So-net無料ブログ作成
検索選択

トップス6枚、ネックレス5本 [Fashion]

5月19日あたりから頭痛、喉痛、せき、痰に悩まされています。
頭痛は1週間ぐらいでなくなったものの、せきと痰がいまだに続いています。
いまごろ咳をしている人ってほとんどいなくて、ひとりパート先でごほごほやっています。
原因はいったいなんなのかなあ。

いまいち体調が悪い上に、どうにもこうにも面白いことがみつからなくて困っています。

クロスステッチをしていたのですが、1インチに25カウント、すなわち1目1ミリというのをやっていたら、目が悪くなって裸眼で運転がしづらくなってきました。
クロスステッチをやめてしまったらなんにもやることがなくて、やめたくなかったのですが、目があまりわるくなるのも困るので、今はやめました。
そしたら視力はもどってきました。

どうにもこうにも面白いことがないので、ちょっと服でも買って気晴らしと思ったら、久しぶりすぎてちょいと爆発しました。
というのも10月に2枚買って、3月に3枚買ったっきりずっと買ってなかったのです。
しかも3月の2枚は失敗で捨ててしまったし。
買ったものは実用性の高いものであまりわくわくしないものが多かったのです。

というわけで5月末から、2日おきぐらいにトップスばかり6枚買いました。
それからネックレスを5本。4本は同じ型の色違い。
トップスもネックレスもすべてHusHusH。というはまりっぷり。

http://store.world.co.jp/s/brand/hushush/ladies/

その他
アイシャドウ ルナソルのスキンモデリングアイズ
ETVOS ミネラルブロンズグロウ
マリーアントワネットのアイライナー ダークブラウン

節約ばかりしてなにかもう疲れました。
あまりアクセサリはつけないタイプだったんですが、シンプルな服にものたりなさを感じてきて、これからはネックレスで遊ぶのも新しいステージに来た感じがして面白いです。

HusHusHのトップスは2990-3990ぐらいで手頃なんですよね。
ネックレスも1700ぐらいだし。

今月は赤字だけど、新しい服を買うとちょっと気が紛れます。

NHK「助けて!きわめびと」政近準子さん [Fashion]

NHK「助けて!きわめびと」政近準子さんが出演される番組がおもしろそうです。
5月9日、16日の二回の放送で、残念ながら1回目は見逃してしまったんですが、2回目は16日土曜日の朝9:30からです。

http://www4.nhk.or.jp/kiwamebito/
http://mrs.living.jp/feature/topics/1887027

「一度でいいからキレイといわれたい」という相談者をどう変えていくのか。

相談者さん、悪くない顔立ちなのに、髪型のせいで白髪が目立ち、おしゃれをあきらめちゃっている感じでした。
髪形を変えると、それだけでだいぶ明るくなりそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=Mbsr4SfUmLU
ありがたいことにYoutubeにあげてくれてるひとがいました。
でも音声がきこえないー。もやもや

素晴らしい人材が有名になる前は、ダイヤモンドの原石に例えられたりします。
自らを磨かないで、原石のままでいるひと、それどころか苔をわざわざまとってみたり、自らどろだらけになったり、転げ回って傷つけまくったり。

兄弟、姉妹で比べられるのは、ものすごくよくあることで、どの兄弟姉妹もそこから逃れられる人はいないけど、傷ついたことに対応するやり方はいろいろだなと思いました。



おしゃれの基礎 [Fashion]

おしゃれから遠く離れたところからはじめるにあたっての、自分なりのまとめです。

1.鏡の自分をしっかりと見る

2.きちんとブラを着ける。
 小さい場合は、パッドありのものをつけてボリュームアップ
 大きい場合は、寄せてあげる

3.そこそこにおしゃれなヘアスタイルにカットしてもらう
 年がいくとトップがぺったりしがちなので、トップをたちあげるようにスタイリングする。
 ストレートだと顔立ちによってはさみしくなりがちなので、すこしカールっけをつける

4.「いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜだかおしゃれに見える」山本あきこ著を読む
 ベーシックな服を買うように心がける
 ベーシックな服だけではシンプルすぎるので、小物で味付け
 プラスみひろぎさんの本を読む

5.ファッション誌を月に1冊は買う
 おしゃれから遠ざかりすぎないように月に1冊は買うこと

***********

「いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜだかおしゃれに見える」
これを読んで、だいたいわかったような気がしました。
着こなし関係の本をいろいろ読んできたけど、ファッションを勉強するのはもういいかなという気持ちになりました。

にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村

タイプ分けいろいろ [Fashion]

雑誌を見ていて、雑誌には「こういう服は背が高くてほっそりした人に合います」なんてことは前の方のページには書いてない。
中頃の弱点克服的ページに、こういう体型の人はこのブランドデニムが合うよ的なことが載っている。

