国の日本占領〝GHQ〟は大宰府に置かれていた

 けれども、古代の日本が六六三年の白村江の戦いに敗れたあと、中国の占領支配を受けたことは、『日本書紀』の天智天皇の条のなかにそれとなく記されている。
 すなわち、天智四(六六五)年の記事では、この年、日本へやってきた唐の使節団の人数が二百五十四人であったのが、同八年と九年には二千人にふくれあがっている。天智八年十二月の条にはこうある。

   もろこしかくむそう  よ   つかは きた
……大唐、郭務悰等二千餘人を遣して來らしむ。……

 敗戦後の日本へ二干人という大量の使者が続々とやってきたのは異常といわなければならない。このことは、唐の使者がただの使者ではなく、占領軍司令部の要員であったことを暗示しているのだ。
 また、天智六(六六七)年の記事によれば、この年には、すでに九州の太宰府が「筑紫都督府」という呼び名に変わっているが、この〝都督府〟という表現は、唐の軍隊が高麗と百済の都をそれぞれ占領したときに「平壌都督府」「熊津都督府」と称した例をみてもわかるように、
唐の占領軍司令部が置かれた外国の都をさしている。したがって、九州の太宰府が六六七年以降、中国による日本占領支紀の拠点となっていたことは明らかである。
 いってみれば太宰府が、第二次大戦後に皇居前の第一生命ビルに置かれたマッカーサーの占領軍司令部(GHQ)と同じようになっていたのである。そして、戦後の日本が英語使用を強要されたのと同じく、いやそれ以上に、白村江の敗戦後の日本は、全面的な漢字使用を強制されたのだ。 
天智天皇はこの年の春、近江京に遷都し「漢字使用令」を出した。こうした近江京の文化が漢字文化そのものであったこと、そして、天智天皇と天武天皇に代表される勢力が六七二年の壬申の乱で激しい死闘を演じたことなどは、これまで、この時期の中国による日本占領支配とのかかわりのなかで論じられたことはなかった。
 この問題については、ごく少数の学者か天智天皇は百済系で天武天皇は新羅系または高句麗系であったということを述べる程度にとどまり、白村江の敗戦以後、日本と朝鮮、中国東北部にまたがるかつての高句麗王国が解体したことや、その後、壬申の乱を機に高句麗の旧領に渤海・新羅・日本の三国が、唐の承認を必要とするかたちで成立したことなどは論じられていない。
 しかし、この時期の唐帝国の周辺を見渡せばわかることだが、この頃からインドと日本を結ぶ南海ルートの影が薄くなっていく。つまり、私流にいえば、インド以東のアジアには漢字以外の文字文化が、それ以前にはなかったような印象が強くなる。

 七世紀の初めに隋の陽帝が率いる百万の大軍と戦ってこれを退け、ついに隋を滅ぼす糸口をつくった高句麗は、六六八年に唐によって滅ぼされるまで、七百年以上もの歴史を誇っていた古い国であるが、このような国にさえ固有の文字で書かれた記録はなかったことになっている。
 秦・漢帝国以来の中国諸王朝が、周辺諸国にみずからの漢字文化を押しつけ、中国の宗主権を認めない国を侵略して、その国の文字文化を破壊したことは、中国の史書に王家の記録を没収した記事がたびたび登場することをみても確かだ。
 このような中国の支配者による歴史抹殺の手口、すなわち漢字以外の文字で書かれた他民族の記録を抹殺し、そのことによって他民族を中華帝国に従属させていくやり方の最も顕著な例が、秦の始皇帝による焚書坑儒だ。
 中国における漢字の成り立ちを調べてみても、漢字のなかには、それ以前に大陸の各地で使われていた日本の古代文字を並べ替え、それによって元の意味を消し去る手法で新たにつくられた例がいくつかあることが確認できる。
 
 
 〝日本解体〟を目にした天武天皇の憤慨

 これまで日本人は、中国の漢字文化を受け入れることによって、原始の日本が開明化したかのように教えこまれてきた。が、それははたして本当だろうか。実際は逆ではなかったか。
 中国の日本占領支配の実態は、目にあまるものがあったように思われる。壬申の乱に勝利して、中国の日本占領支配にいちおうの終止符を打った天武天皇も、国内の中国人に対し、憤慨してこう述べている(『日本書紀』天武六<六七七>年の条)。

