So-net無料ブログ作成
検索選択
断捨離・片付け ブログトップ
前の10件 | -

新井素子さんと3万冊の本 [断捨離・片付け]

婦人公論2014 6/7号を読んでいたら、新井素子さんのおうちには3万冊の本があると書かれていました。

一階は全部書庫、居住空間は2階、重量鉄鋼構造にして本の重みに耐えられる家にされたそうです。
写真を見ると、床から天井までの作り付けの棚に、いっぱい本が入っていて、まだ余裕はあるものの、棚によっては奥と手前の2列に本が置かれていたり、もうすでに床置きの本が何十冊もあるようでした。

自分で購入したのが2万冊ぐらいで、あとは父の没後に蔵書を引き取った。
父方の祖父、母方の祖父、父と母が講談社勤務っておもしろすぎます。

本代にはお金を惜しまない家で、たくさんの本が与えられ、本を捨てることはもってのほかという家だった。

結婚した時の新居が六畳一間に四畳半とキッチンしかない借家だった。
当時持っていた一万冊の本を持ち込むわけにいかないので、本は全部実家に残し、辞書だけ持って引っ越した。
ただし辞書だけで百冊以上あった!!

私もいろいろ気が変わるせいで、辞書は多いほうだと思うのですが、国語四冊、英語、和英、ドイツ語、フランス語、ロシア語、英英ぐらいで、十冊もいかないくらいです。
百冊の辞書ってどんなものがふくまれているんでしょう。
ぜひみてみたいです。

今(雑誌掲載時)も月に20−30冊のペースで増えているそう。
うちにある本はあまり読まないんですよね。
新しい本にばかり興味が向くから。

服でもそうですよね。次から次へと買っている人は家にどれだけあっても新しいほうに目が行くので。

断捨離がブームでわたしもすっかりはまり、だいぶ本を処分して身軽になってきましたけど、本がたくさんある家ってのもいいなあとも思います。自分ちはもういやですけど。

新井父が本を捨てないのを母は苦々しく思っていたようで、父が寝込んでからは復讐のように父の本を捨てるようになったと。蔵書の中にはシリーズの1、2巻だけ抜けているものがあるそうです。
どっちの気持ちもわかります。

好きなだけ本を買ってもいいというのは、本だからいいのかもしれません。
インテリな感じがするし、買った本を読んでいる間は買わない時間がある。
本の価格は1500円として、三十冊で45000円。それほど大変な額にはありませんね。

原動力は同じようなものだと思うのですが、これが服だと話が全然違ってきます。
毎日のように服を買うって、おばかなイメージで、オシャレっぽいものだと1枚5千円から1万円はする。
すると30枚買うと、6万円から30万円になってしまうのですね。

暇をつぶし、知的好奇心を満たすのは本を読むほうがよさそうです。

断捨離デー [断捨離・片付け]

前から読みたかった「わたしのウチにはなんにもない」をようやく手に入れました。

著者は汚屋敷出身で三人暮らしでした。
大学教授の祖母と教員の母は片付け下手。
ひいひいおばあさんの着物がたんすにびっしりあり、ひいおばあさんの着物は押し入れにびっしりあり、ひいおじいさんのスーツはたんすにびっしりあり、火鉢とかの昭和の家電、何十年も使っていない布団がたくさん、そんな部屋に暮らしていました。
自分のうちの汚さに気づき、片付けようとすると捨てられない祖母や母とぶつかり、ものに囲まれて苦しい思いをしていました。
結婚を機にきれいなうちで二人暮らしができるかと思いきや、東北の大震災が起こり、祖母と母も同居することになります。
新居にも故人のものを持っていくために物置部屋を作ろうと提案する母。
もののいっぱいある暮らしから脱出できると思っていたのに、またものに囲まれるのかと苦しむ著者。
でもあまりのものの多さに引越しの荷造りが大変で、げんなりした母。
一時トランクルームを借りて、それらのものを保管するのですが、結局新居に運び入れた翌日には捨てれる気持ちになっていたのでした。
そしていまのなんにもないおうちができあがるのでした。