提案された服が自分に合うかどうかという視点は、最近まで持ったことがなく、お手本をそのままなぞる、それがおしゃれするということだと思っていました。

でも政近準子さんの「素敵の法則」を読んで、もっと自分らしさを考えなくちゃダメだと思いました。

いままでに知ってた人のタイプ分けとしては

背の高い、低い
痩せている、太っている
肌の色、目の色、髪の色などから考えるパーソナルカラー
骨格診断

などです。

パーソナルカラーは代表的なものは4タイプとそのミックス
スプリング、サマー、オータム、ウィンター

骨格診断は3タイプ
ストレート、ウェーブ、ナチュラル

こういうのも手がかりにはなるけど、そのひとらしさをみつけるには、ざっくりしすぎているかもしれない。

政近さんのでは8タイプとそのミックス
ノーブルフェミニン
キャリアクラシック
マニッシュクール
アジアンスマート
アクティブキュート
ニュアンスボーイ
ワイルドシック
エキゾチックセクシー

このタイプ分けだと、自分らしさをみつける手がかりになるような気がします。

政近さんのパーソナルコーディネートファッションレスキュー」ではもっと細かくそのひとらしさをみつけてもらえるようです。
http://fashion-rescue.com

にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村

その人らしさ [Fashion]

ただ流行の格好をするのではなく、なにかその人らしい格好をすることが大切なんじゃないだろうかと思ったのがこのスナップです。

http://zozo.jp/magazinenews/?mnid=769

1枚目の方はこの人の持つ雰囲気に合っていると思うんです。
赤リップも似合っている。

三枚目の方は、チェスターコートで、太めのパンツで流行アイテムだけど、この人には似合っていないと思うのです。
こういうノーブルな正統派の美人さんはこういうチェックも、こういうパンツも、こういうサンダルも、こういうバッグも全部合わない気がする。
この人にはもっとはまる格好が別にあると思いました。
この人の美しさをもっと引き立てる格好があるんですよね。
だからこういう格好をしちゃってもったいないなと思いました。

吉瀬美智子さんが先日番宣ででておられたときの格好が、白いノースリーブのブラウスだったのですが、とても似合っていました。
いかにも上質そうな白いブラウス。
シンプルで美しい形のブラウスで。

NHKの団塊スタイルの風吹ジュンさんも似合っていました。
http://www.nhk.or.jp/dankai/bangumi/num154/index.html
赤いゆったりしたワンピースなのに太って見えない。
このワンピース欲しいです。
しかもそれをわざと後前に着用されてたけどあってた。
コロンとしたボールが2個付いたネックレスもおもしろいし、服に合ってるんです。

番組中のなんでもロールアップ、なんでも袖捲りっていうのはなにか違うような気がします。
確かに出てきた方は、袖の長さが長すぎたので、そうなったのだと思いますが。

banner_ad_koudansya.png
風吹ジュンさんこれもかわいいです。

私が着ていけるところはありませんけどかわいいな。

にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村

普通でいく [Fashion]

おしゃれな格好をしたいけれど、自分はもうちょっと普通でいいかなと思いました。
古臭くない程度であればいいかなと。

流行のサイクルがすごく短くなっている気がする。
今年流行ったものは来年は無理な勢いを感じます。

いろいろ雑誌を見たりしているうちに、ホワイトのゆるシャツが気分になり購入したものの、なかなかあたたかくならず出番がありません。
あたたかくなりだすとすぐに暑くなって、出番があまりないかも。

ホワイトのクロップドデニムと、9分丈先細りのブラックサテンパンツ、サーモンピンクの薄手ニットなどをこの春は購入しました。

ファッションに興味のない期間があると、いざなにか買おうとしても何を買っていいかさっぱりわからなくなりますね。
積極的に取り入れなくても、ときどき情勢を知るぐらいの気持ちで、あまりファッションから離れないでいたほうがいいかもしれないと思いました。
慎重にウォッチングして、遅れないようにすこしだけ取り入れる。
側からみると普通にしか見えないかもしれない。それでいいかな。

レザーアイテムも今はシンプルなライダースがよく雑誌に載っているけど、ずいぶん前はテーラードのレザージャケットがミドルエイジには流行りだったんですよね。
ライダースがくるなんて思いもしなかった。
テーラードのレザージャケット買っておけば、ずっといけるんだとその頃は思ってました。
今ゾゾタウンで検索をかけてもレディースにはほとんどない。
ヤフオクにはいっぱいあります。
ライダースも気分じゃない時がくるんでしょうね。
ほどほどに今を追いかければいいかな。

にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村

バッグの流行振り返り 1990〜 [Fashion]

私が大阪で就職したのが1990年。
そこからの記憶になります。

ヴィトンのボストンバッグ
スピーディ.jpg
キーポルとかスピーディとか

ヴィトンのモノグラムノエ 巾着型
ヴィトンーノエ.jpg

プラダのナイロンバッグ

グッチのバンブーバッグ

雑誌JJにはよくカルロス・ファルチのポシェットも出ていました
検索するとショップチャンネルで2008から2014年も販売があったようですね。
カルロスファルチ.jpg