  なんじ
  「汝らのやからは、もとより七つのあしきことを犯せり、
             はか
    ……常に汝らは謀りごとをもって事わざとなす」

 つまり、中国人がいつも陰謀を企て、国家の解体をはかってきたことを天武天皇は糾弾しているのである。こうしたことはおよそ、戦争に敗れた国が占領軍に対して種々感ずることであろう。通常の日本人が、史上初の被占領体験と孝えている第二次大戦後の約十年間にも、同様のことをアメリカに対して抱いたと聞く。
 いや、それ以上のものだったろう。被占領時にその国の歴史に根ざす貴重な遺産ともいえる言葉や文字を剥奪された例はたくさんあるし、戦勝国の文字を押しつけられた国は古今東西を問わず多くの実例で確かめることができる。
 しかし、である。まさか私たちの国にもこのような屈辱的な歴史があったとは、讀者は夢にも思わなかったであろう。そう、日本は白村江の戦いに敗れて中国に占領され、漢字使用を押しつけられるなかで神代文字を喪失したのだ。
 
 
 稗田阿礼は神代文字の〝通訳〟だった

 天武天皇は、二度目の被占領時の首相・吉田茂にたとえられるかもしれない。完全な再独立こそできなかったにしても、主権の回復はなしえたことと思われる。その一端が『古事記』の成立である。また、天武の即位後しばらくして「筑紫都督府」の呼称も消えている。
 ちなみに、さきにもふれた壬申の乱だが、通常、天智と天武は兄弟であり、この内乱は皇位継承をめぐって天智の子・大友皇子との間で戦われたとされている。
 しかし、そうした考えからは天智と天武の政策の遠いがまったく説明できない。そこに〝歴史の闇の封印〟が介在していることは明らかだろう。
 前述した系統の違いはその意味でも注目される。そして、これを詳述するには紙面に限りがあるため、ここでは皇室の菩提寺(京都の泉涌寺)に天武天皇の墓がないことだけをいっておこう。

 さて、稗田阿礼が〝誦み〟、それを太安万侶が漢字で書きとめてつくられたといわれる『古事記』だが、私はなんらかの圧力(たとえばそれ以前にあった日本の古代文字の記録を漢字に改めるようかかった圧力)と、日本の解体を憂慮した天武天皇の意思とが相乗されて撰録され
たと考えている。
 その証拠に、『古事記』には、稗田阿礼が神代文字で書かれた記録を〝読んだ〟ものを、安万侶が漢字に改めていったという意味合いのことがはっきり書かれている。たとえば、安万侶自身が『古事記』序文でこう述べている。

 そこで天皇(天武天皇のこと)は阿礼に命じて、帝皇の日継及び先代旧辞を誦み習わせ たり……。
 ここに天皇(持統天皇のこと)は、帝紀及び旧辞の違いを正そうとして、臣、安万侶に命じて、阿礼が誦むところの先帝(天武天皇)の御命令になられた旧辞の類を撰録して差し出すようにと仰せられた……。

 つまり、安万侶は「阿礼が誦む(=読む)ところの帝紀・旧辞」を手がかりとして、『古事記』を編纂したのである。もし帝紀や旧辞が漢字で書かれたものであるなら、漢文の達人だった安万侶がそれを自分で読めばすむことで、わざわざ阿礼の口を借りる必要はないはずだ。
 これはどういうことを意味するのか。そうだ、『古事記』の元になった『帝紀』や『旧辞』(注12)は、阿礼には読めても安万侶には読めない文字、つまり日本の古代文字で書かれていたのだ。そして、阿礼は神代文字で書かれた記録と漢文の橋渡し役、いわば通訳として安万侶のために働いた、ということではないか。
 記憶力バツグンといわれた阿礼は、「読み習ったもの」を記憶した。しかしそれは、神代文字で書かれていたものを読んで、それを記億にとどめたということなのだ。
 正史編纂という国家の重大事業にあたって、おそらく阿礼は、神代文字で書かれた『帝紀』や『旧辞』を暗誦するくらい念入りに讀み、それをていねいに安万侶に読んで聞かせたものと思われる。
 