ものがいっぱいあって、捨てたいのに許可が出なくて捨てられないという苦しみはよくわかります。

主人が捨てられない人で、暗すぎて使わない北欧の照明が高かったからと捨てられないでいるのですよね。
高かった加湿器も今は全然使ってないのに。
そんな使わないものたちのために、大きい倉庫を買おうとしている主人。
使っていない季節のタイヤを入れる分の大きさだけあればいいのに。
でーかい倉庫を買って、使わないものをしまおうとしています。
どうせ置いとくだけで、使わないでいるのに。
でも言っても聞いてくれません。
おとなしくしたがうしかない。

2014年の12月まではわたしももったいなくて捨てられないひとだったのですが、大量のスーパーの袋とか大量のホテルの歯ブラシとか、大量のもらいもののタオルや、食器、ふとんなどを捨てられるようになって、ほんとに心が晴れ晴れとするようになりました。
だからはやくこっちにきてくれればいいのに。

断捨離からしばらくするとまたいろいろたまっていました。
もらいものの法事の白砂糖ー自分では白砂糖なんてかわなくて、黒砂糖とかテン菜糖とかを買っていたのに、ついもったいないからと使っていました。これが毎日毎日ちょっとづつ血糖値を上げていくんですよね。あまり砂糖は使いたくないのに、使わないともったいないと思ったりして。黒砂糖よりはかなり上昇スピードが速そう。これも全部捨てました。
もらいもののだし醤油ーブドウ糖果糖液糖使用、これも自分では買わないのに。これも捨てました。
もらいものの梅酒ー好きだけど、糖分たっぷり。
糖類が原材料に含まれているみりんーこれも捨てました。糖類の添加なしのみりんはたぶん上昇スピード遅いと思うんですよね。
もらいものに要注意ですね。

ドミニック・ローホーさんのおうち [断捨離・片付け]

クロワッサン2011年10月10日号を借りました。
「片付けられない原因は、家の中にあった」という号です。

いろんな収納片付けの達人のお部屋が紹介されているのがおもしろいです。

ドミニック・ローホーさんのパリのお家は12㎡。
「魔女の宅急便」の危機の部屋みたいな屋根裏部屋。
かなりかなーりコンパクト
シャワートイレは飛行機サイズ。
好みっていろいろだなと思いました。

そして「家ロジ」の大久保恭子さんの房総半島のおうち。
「家ロジ」でも紹介されていましたが、間取りも細かく書かれています。

倉田真由美さんの片付かないお家。
収納スペースが少なく、間取りが悪いとかなりばっさり指摘されていましたが、倉田さんはストック量がかなり多くて米10袋、ティッシュ25個、水の宅配のボトルがたくさんあるので、いくら収納があっても片付かないだろうなと思いました。
米なんてよっほど買い物が不便なところでもないかぎり、ストックは1袋で足りるし、ティッシュも5個パックがあれば十分だから。

そして金子由紀子さんのおうちも。
83平方メートル、2LDKのおうち。
ピアノが入ってきて、防音室を作ってちょっと暮らしづらくなっているようでした。

生活収納室の提唱者竹岡美智子さんのおうち。
この生活収納室という考えはとてもいいですね。
生活収納室というウォークインクローゼットを少し大きくしたものを、リビングからも夫婦の寝室からも廊下からも繋げて、ふとんだったり、スーツケースだったり、掃除機だったりをしまえるようにしたものです。
こういうのがあるとすっきり片付きそうです。

引越し歴15回の大平一枝さんの下北沢北口の4LDKプラスサービスルームというおうち。
http://kurashi-no-gara.com/blog/?p=2610
この2011年のクロワッサンには「頼むから引越しも模様替えもこれで最後にしてくれ」という夫と長男のセリフがありますが、
ブログを見ると、2014年12月に以前住んだことのあるコーポラティブハウスに越されたらしい。
調布市仙川歴1年1か月とあるので、クロワッサンのこの記事のあとさらに引っ越されている模様。
「もうビニール傘は買わない」という本を書かれているのに、どうしてそんなに引っ越してものを大量に捨てるのかちょっともやっとするような、すっきりしないような。

