So-net無料ブログ作成
検索選択

アスペルガーは強み [健康]

「筆者はインディゴチルドレン2」ーMAGICA魔法入門カバラ~真を見抜く法
http://magicaldragon.blog.fc2.com/blog-entry-64.html

インディゴ・チルドレンというのは、あくまで精神世界系の用語。宇宙からのメッセージで登場する言葉だ。賢く、クリエイティブなのだが、規定が多い生活の中では、その才能を発揮できない事がある。直感力に優れており、「嘘発見器」的な鋭い感性を持っている。周りの嘘には敏感となる。
支配層の都合に悪いのか、アスペルガーを障害のように扱う。ADHDの場合には病気と扱い、医者と製薬会社のトップが、お金を回収する魔法に取り込まれる。アスペルガーが反応するように奴隷状態に抵抗するのが正常で、社会に溶け込む奴隷が異常という真実を隠すためと言える。ただ、高い能力をそれほど持たない人が、持つ人を攻撃する手段として、アスペルガー症候群の名が濫用されているので、今年になって障害と扱わないという方向になっているようだ。

私は子供の時からまあまあ人並みに人と同じことをして過ごしてきてはいて、学校生活でも自分一人違うことをしていたわけではないのですが、大人になってどうもまわりの主婦の人たちからは浮いているのですよね。
がんばって合わせようとしても、周りの人とはどうも違う。
アスペルガーの本を読んで自分もあてはまると知りました。

アスペルガーは他より秀でているところがあるが、人付き合いとかがうまくない面もある。
そこそこ集団生活をやれた自分は、劣っているところが少ない半面、秀でている分もさほどでないんだろうと思ってちょっとがっくりしたこともあります。
振り返ってみれば、中学ぐらいから違和感をかもしだしてたかもしれません。
なんとかやってこれたのは、周りの人がうまくあわせていてくれたのかも。

興味のある無しがはっきりしていて、興味のない話にうまく合わせられないという、共感でなりたつ一般的主婦の世界では異分子そのものなのですよね。

これも自分の持ち味なのでどうにもなりません。
いまこの興味を持っていることをつきつめるほうがおもしろいと思うし。

MAGICAブログで肯定感を得たので。


世界の裏側ニュースから予防接種について [健康]

「絶対に不要なワクチン9種・恐怖心を煽り大きな利益を出す医薬品産業のトリック」ー世界の裏側ニュース
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12188621427.html
**********引用開始
次に絶対に必要のないワクチン(予防接種)9種をあげます。これはあなたを何からも守ることはなく、予防すると言っている病気には特に効果がないものばかりです。

*はしかワクチン(あるいはMMR三種混合ワクチン)
*ジカウィルス
*インフルエンザ
*豚インフルエンザ(H1N1)
*鳥インフルエンザ(H5N1亜型)
*ポリオ
*HPV(ヒト・パピローマ、子宮頸がん)
*炭そ菌
**********ここまで引用


「HPV(子宮頸ガン)ワクチンの副作用で人生を台無しにされた17歳の少女の話【追記あり】」
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12170664910.html
**********引用開始
ある夜、私は「HPVワクチン 被害(injury)」と検索してみました。この「被害」こそが検索する上で重要な言葉だったのです。検索によってHPVワクチン、特にまさにローラが受けたガーダシル接種による深刻な拒絶反応や長期的な副作用に関する何百もの記事やサイトに辿りつくことができました。

私の目の前の画面には、ローラとよく似た症状やそれよりも悪い症状の少女たち数千人や、一部には本当に亡くなった少女の話があったのです。

こういった話はあまりにも痛々しく、私にはこれ以上読むことはほとんどできません。自分の想像を超えるほど、私は泣きました。あの同意書に署名したことで、私が毎日感じているあの無限の罪悪感を感じるのです。

そして、日本医師会が医師向けに発行している文書がこちら。
「HPV ワクチン接種後に生じた症状に 対する診療の手引き」
http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20150819_hpv.pdf