 
 ヒエタノアレモコロサレキ ― 知りすぎた男の悲劇

 こうして日本人は、八世紀の初めに『古事記』と「日本書紀』というかたちで、漢字に置き替えられた日本の歴史書をもったが、その元になった『帝紀』や『旧辞』などの書物、あるいは日本に古くから伝わる固有の文字で書かれた由緒正しい歴史の記録を失うことによって、本来の日本人がもっていた自由な精神や創造的な見方さえも失ってしまったのではないか。
 私がこのことを痛感するのは、ほかでもない。宮崎県の高千穂で見つかったという碑文(郷土誌『すみのえ』一〇四号所収)を私なりに解読した結果、そこに以下のような恐るべき一文が刻まれていたことを確認したからである。

  「ヒエタノアレモコロサレキ」(稗田阿礼も殺されき)

 この短いが驚くべき一文について、説明は要すまい。稗田阿礼は『古事記』の完成した七一二年以後のある日、突然、何者かの手によって暗殺されたことを、この高千穂碑文は物語っているのである。
 もしこのことが事実であるとしたら、彼の死は、日本の古代文字資料に記されていた真実の歴史が、闇の力によって葬られたことを意味するのである。
 そして、このことはまた、そのような力がつい最近まで、すべての日本人の無意識に働きかけ、私たちの歴史解明の努力を歪めてきたことをも意味している。
『古事記』と『日本書紀』が日本の古代文字で書かれず、漢字を使って書かれた背景には何があったのか。日本人の言葉と歴史が漢字に置き替えられたとき、そこにはどんなトリックが用意されていたのか。稗田阿礼は、その秘密をあまりにも知りすぎたために消されてしまったの
ではないだろうか。
 おそらく阿礼と同じ運命にあった者は一人や二人ではなかったろう。「稗田阿礼も……」という記述からそれを察することができる。

 ベールに覆われた日本人の祖先の歴史

 私は漢字以前の日本の古代文字の存在について検証してきた。
 日本には漢字以前に文字がなかった、という定説がなぜつくられてきたのだろうか。それは、この高千穂碑文の解読の結果、「稗田阿礼も殺されき」という言葉によっても推測されるよう
に、意図的に日本の過去の歴史が消されていった事実を示しているのだ。
 時の権力者、この場合は中国(唐)の日本占領軍の指令によって、日本古来の文字を使うことが禁止され、占領国の文字(漢字)を使用することが強制されたのである。
 とはいうものの日本は古い国である。古代の「残存遺物」は多く残されているし、「古史古伝」と呼ばれる「記紀(『古事記』と『日本書紀』)以前の書」にも伝えられている。
 これらの文書は、もちろん日本の古代文字で書かれていたにちがいないが、古代文字の使用が禁止されたあとは、漢字を当てはめて書き写され、伝えられてきた。
 古史古伝が偽作、偽書とされる理由は、その内容が記紀と異なる部分が多いことにある。しかし記紀の記述が一〇〇パーセント正しいという証明はなされていない。『魏志倭人伝』に記述されている邪馬台国や、その女王の卑弥呼について、記紀は一言もふれていないではないか。
逆にいえば、『魏志倭人伝』を中心にみるなら、記紀こそ偽作、あるいは偽書だという疑いすら出てくる。
 まして、古史古伝には、ほぼ共通したテーマ、あるいは目的のようなものがある。それは、そのほとんどが古代の権力闘争に敗れた側の豪族の家系に伝わった文書というかたちをとっていることである。戦争に勝利した新しい権力にとっては、これらの敗北者の過去の歴史は抹殺の対象になるべきものであったにちがいない。だからこそ、文書を保存しようとする敗者の側は、さまざまなカムフラージュを施すことになる。
 したがって、後世の私たちが読むと、難解で奇想天外な話として映り、それが歴史的事実だということがわからなくなってしまいそうである。
 しかし、それは史実を史実でないようなものに変えて伝えたために、そうなってしまった、と受け止めるのが正しい見方であろう。
 だとすれば、古史古伝を読む場合は、意図的になされたカムフラージュのべールを一枚一枚たんねんにはがしていけばよいわけである。するとそこには、消されたはずの私たちの祖先の歴史が、白日のもとに浮かび上がってくるにちがいない。
 