一年中旅をしている人。
しょっちゅう引越しをしているひと。
気性が定住民族ではないのでしょうね。
定住民族の私にはよくわからないけど、DNAに組み込まれてでもいるんでしょうか。
そうせずにはいられないなにか。興味深いです。

トラコミュ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

雛人形を実家にひきとってもらいました [断捨離・片付け]

女の子が生まれて実家からいただいた雛人形でしたが、ひきとってもらいました。

せっかくくれたものを返すのは申し訳なかったのですが、
そもそも最初から雛人形はかさばるからいらないといっていたのに無理やりくれたものだったからです。

雛人形は買ってくれなくていい。
どうしてもどうしても買ってあげたいというなら男雛と女雛だけの二体だけのコンパクトなものにしてくださいと言っていたのに、買ってくれたのは、三段飾り。

三段でもかなりかさばり、箱にしまうと1立方メートル以上はあります。

収納の少ない我が家でそれはずっと部屋の片隅におかれていました。
部屋がすっきりしない、だすのもしんどい、しまうのもしんどい。

雛人形自体は素晴らしい文化だとおもうけど、うちにはかさばりすぎる。
うちはもう雛人形ケーキぐらいの季節感で十分なのです。

親に伝えるのは心苦しかったけど、これをクリアしないと一生すっきりした部屋には暮らせない。
捨てるよりはまだいいだろうと判断しました。

これでだいぶ部屋がすっきりしました。

実はクリスマスツリーも処分したいけど、子供がもう少し大きなってからです。

にほんブログ村 トラコミュ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

安東英子さんのビッグバラエティ [断捨離・片付け]

録画していた安東英子さんのビッグバラエティをようやく見ました。

安東英子さんのブログ
http://andouhouse.com/?cat=296

視聴者の方の片付けられないおうちを片付けるという番組でした。
古い団地の2DKで、両親と31歳、38歳の娘さんがふたり。
1部屋に両親、もう一部屋に娘が一人、部屋がないので、ダイニングをもうひとりの娘さんの部屋にしているため、家族があつまれるのはキッチンだけとなっていました。

こちらの娘さんの予定を聞いていたら、どちらも月に何度もコンサートに行き、一人はコンサートタオルコレクション、一人は部屋がリラックマだらけという状態でした。

31歳と38歳で未婚で、親と同居で、自分の好きなことにお金を使って、その生き方ってどうなの?って聞かれてました。

安東英子さんってただのお片づけサポートではなく、生き方にまで踏みこんでくれるのですね。
これが人気の秘密かもしれないと思いました。

最近の風潮って人が何をしようが、迷惑をかけてなきゃ自由でしょみたいなところがあって、どんなにコレクションに狂ってても、コンサートばっかり行ってても、はたから見るとそれっていかがなものかと思ってもズバッとは言えないもの。
心の中で「それはよくないよ」と思っててもいえない。
そこをズバッと言ってくれる、そこが素晴らしいと思いました。
この視聴者さんも素直な家族でよかったです。

婚約者ができたら、呼べる家にするといいんじゃないと。
この状態では親戚もこれない状態だったんでは。
なにしろキッチンしか入れるところはないので。

こちらのお母さん、やさしそうだけど子供にきついことはなにひとついえないお母さんに見えました。
捨てられない人は現在や未来ではなく過去を向いていると、片付けの本にも書かれてますが、そんな感じでした。
リフォームが始まって、思い出の家が変わっていくのが悲しくて泣いてしまったり。
使っているものはなんにしろ、自分の一部が宿っている感じはあるから、気持ちはわかりますが、それにしばられていると、一生きれいなすっきりした家には暮らせないわけで。
捨てるには痛みをともないますが、この先どう暮らしたいかをはっきりさせると踏ん切りがつくでしょうね。

にほんブログ村 トラコミュ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

家ロジという考え方 [断捨離・片付け]