これを読むと、副作用と思われる症状を診察する内科医には、
・その症状をHPVワクチンの副作用だとは認めないこと。認定する基準が定められていない
・でも騒がれるとやっかいだから、個別の症状を改善する「治療」で対応

と言われているようで・・・

「副作用の可能性があるから、接種自体について再検討しよう」という姿勢がまったく見受けられないのはぞっとしますし、これだけの情報がありつつ接種を推奨していることにも大きな疑問を感じています。
**********ここまで引用

予防接種ボイコット [健康]

こんな話を聞きました。
部活の顧問の先生が試合で負けた生徒たちに言いました。
「丸刈りは強制ではない。だけど年明けにおまえらが丸刈りじゃなかったらわかってるやろな」と。

これって予防接種にもいえるなと思ったのです。
「予防接種を受けないと、こんなにもこわいですよ。」
「受けない子はこんなにもひどいことになっています。」
「予防接種を受けなかったら、こわい後遺症が残ります。」
とさんざん脅した後で、でも予防接種は強制ではないですから、予防接種のせいで副反応が起きて後遺症が残っても自己責任ですからというのですよね。
さんざん脅しておいて、自己責任だからと言う。
小さい子供のいる母親は毎日がとても不安です。
新生児や乳児ならなおさらに。
そういう不安につけ込むのですよね。
だから予防接種を受けないと言う判断は難しいと思ってしまう。

子宮頸がん予防接種の裁判でのワクチンメーカーの対応を見ると、これはとても誠実には思えません。
こんな反応が起こってもそれが一部の人であるからと、あくまでもメーカーはワクチンに非があることは認めません。
そして心理的なものが要因だとまでいってしまう医者たち。
私はいまでは予防接種は全て危険だと認識するようになりましたが、こんな不誠実なワクチンメーカーが作っているものは、ボイコットすべきでしょう。

副作用がおきて後遺症が残っても、誰も元の体にはもどしてくれません。

「ビル・ゲイツのワクチン犯罪がインドで大問題になっています!」日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51940423.html

モンスターエナジーの飲み過ぎ [健康]

24本ものエネジードリンクを飲んで、心臓が噴き出す・・・!
https://tumuzikaze3.blogspot.jp/2017/01/24.html
**********引用開始
大量のカフェインを含有するエネジードリンク!
日本でもその摂取に依り、
事故が多発しているが・・・
これを観ればその恐ろしさを痛感するはずである!
ご注意を!動画はグロ!
**********引用ここまで

映像を見ると心臓が体の外からはっきりわかるほど、肥大化しているのですね。
そして鼓動している。
この大きさなら脈打つたびに血液が激しく体を駆け巡り、身体中の血管がもろくなりそう。
目の血管や脳の血管や、指先の血管からまず損傷を受けそう。
こんなことになるのですね。

トランプがワクチンに疑念をもっている [健康]

http://takapachi1962.seesaa.net/article/444049561.html
**********引用開始
トランプの意見は、2012年4月にFOXニュースのインタビューを受けた際の自らの言葉を繰り返したもので、その際彼は、彼の会社の、ある従業員の子どもがワクチン接種後にダメージを受けたとも語っていた。

「私はこのテーマにはかなり詳しいんだ」と、トランプはFOXニュースの「フォックス・アンド・フレンズ」のインタビュアーに語っていた。「いいかい、私には持論があるんだ。。。ある人々は信じている説なんだが。。。ワクチンに関するものだ。こんなものはこれまで無かった。

「今やこれは流行病だ。これは過去10年の間、とりわけこの2年間に蔓延したんだ。いいかい、体重5キロほどの、小さな赤ん坊を病院に連れて行くと、とても沢山のワクチンを同時に注射されるだろ。。。。ワクチン自体には賛成だよ。。。だけど、こうしたワクチンを全部一緒に接種すると、2か月後には赤ん坊はすっかり様子が変わってしまい、様々な症状を呈するんだ。私は沢山の例を知ってるんだよ」