 
 〝闇の封印〟の外にある『契丹古伝』の発見

 このような視点に立って、読者とともに古史古伝を読みながら本書を進めていこうと思うのだが、まず最初にあげられるものは『契丹古伝(きったんこでん)』であろう。
『契丹古伝』は九四二年に編纂された遼(契丹)王家の史書である。遼は、文献史上では五世紀に内モンゴルのシラムレン河流域に現われた遊牧狩猟民族・契丹(キタイ)が十世紀に打ち立てた王朝で、モンゴルから中国東北地方と華北の一部にまたがる地域を支配していた。宋かから燕雲十六州を奪うなど、いわば中国(漢人〈漢民族〉)と対抗していたといっていい。しか
も『契丹古伝』は一九〇五年に現在の中国・吉林省で発見されるまで長い間王家の人々によって守られてきたため、漢民族の〝闇の封印〟にあっていない。
 そしてこの、『契丹古伝』の編纂目的は、建国まもない遼(九一六~一一二五)の王家がみずからの歴史的背景と正統性を明らかにしながら、漢民族の中原(ちゅうげん)支配に抵抗する周辺民族の団結をリードし、鼓舞するところにあった。
 が、同書は結果的に、私たち日本人が今となっては入手できなくなった『秘府録』(後述)をはじめとする八世紀以前の古代史料を駆使することによって、記紀や他の古史古伝から洩れてしまった渤海滅亡以前の高句麗・日本の太古史を明らかにする数少ない貴重な資料となったのである。これは、同書の編纂に携わった契丹の史官・耶律羽之(やりつうし)の歴史家としての資質が優れていたこと、すなわち憶説にたよらず「史料に語らせる」という客観的で実証的な叙述方法の賜物である。
『契丹古伝』は『秘府録』その他の資料を忠実に引用することによって、私たちがもはや知る機会のなくなった太古日本の歴史の真相を間接的に物語ることになった。
 さらにこの書物は、契丹王家の源流を明らかにする試みを通して、アジア全土にかつて栄えた高句麗・日本の王家の失われた歴史をよみがえらせ、今は亡き契丹人の祖先とともに私たち日本人の祖先が西方からの侵略者と勇敢に戦ったことや、漢帝国の成立以前に彼らが世界各地で活躍した事を伝えてくれるのである。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー抜粋ここまで

本文はもっと長いが一部だけ紹介した。
やっぱりそうだった。
漢字民族が日本の古代文字の民族を支配し、歴史を改竄していた。それは今も。
nice!(0)  コメント(0) 

「モーゼの裏十戒」「太古日本のピラミッド」の参考に [ホツマツタエ・古史]

「参千年間日本に秘蔵せられたるモーゼの裏十戒」「太古日本のピラミッド」酒井勝軍著の参考資料を示す。

◯聖書の名前が文語になっている。
以賽亞書はイザヤ書かなと見当がつけられるが、但以理書(ダニエル書)は難しい。

https://www.amazon.co.jp/文語訳-旧約聖書-日本聖書協会-ebook/dp/B00FEXCOS4/
創世記
出埃及記(出エジプト記)
利未記(レビ記)
民數紀略
申命記
約書亞記(ヨシュア記)
士師記
路得記(ルツ記)
撒母耳前書(サムエル前書)
撒母耳後書(サムエル後書)
列王紀略上
列王紀略下
歴代志略上
歴代志略下
以士喇書(エズラ書)
尼希米亞記(ネヘミヤ記)
以士帖書(エステル書)
約百記(ヨブ記)
詩篇
箴言
傳道之書
雅歌
以賽亞書(イザヤ書)
耶利米亞記(ヱレミヤ記)
耶利米亞哀歌(エレミヤの哀歌)
以西結書(エゼキエル書)
但以理書(ダニエル書)
何西阿書(ホセア書)
約耳書(ヨエル書)
亞麽士書(アモス書)
阿巴底亞書(オバデヤ書)
約拿書(ヨナ書)
米迦書(ミカ書)
拿翁書(ナホム書)
哈巴谷書(ハバクク書)
西番雅書(ゼパニヤ書)
哈基書(ハガイ書)
撒加利亞書(ゼカリヤ書)
馬拉基書(マラキ書)


◯地名、国名などが文語になっている
希臘(ギリシャ)
希伯来(ヘブライ)
埃及(エジプト)
拉丁(ラテン)
羅馬(ローマ)
猶太(ユダヤ)
欧羅巴(ヨーロッパ)
佛蘭西(フランス)
波斯(ペルシャ)
回教(イスラム)
基督(キリスト)
支那(中国)

◯山の所在地
宝達山(石川県中部の山、富山県にまたがる)
橄欖山(かんらんざん、オリーブ山、エルサレム東郊にある丘陵)