『お片づけは「家ロジ」で。』という本を借りました。

ロジというのは、ロジスティクスのことで、工場などでの物流のことをいいます。
工場で効率の良い物流を考えるように、家庭での効率の良い物流を考えるという視点でした。
これまでの「収納・片付け」の本は、いかにしまうかという収納・ストックに焦点があてられがちですが、この本はフローの方に焦点をあてています。

そういう視点で、家庭での使いやすくしまいやすいものの置き場所を考えるというところが、すごいなと思いました。
「動線を考えてものをおきましょう」とはどの片付け本にも書いてあることですが、そうしているつもりでできてなかったなとこの本を読んで思いました。

片付かないのは理由がある。
しまっておくところが遠いとか、高いとか面倒だとか。
これをいったんどけてからしまうとか、手前のものを落とさないようにしまわないといけないとか、脚立に乗らないとしまえないとか。扉を開けて、取り出して蓋を開けていれないといけないとか。
そういう単純なことが原因でしまいづらくなっている。
だから使いやすいようにものをしまう場所を考えましょうと。

また小さな工場で、原材料が安いからといって大量に購入すると、作業場所が少なくなり仕事がやりにくくなります。
だから家庭でも安いからといって、特売品を買いこみすぎるとごちゃつきの元になる。

また作業に使う道具や材料などが使いやすいところにないとやりにくい。

そしてこの本で強調されていたのは、ゴミ置場の重要性です。
各部屋にゴミ箱は一つ、台所には燃やすゴミのゴミ箱の他に、ビン缶などの燃えないもののゴミ箱もないと台所が散らかる。それもさっと捨てやすい場所にないといけない。

たしかに実家では台所の燃やすゴミ用のゴミ箱が小さいバケツぐらいの小ささで、すぐいっぱいになってしまって、その結果いつも大きなゴミ袋がおいてあるという状態でした。
しかもビン缶の捨て場が台所になくて、勝手口の外にあったので、めんどうで台所にたまるという状態になってました。

新聞、チラシ、雑誌や、ダンボールなどを収集日までおいておく場所も必要。
それもさっと片づけられる場所、しかもごちゃごちゃして見えない場所にないと、リビングに散乱することになる。

小さい工場に置き換えて考えると、作業で出たゴミをすみやかに邪魔でないところに移動させないと、作業にさしつかえてきます。

それからライフステージに合わせて不要なものを処分していくことの大切さ。

結婚するとき、両者が使っていた家電や家具をそれぞれ持ち込むと、かぶっているものがじゃまになる。
赤ちゃんが生まれると、リビングにベビーベッドをおき、リビングでミルクをやり、リビングでオムツを替え、リビングでママは化粧をし、目が離せないので、リビングで洗濯物をたたんだり、アイロンをかけたり、通販のカタログを見たりするようになる。
子供が大きくなると、リビングで宿題をし、リビングでゲームをし、工作をし、お菓子を食べる。
子供が巣立つと、親が趣味を始めてその道具をリビングに置くようになる。
いろんな雑多なものがリビングにあつまってくる。

そのライフステージに合わせてものを処分していかないと、どんどんどんどんものがあふれることになるのですね。
子供が小さい時のものって捨てずらいですが、写真を撮って残したり、嵩をなるべく減らしていかないとすっきりしないようです。

それからちょい置きの禁止。
片付けるのが面倒だからとちょいとリビングのテーブルに置くと、それが積み重なってテーブルで食事ができないことになってしまう。

片づけは衣類からとか、台所からとかありますが、この著者はリビングのテーブルの上から始めましょうといっています。
リビングのテーブルの上に置いてあるものはよく使うものが多い。
よく使うものをピックアップして、それらのきちんとした仕舞う場所を使いやすいところに作ってあげる。
寝る前にはリビングのテーブルの上は何もないようにしてから寝る。
そこから少しずつはじめましょうという感じでした。

まず捨てるができないひとは試してみてはどうでしょう。
そして私のように断捨離がうまくできて、すっきりしてきた人にも大いに役立つ内容だと思いました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ハンガーを木製で統一 [断捨離・片付け]