ワクチンと自閉症とのつながりは、昨今、アメリカで注目を集めている。そのきっかけとなったのは、フロリダ州選出の下院議員ビル・ポージーが、下院委員会でビル・トンプソン氏の内部告発を引用しつつ行った発言だった。疾病予防管理センター(CDC)のビル・トンプソンは、CDCが研究者たちと共謀の上、自閉症の症例数千件とワクチン接種との関係を示す文書を破棄したと述べている。

**********引用ここまで

ワクチンと自閉症の証拠を見つけたドクターが殺される!
https://tumuzikaze3.blogspot.jp/2016/11/blog-post_85.html
**********引用開始
あり得る話である・・・
ロバート・デ・ニーロはアンチワクチン映画『Vaxxed』の
映画祭上映に尽力していたが断念した・・・!
こうなることを怖れたのだろう・・・。
しかし、
トランプ次期大統領は、
常に討論会で議論していた・・・!

事件は2016年6月19日であるが、
その前から、映画『Vaxxed From Cover Up to Catastrophe TRAILER』上映中止などで
物議を醸していた。
結局映画祭上映は断念されたが、
議論はいやが上にも高まっている・・・。
それをトランプ次期大統領は調査を開始するという。
その前に、重要な研究者が殺された。
**********引用ここまで

こどもがインフルエンザらしき熱が出て、主人はワクチンを打った方がいいのではといってきましたが、私は断固として拒否。
主人は私を変わり者とみなしているようです。

予防接種は危険であることをたくさんのナチュラリストがいっていても、なかなかたくさんの人には伝わりませんが、有名な人が言うと気づきになって、目がさめる人も増えるでしょう。

芸能界のタブーについてダウンタウンの松本が発言しているように、いろいろなタブーの存在について、予防接種タブーとか、抗がん剤タブーとか利権とむすびついたものの存在について、有名な人にも伝わり、それらを暴き立ててくれるのはありがたいことです。

母子手帳と乳業会社 [健康]

2016.11.21の朝日新聞に
「日本が発祥の母子手帳を世界に広げるJICA専門員」さんのことが載っていました。

しかし母子手帳、その生まれには裏があるといわれています。
「母子手帳 アメリカ 乳業」で検索してみてください。
情報のあふれている現在、キーワードの見当をつけられないと、本当に知るべき情報にはたどりつけません。

母子手帳は日本発祥ではなく、粉ミルクの宣伝のために、アメリカの乳業会社によって作られた。
そして日本では森永乳業、明治乳業など乳業メーカーがからんでいる。

そしてそれに予防接種業界ものっかるようになったのではないか。

「母子手帳が発見される」
http://tipitu.hatenablog.com/entry/2014/04/14/233805
1964年ぐらい生まれの方の母子手帳には、森永乳業のエンゼルマークが押され、森永Gドライミルクと書かれています。

なんでも裏事情を疑うようにしないと騙され続けることになりますね。



「私が「薬を使わない薬剤師」になった理由。」 [健康]

「私が「薬を使わない薬剤師」になった理由。」
宇田川久美子さんのお話です。
http://true-health2.com/archives/75

20年薬剤師をされていた方のお話です。
>>この文章はですね、私の本の一番最初、冒頭に書いてある文章です。「薬の発明はこの世の最大の悲劇である。医者のしていることは、そもそも病気を引き起こしてしまったライフスタイルに対して継続の許可を与えているようなものだ」。

>>でもですね、ここに書いてあるように、ライフスタイルに対しての継続ということで言わせていただければ、お薬というのは急性の疾患であったり、感染症であったりに対して使われるものであって、生活習慣病メタボリックシンドロームと言われているようなものに対して薬を与え続けることは対処療法だけであり、根治にはならないというふうに考えています。