◯イスラエルの12部族と石との対応
「聖書に登場する宝石たち」
http://powerstone-dic.jp/stone_34/

宝石の名前 部族の名前
カーネリアン ルベン族
トパーズ シメオン族
エメラルド レビ族
ルビーまたはガーネット ユダ族
サファイア ダン族
ベリル ナフタリ族
ヒヤシンス石 ガド族
アゲート アシェル族
アメジスト イサカル族
ペリドット ゼブルン族
オニキス ヨセフ族
ジャスパー ベニヤミン族

◯ヘブライの古文書
Sabbath(安息日)
Mechilta Jethro(Mechiltaにいたモーゼの義父であるJethro)
どちらもヘブライの古文書であること以上はわからない

◯登場している書
ウヘツフミ(上記 うえつふみ 源頼朝の次男藤原能直が編集 神代文字で書かれている)
浜名寛祐(「古代漢文を基礎とする言語学の一科 (1933年)」?『契丹古伝』)

「六甲山と瀬織津姫 88 契丹古伝の女神」
http://mintun.exblog.jp/23653660/
『契丹古伝』の原文はわずか2980字、句読点のない 叙情詩といった体裁だが、日露戦争中に鴨緑江で従軍中  に偶然写本を入手した浜名寛祐氏が、20年をかけ解読。 『日韓正宗遡源』として刊行した。 『契丹古伝』はその復刻版。
日祖が地上に降臨させた日孫は、スサナミコという。 「日孫の一族は各地に発展」「先住民と仲良く暮らした」。 各地に「発展」して居住した神子や姫たちのなか には、日本神話に登場する神も登場する。


nice!(0)  コメント(0) 

八幡書店について [歴史]

古史・古伝などを多く出版している八幡書店。
興味をそそられる本を多く扱っている。
書籍の紹介ページは要点が押さえられわかりやすい。

現在は書籍以外にもグッズや、ブレインマシンKASINAなるもの、神道、霊符・神折符、霊術・霊能開発、仙道・道教、タロット&オラクル、古史古伝と異史、東洋医学・民間療法・代替医療、武道・武術、修験道・陰陽道・民間信仰関連書などを扱っておられる。

創業者のwikipediaを読んで、妻が出口王仁三郎の孫である出口和明の娘と知って驚いた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/武田崇元
武田 崇元(たけだ すうげん 1950年 - )は日本の出版事業家、神道霊学研究家、超常現象研究家[1]。本名は武田洋一。武田益尚、武内裕、有賀龍太などの筆名を持つ。
1980年代のオカルト・ブームの火付け役である。学研発行のオカルト雑誌『ムー』には、南山宏と共に1979年の創刊時からの顧問として非常に強い影響力を持ち、現代日本のオカルト業界を築いた。また80年代前半日本オカルト精神世界関係者では「オカルト精神世界の実力者」として畏怖されていた[要出典]。
『竹内文書』『東日流外三郡誌』など超古代史文献の刊行者でも知られる。

来歴
兵庫県生まれ(京都府という説もある)。灘高等学校卒業。東京大学法学部在学中は共産主義者同盟(ブント)に所属して学生運動に携わるも挫折。社会変革に失敗した経験から、人間の内面の精神世界に関心を向けるようになった。卒業後は東京海上火災に入社するも、間もなく退社。
絃映社に入り、1976年から伝説的オカルト雑誌『地球ロマン』誌の編集長(~1977年、武田洋一名義。伊藤裕夫と共同編集)。ユニバース出版にて武田益尚名義で『UFOと宇宙』(後のトワイライトゾーン)編集長を務めた後、白馬書房に移り、1979年から『迷宮』誌編集長(武田洋一名義)。
1981年、国学者大石凝真素美の全集を刊行。その全集刊行会を母体として、オカルト専門の出版社である有限会社八幡書店を創業し、代表取締役となる。同時に武田崇元と名を改め、ファシストを宣言、新右翼活動家と連携する。90年代前後老舗出版社今日の話題社を吸収。現在は再び反体制時代に回帰しているが、過激な側面はほとんど消えている。
妻は出口王仁三郎の孫である出口和明の娘。
と学会の原田実は武田崇元の下で働いた事がある。
nice!(0)  コメント(0) 

仕組まれているような、試されているような [歴史]