ハンガーがバラバラでガチャガチャしているのが気になって、大体のハンガーを木製で統一しました。
20150206-3.JPG
これは1階の押入れの洋服かけです。
二階の洋服ダンスのも大部分木製にしました。

結婚前に少し木製のハンガーを買ったことがありますが、すごく高くて統一するどころではありませんでした。

今回ニトリでコートジャケット用が190円、フラットな5本セットで380円というのがあって、ようやく大部分統一できました。
5本セットは肩幅の狭い婦人用とそうでないのがあります。
コート・ジャケット用は紳士用の肩幅みたいです。
婦人のコート・ジャケット用もあればもっといいんですけどね。

「ハンガー 統一」で検索すると、木製の他に、アルミ、黒のプラスチック、省スペース、すべらないハンガーなどがでてきます。いろいろあるんですね。
IKEAのは女性には肩幅が大きすぎたりするようですね。

木製にするとクリーニング屋でもらうプラスチックのものより確かにかさばるので、いままでよりも枚数を減らさないとはいりません。
それにぎゅうぎゅうだと美しくないので、余裕をもたせようとしてさらにへらすことになりました。
服の色味も、並べてみて美しく感じられないものははずしました。
並べてみて美しくない洋服は、買わないことになるのかもしれません。

http://ameblo.jp/cooco-hiyo/entry-11973975754.html
「木製ハンガー 統一」とかで検索して見つけたこちらのブログに共感しました。

この方と同じように、私もハンガーをわざわざ買って統一するなんてお金持ちのすることだと思ってました。
断捨離するまでは「インテリア」という言葉さえ自分には縁がない金持ちのすることだと思ってました。
だって「もったいない心」にしばられて、節約しようとしたら、どんなにがちゃがちゃでも今あるもので済まさないといけないのですから。
それが白いタオルで統一とか、木製ハンガーで統一とか、インテリア本を日がな一日みちゃったりとかするようになるなんて驚きです。

そろったハンガーのある風景って、目に入るとなんとなくうれしくなります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

鍋でご飯を炊いたらはまりました [断捨離・片付け]

いろんなブログで見かける「炊飯器捨てました」「ご飯を鍋で炊きました」という記事をみて、なんでそんなめんどくさいことをするんだろうと思ってました。
ご飯を鍋でいちいち炊いて、残ったらなにかに移して保存して、ととても面倒くさそう。
20150206-1.JPG

20150206-2.JPG
でもあまりにもあちこちのブログで見かけるので、試しにお鍋で炊いてみました。
ビタクラフト22センチの片手鍋で米5合。
30分浸水させて、沸騰するまで強火、沸騰したら水がなくなるまで弱火にして10分ぐらい、あと10分蒸らしてできました。

そしたらはまりました。

火を止めるタイミングを感覚を研ぎ澄ませてうかがう。
ぶくぶくいっていたのが、しゅーっという音になる。
かすかに聞こえるパチパチという音。
蒸気をあおいで、香りを何度もかぐ。
蓋をあけちゃいけないと聞くから、蒸らしがおわって蓋をあけるまでのどきどき。

電気炊飯器って、米と水を入れてスイッチを入れるとできあがる、ブラックボックスのような感覚があるのですが、お鍋で炊くと妙に喜びがあります。

なにかはまってしまって、夕食と朝食で2回続けて鍋で炊きました。

1回目は少しこげくさいにおいがしだしてからとめたので、おこげが少し多めでしたが、今日はこげるにおいがする前、かすかなパチパチという音で止めたので、おこげはほんのりでした。

1回目も2回目も家族に好評で、1回目はみんながおかわりしたので、5合のご飯が夕食だけでなくなりました。

ビタクラフトの蓋が軽くて沸騰しだすと、かたかたいって盛大に周りが汚れるのですが、「ビタクラフト ふきごぼれ」で検索して、ぬれぶきんを上にかぶせるといいときいてやりました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14110414549
1回目は水の量を少なめで炊いて、そのときはぬれぶきんを置いたら吹きこぼれませんでした。
2回目は水の量を炊飯器のメモリ通りにして、鍋に移して炊いたら1日目よりは水の量が多いので、ぬれぶきんをおいても、かたかたふきこぼれました。
鍋に対してご飯の量や水の量が少なければ、ぬれぶきんを置くことで吹きこぼれは防止できそうです。
ぬれぶきんが焦げないように、水がとばないようにかければよさそう。