このような本があったのですね。
生活習慣病、メタボリックシンドロームといわれるようなものに対しては、薬よりもまず生活習慣を変えましょうと。
薬剤師の方が出されているところに、意味があるのですね。

腹痛で食事を軽めに [健康]

しばらく腹痛が長く続いていました。

わかってはいるのですが、食後にお茶をお腹いっぱい飲みたくなるので、ついついお腹いっぱいになるまで飲んでしまう。

三時のおやつもお腹が空いていないけど、手持ち無沙汰で食べてしまう。
だらだら抹茶オーレを飲んでしまう。

朝もふらふらになるのがこわくて、お腹が痛くてもご飯と味噌汁とかしっかり食べてしまう。

そんなことが積み重なってか、なかなか痛みがひかなかったのですが、あさごはんはバナナと麦茶、お弁当も軽めに、おやつは抜き、晩御飯もごはんとおかずを控えめに、だらだら飲みはしないようにしていたら、痛みがだいぶ治まってきました。
何度これを繰り返していることか。

食べる量は少なめのほうがお腹は痛くならないけど、体力との兼ね合いが難しい。

ご飯が足りないと、すぐに立つのも辛くなってしまうし。

自分にとってちょうどいい量を探さないと。

予防接種禍をふせぐには [健康]

世の中なんだか落とし穴だらけなんだなと恐ろしい気がします。

子宮がんの予防接種にしても、海外で副作用の事例が発表されているそうなのにどうして防げなかったかなと。

副作用が起きた場合の補償などを取り扱う部署でも、任意接種にしてから副作用が起きたら、任意接種にする前とは扱いが違うそうで、自分で接種することを選んだんでしょ、だから自己責任と暗に言われるそう。
恐ろしいことです。

このような予防接種禍をふせぐにはどうしたらいいのかなと思うのです。

副作用が起きたとしても、いま現在予防接種を実際に接種する医師には、なんの責任も問われない。
これが問題ではないのかなと思うのです。
自分の責任にはならなくてお金だけがもらえるのだから、危険性を知っていても接種する医師はいる。

だから重大な副作用がおきた場合、医師にもその補償の何パーセントかは支払うように義務付ける。
接種した医療機関名を公表する。

こうすれば、接種する医師自身、その予防接種について深く情報収集し、少しでも危険性のある予防接種はうつことを避けるようになると思うのです。


ちょっと痛くなりかけた [健康]

このあいだちょっと脂っこいものを食べ過ぎたら、数日お腹が痛くて、とうとうやってしまったと思いました。
それまでは、ときおり左脇腹が痛むものの痛くないときもあるという状態。
それがみぞおちの辺りと、左脇腹の方が痛くて、寝ても起きても痛くて、押さえても痛くて、救急車を呼ぶほどではないけど、病院にいったほうがいいかもなレベルでした。

それでも痛みに耐え、食べるものを少なめにしてたら痛みはなんとかおさまってきました。
これまでは栄養のことを考えてしっかり食べねばと、朝は軽くご飯と、卵入り味噌汁を食べていたのですが、バナナ一本ぐらいにしました。
お昼の小さいお弁当は変わらず。
おやつはがっつり菓子パン一個またはスナック菓子1袋とか食べていたのですが、これも思い切って豆乳飲料1本だけにしました。
お腹が空いているわけじゃないのに、なにか食べたくて食べていたのですよね。
何か常に口に入れていたい感じがあって、飴を食べたり、コーヒーを切れ目なく飲んだりしてたのもよくなかったようです。
よくないと知りながら、なぜかやめられないときもあるのですよね。
痛みがひどくなってからきっぱりやめました。

ひどい痛みがおさまりましたが、仕事をしてたり、なにかのときにときおり軽い痛みを左わきばらに感じます。
痛みを感じない時もあるし、この調子であっさり目の少なめの食事でいこうと思います。

にほんブログ村 病気ブログ 膵炎へ
にほんブログ村