酒井勝軍、竹内文書・天津教、大本教などについて調べていると、
どれも第2次世界大戦前に起こっている。
特に1935、36年頃の濃さはどうだろう。


https://ja.wikipedia.org/wiki/酒井勝軍
1918年(大正7年)シベリア出兵、『シオン賢者の議定書』と反ユダヤ主義の存在を知る。
1923年(大正12年)帰国。
1924年(大正13年)酒井は『猶太人の世界征略運動』、『猶太民族の大陰謀[3]』、『世界の正体と猶太人』を相次いで発表『進んで米国を敵とすべし』刊行。
1927年(昭和2年)安江と酒井はパレスチナやエジプトに大日本帝国陸軍からユダヤ研究のために派遣『神州天子国』出版。
1928年(昭和3年)、『橄欖山上疑問の錦旗』出版。
1929年(昭和4年)3月10日、酒井は竹内巨麿の所有する竹内文書(前年公開)を拝観した。9月11日酒井は竹内巨麿を訪ね古代イスラエルのオニックスを求め「発見」し[4]同年『参千年間日本に秘蔵せられたるモーセの裏十戒』(国教宣明団出版)を出版した。11月3日、11月21日にも皇祖皇太神宮訪問。
1930年(昭和5年)『神代秘史百話[5]』出版。
1931年(昭和6年)、『天皇礼賛のシオン運動』出版。
1932年(昭和7年)に日猶協会設立。
1934年(昭和9年)4月24日、酒井は広島県庄原市を調査し葦嶽山をピラミッドであると断定した。(鳥谷幡山が1934年(昭和9年)10月、青森県戸来村(現新郷村)において、ピラミッド大石神を「発見」する。1935年(昭和10年)8月初、同ピラミッドを訪問した、竹内巨麿は塚を発見したとし後にキリストの墓とした。[6])同年、『太古日本のピラミッド[7]』(国教宣明団)出版。
1935年(昭和10年)『神代秘史』出版。
1936年(昭和11年)神秘之日本社を創る。10月1日雑誌『神秘之日本』をだす。同年『神字考』出版。他に『ピラミッドの正體』などの本を出版する。その主張する内容は日本の天皇は世界に君臨すべきこと、神政復古の実現を目指すべきであること、超古代の日本に優れた文明が存在したことなどであった。それにも関わらず、酒井の出版物はしばしば特別高等警察に押収され、彼も拘束されている。しかし数々の弾圧にも屈することなく、酒井は「竹内文書」の世界を主張し続けた。
1937年(昭和12年)、『天孫民族と神撰民族[8]』出版
1938年(昭和13年)、岩手県釜石市西の五葉山裾野の甲子村明神台で調査、5月22日、付近の川原で「ヒヒイロカネ」を発見したという。
1939年(昭和14年)10月15日、地元10人と岩手県五葉山の調査。
1940年(昭和15年)7月6日に酒井は死亡した。墓は多磨霊園にある。



https://ja.wikipedia.org/wiki/竹内文書
天津教弾圧事件[編集]
第一次天津教弾圧事件
1930年(昭和5年)12月7日~19日、『東京日日新聞』に批判記事。警視庁が詐欺罪容疑で竹内巨磨、前田常蔵、高畠康寿を取り調べする。不起訴。
1932年(昭和7年)、内務省特高警察が竹内巨磨を拘引、不敬の言動により同年6月、神宝拝観禁止、神社の鳥居を撤去。
第二次天津教弾圧事件
1935年(昭和10年)12月28日、神宝が秦真次の手により東京市・靖国神社の遊就館の松田常太館長に託された。
1936年(昭和11年)2月13日朝、茨城県多賀郡磯原町にて竹内巨麿(1937年7月7日まで水戸警察で拘留)と磯原館という旅館の吉田兼吉が不敬罪、文書偽造行使罪、詐欺罪容疑で逮捕された。同年、4月17日検察書類送致、同月30日、竹内巨麿、神宝を水戸地方裁判所に移す旨の受託書を書く。[7]
1937年(昭和12年)12月11日、逮捕者15名中竹内巨麿のみが不敬罪で起訴される。
1942年(昭和17年)3月16日、一審不敬罪有罪判決。上告。上告代理人弁護士は田多井四郎治、宮本正美、特別弁護人鵜澤總明(後の極東国際軍事裁判の日本弁護団長)
1944年(昭和19年)12月12日、大審院(現最高裁判所)無罪判決、結審。判決では、「この問題は裁判所の権限を超えた宗教問題である」、あるいは「単なる証拠不十分である」として無罪が宣告される[3]。 解散指定
1950年(昭和25年)1月、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)から天津教は解散指定される[8]。