「はじめちょろちょろ、なかぱっぱ」だと思って、最初は弱火にするものかと思ってましたが、知恵袋見るとそうじゃなくても、炊けるようですね。
炊く前に浸水させる。沸騰まで中火から強火、沸騰したら水がなくなるまで弱火で約10分。あと10分蒸らしというひとが多いような。
水の量さえ間違えなければ、どんな鍋でも炊けるみたいです。

お鍋でご飯を炊くってはまりますー。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

箒で掃くという行為 [断捨離・片付け]

今まで掃除といえば、掃除機をかけること。
断捨離するまでは多くて週に2回ぐらいというものでしたが、最近毎日朝に夕に掃除したくてたまらなくなっています。
そういうとき毎回重たい掃除機を出してきてブーブーやるのは、なにか気分ではない。

以前から音を立てずに掃除するときのために箒とちりとりはもっていました。
それで箒で掃いてみたら、シャッシャッと箒を動かすその行為がとてつもなくしっくりきました。
断捨離アンの方が箒とちりとりを紹介されるのをみて、ふーんと思っていたのですが、こういうことかと。
箒で掃くという行為は、なにか心まで掃き清めるようなすごく清らかな行為のような気がします。

断捨離する前も箒は使っていたけれど、ここまでしっくりきた気分になることはなかったです。
スピリチュアルな感じさえする掃くという行為。
こんな気分になるなんておもしろすぎます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

断捨離のおかげ [断捨離・片付け]

断捨離だけではないですが、以前の私からすると考えられない頻度で掃除することができているのは以下の方々のおかげなんだなと思いました。
はじまりは物の多さに嫌気がさして、自分なりに進めようとしていたのですが、その手引きとして参考にさせていただいた方々。

こんどうまりえさん
金子由紀子さん
やましたひでこさん
ドミニック・ローホーさん
ゆるりまいさん
断捨離・ミニマリストのブログ、トラコミュの方々

この方々のおかげで、今のすっきりした暮らしがあるんだなと思います。

掃除機は週に2回ぐらいはかけていましたが、シンクを拭くのは46年間やったことなしという人が、今では朝晩2回も拭いて、さらに流れで洗面台まで拭けるようになりました。
午前中しか掃除する気力がないーなんて言っていた人が、パートが終わって帰ってきてからでも、ゴミが気になると掃除機をかけれるように。
玄関のたたきはこの前掃いたのはいつだったかというぐらいだったのに、週に3回ぐらい掃けるように。
夕食の食器を次の朝洗うくらいだった人が、その日のうちに洗えるように。

ものをどんどん減らしていると、ふと私間違ったことをしているんじゃないだろうかと思うことがあったのですが、こんなに掃除できるようになったのだから、間違ってはいないのだろうと思います。

余分なものを減らして風通しを良くしていくことってすごいなと思います。

ところでしかし、この断捨離パワーは主人には伝わらないようです。
雑誌などいくらかは処分してくれましたが、高価な使わないものを思いきって捨てるというのは主人には大変難しいことのようです。
加湿器チャイルドシート、ベビーシート、室内ベンチ、回る椅子2脚、光量の暗い北欧の照明ダイニングテーブル
今の暮らしでは不要になってしまったのですが、さっくり捨てることができないらしく、当分の間同居することになりそうです。
手放した後に、必要になるのがいやなんだとか。
「断捨離 あふれさそ」というどなたかの記事を読みましたが、その通り。こればっかりは、端からやいやい言っても届かないんでしょうね。
自発的に捨てる気持ちになるまで、あふれさそ。
自分自身も自発的に減らしたいという気持ちになってやっとできたことだから、やいやいいうのは禁物なんですよね。いいたいけど。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし


前の10件 | - 断捨離・片付け ブログトップ