https://ja.wikipedia.org/wiki/大本事件
1921年(大正10年)2月、当局は大本に不敬罪と新聞紙法違反を適用し、王仁三郎含め三名を起訴した(第一次大本事件)[1]。
1932年(昭和7年)11月、大本は再び「皇道大本」と復名し第一次大本事件で頓挫した「大正維新」を「昭和維新」として実行しようとしていた[56]。
1934年(昭和9年)7月22日に昭和神聖会を結成する[57]。昭和神聖会の政策請願に署名した人数は800万人にのぼる[59]。
1935年(昭和10年)の時点で、大本は支部1990、信者100万 - 300万人(特高警察資料、大本教40万・人類愛善会25万人)、3割は大学卒業者という高学歴で、政治家・軍人を含む確固たる宗教勢力に成長している[61]。
1935年(昭和10年)12月、当局は治安維持法を適用して王仁三郎夫妻以下1000名近くを検挙(起訴61名)[1]。
当局は裁判前の時点で教団施設の全破壊を急いだ[96]。
1936年2月25日、邪教撲滅の意思を確認する[97]。
3月13日、林頼三郎司法大臣は不敬罪と治安維持法の嫌疑で起訴決定、潮恵之輔内務大臣は大本解散命令を決定した[98]。
全国の教団施設・建物・碑石類の撤去が決定する[100]。
破壊は5月11日から開始され、 亀岡の聖地をダイナマイトで跡形も無く破壊[106]。


真珠湾攻撃は1941年(昭和16年)12月8日である。


悪がどうしようもないほどはびこり、また大きな義の心が芽生えることも、想定されている気がする。
試されているんじゃないかと思う。
見えない世界のことは検証できないけれども。


ヨハネの黙示録 22:11
不正を行うものには、なお不正を行わせ、汚れたものはなお汚れるままにしておけ。正しいものには、なお正しいことを行わせ、聖なるものは、なお聖なるものとならせよ。
見よ、わたしはすぐに来る。わたしは報いを携えてきて、それぞれの行いに応じて報いる。
nice!(1)  コメント(0) 

古代天皇の天浮船(あめのうきふね)という飛行空母の空港はどこか [ホツマツタエ・古史]

竹内文献に、古代天皇が天浮船(あめのうきふね)という飛行空母に乗って世界各地を訪れていたとあるのを知った。

そうすると、世界はわからないけど、日本では「フネ」とつく山が各地にあることを説明できるのでは?
また「イワフネ」という神社や地名などがあることも。
(フナオカヤマは川沿いにあることが多いようなので除外した)

船通山(せんつうざん) 鳥取県日野郡日南町・島根県仁多郡横田町
  『古事記』によればスサノオが高天原から降りてきたのは船通山の麓だと云われています。
  出雲地方では古来「鳥上山」あるいは「鳥上峰」とも呼ばれる。
  『古事記』によれば船通山の麓へ降ったスサノオは八岐大蛇を退治し、
  八岐大蛇の尾から得た天叢雲剣を天照大神に献上したという。

岩船山 岩船山(いわふねさん、いわふねやま)は、北関東、栃木県栃木市にある、標高172.7メートルの山。


島根県安来市岩舟(岩舟古墳)
茨城県常北市岩船
長野県中野市岩船
栃木県栃木市 岩舟町
岩船村(いわふねむら)は茨城県東茨城郡にかつて存在した村
益田岩船(ますだのいわふね)は、奈良県橿原市白橿町にある石造物。奈良県指定史跡に指定されている(指定名称は「岩船」)。 亀石や酒船石などと並ぶ飛鳥の石造物の1つで、その中でも最大のものである。 橿原ニュータウン内、白橿南小学校の西の丘陵(岩船山)頂上付近の斜面にある

磐舟柵 新潟県村上市岩船

磐船神社 福井県越前市広瀬町



西野神社 社務日誌 「古史古伝」 より
http://d.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/20070224
≪竹内文献≫ たけうちぶんけん
紀元前3175億年から続く天皇は天浮船(あめのうきふね)という飛行空母に乗って世界各地を訪れて文明を与え、地球が天変地異に襲われるとその度に天皇は天浮船で外宇宙に避難した、などという破天荒なストーリー


秩父・仙台まほろばの道「船と名のつく岩で想うこと」
http://blog.goo.ne.jp/inehapo/e/9618da3b0e34bc97ebcd8bf1958990d7
▲船とつく神社-----------------------▼
一例:
・岩船神社(宮城県)----祭神はニギハヤヒ
・磐椅明神(福島県)----船曳き祭りがある。
・岩船神社(茨城県)----鳥之石楠船神(とりのいわくすふねのかみ)が起源。
・岩船神社(新潟県)----ニギハヤヒ、ミズハノメ、タカオカミをお祀りする。(岩と船の由来)
・岩船神社(山梨県)----タカオカミ・クラオカミ=貴船神社(元は木船)
・荒船神社(群馬県)-----荒船山は元はアララト山?
・石舟明神(高知県)---物部氏 ニギハヤヒの船がある。
・熊野速玉大社----御船祭
・磐舟神社(大阪)----平石がある。
・磐船神社(大阪府)---木よりも鉄、鉱石を持つ人たちの強い船ができていた。(祭礼がある)
(深野稔生 船翔ける船紀行 より引用)
まだまだたくさんあるのですが、岩船というとニギハヤヒをお祀りする神社がほとんど。
物部氏と関係している氏族が建てたというのもありますが、
神話にあるニニギやニギハヤヒと「ニギ」という言葉に意味があるようなので、人物名でないことは確か。


第94回 船通山【せんつうざん】
http://japanknowledge.com/articles/blogjournal/howtoread/entry.html?entryid=103
鳥取県と島根県の県境、かつての伯耆・出雲の国境に標高一一四二・五メートルの船通山が聳えている。しかし、中国山地の脊梁部に「船が通う山」があるのは不思議な感じもする。
この疑問に対しての一つの解答が、天和二年(一六八二)成立の『出雲風土記抄』に載る山名由来である。それによると、素戔嗚尊すさのおのみこと(須佐之男命)が新羅しらぎから土船で東征した折、その船を山頂に置いたという。ノアの箱舟を連想させるような話だが、『日本書紀』の一書に神の国から追放された素戔嗚尊が新羅の国へ降臨したと伝えることから派生した解釈であろう。


岩船大祭 新潟県村上市
岩船大祭の由来と見どころ
http://www.city.murakami.lg.jp/site/kanko/iwafune-taisai-midokoro.html
お船様はなぜ山に登るのでしょうか
神社本殿へ向かう「お船様」
「げにやめでたき神代の昔 蜻蛉洲(あきつしま)に宮始まりて…」(本当にめでたい 神様がおられた昔 日本の国にお宮様が始まって)と木遣りの声が石船(いわふね)神社の杜(もり)にしみ通って流れます。
なぜ、船が山に登るのでしょう。船は本来、海や川に浮かぶものですが、岩船のお船様は山に登ります。このような神事を探してみました。大阪府の磐船神社に同じような神事が昔あったと言われております。この大阪の磐船(いわふね)神社と岩船の石船神社は、磐と石の文字の違いはあっても同じ「いわふね」と読みますから、何らかの関係があったのではないでしょうか。
日本書紀によると、曉速日命が天より降りるときに用いる乗り物が「天磐船(天磐樟船)」と言われるものです。これは、神の世界と人間の世界を往来するときに用いられたものです。それは、「くすの木で作った岩のように丈夫な船」という意味なのだそうです。その船に乗って饒速日命が天からどの地に降りたのかは、日本書紀には書いてありません。古代の人々は、山に神が宿ると信じていました。石船神社のある明神山は海岸部にあり、しかも陵(みさぎ)のような円い巨大なまんじゅうのような形をしています。古代の人々が神様が降りてくる聖地だと考えるのに、まさにふさわしい場所だったと思われます。また、人々は、神霊の世界が海の彼方にあって、その船に乗ればその岸に到着できると考えていたようです。


竹内文書が偽書でないことを、磐船・磐舟・岩船・岩舟に残る伝承が示している。

あとは海外での天の浮舟の空港がどこにあるかだが、
たぶんそれを伝えていたであろうインディアンは殺されてしまった。
ケルト民族なら伝えていそう。

天から神々が降りて来るという神話は多くの場所にあるが、それと日本や天皇とが結びつくものがみつかるか。


「宇宙船磐船神社にいきました 「イワフネ」神社いろいろ」
http://kusunoki-456.blog.so-net.ne.jp/2017-03-24
nice!(1)  コメント(0)