ヴィトンのエピシリーズの発売
ここでも巾着型が人気でした。
ヴィトンエピ.jpg

MCMのボストンバッグ
MCM.jpg

そして仕事が忙しくなり、結婚して子供を育てている間のことはよくわかりません。

そしてずっと飛んで、クロエパディントン
クロエ.jpg
これすごく欲しかったんですが、12万円ぐらいしていて買えず。
2007年の知恵袋にクロエのパディントンは流行遅れですかという質問があり、2003年ごろから知られたそうです。
http://chloe-harbor.com/paddington_bagq.html


それから
I'm not a Plastic Bag アニヤ・ハインドマーチのエコバッグ

http://mickey.828.girly.jp/?eid=604250
こちらのブログに詳しいです。その時の雰囲気がよくわかります。

DEEN&DELUCAのエコバッグも関西に店舗が出来る前に持ってた人多数

コーチのモノグラムバッグ
アウトレットが近くにできてから、幼稚園ママさんの間でかなり所有率があがりました。

バネッサ・ブリューノのスパンコールトートバッグ
vab-40412.jpg

こうして振り返ってみると、バッグをなるべく長く持ちたいなら、話題のバッグを買っちゃダメってことがよくわかります。
ついふらふらと欲しくなったりするんですけどね。

アメリカンアパレルのシティバッグも欲しかった。

私は結局どれも縁がなかったです。
石橋をたたいてたたいて渡らずじまいってところでしょうか。

最近ショッピングモールで見るのは、キャンバストートを持っている人が多いです。
どこのメーカーともわからないような感じの。
カジュアル化の波なんでしょうか。
かっちりしたバッグはあわせづらいです。
レザーでもシンプルなトート型にひかれます。
かっちりしてなくて、くたっとなりそうな感じの。

ヴィトンでもトート型ならいけそうだけど。

有名ブランド物は高いけど、2、3年の命なんでしょうか。

にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村

ホットロールブラシ購入 [Fashion]

hotrollblush.jpg

CREATE ION クレイツイオン ホットロールブラシ エブリィ 18mm CIRB-R05PRO
を買いました。

コテを持ってはいたんですが、熱くなるのに時間がかかるし、やけどしそうだし、直径が太くてうまく使いこなせていませんでした。

パーマもいやで、カラーもいやで、ストレートだとどうもなにかしょんぼりしてきました。
これはちょっとカールっけを出す必要があると思って検索していたら、ホットロールブラシという商品がいつの間にか登場していました。

いままでのコテと違って、ブラシ部分が熱くならないので、手を添えられます。
そして太さもショートには細めの方がオススメとのレビューを読んで、細めの18mmを買いました。

しっかりカールしたい人は、いままでのコテの方がいいという方もいますが、なんとなくのニュアンスをつけるとか、ふんわりカールなら、ちょっと巻くだけでも随分変化しました。
ちょっと立体的になったような気がします。

にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村

上西議員のチーク [Fashion]

usnishi.jpg

チークってほとんど入れたことがないし、入れても目立たない程度にほんのすこしで、チークはどれぐらいいれたらいいのかわからない状態でした。
上西議員の姿を見て、これくらいはっきり入れたほうがかっこいいなと思いました。

若い子がおてもやんのように、目の下あたりにまあるく入れてるのをよくみましたが、
大人はほほ骨にそって横にひくのですね。なるほど。

にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村

大人のメイク [Fashion]

かぶれやすい肌のため、長い間化粧できないでいました。
化粧したいと思っていろいろ買うんだけど、かぶれてきたり、かゆくなったりで。

ミネラルファンデが登場してようやく肌になにか乗せることができるようになりました。

それも日焼け止め目的で、積極的にメークしているわけではありませんでした。

アイライナー、ビューラー、マスカラ、つけまつげなども買ったけど、目の周りかゆくなるし、つけまつげはうまくつけられないし、涙目で黒くなるし。
ラメ入りのアイシャドウは目に入ってかゆくなるし。

チークがこれまた痒くなる。
またチークの位置にシミがある若いママさんがチークをやめないでいるのを見てこわいなとおもったりで、チークもほとんどつけず。

唇がべたべたするのがいやで行事の際にしかつけなかったり。

そんなこんなで、日焼け止め目的のミネラルファンデと、アイブロウ程度しかやっていませんでした。

だけど加齢により、どうも鏡の中の自分を見るとなんだか残念に思うことが多くなって、化粧の力を借りる必要がでてきました。

otonanomake.jpg

「だれにも聞けなかった大人のメイク再入門」と「40歳からの若見えメイク塾」を買いました。
偶然にもどちらもSayというメイク塾のかたの本でした。

「40歳からの若見えメイク塾」の浅香純子さんは、RMKの商品開発&PR,SUQQU,CHICCAの立ち上げをされた方だそうです。

これらの本を読んで、ダメっていわれていることをけっこうやっているなあと思いました。

たとえば、白めのファンデを選ぶ、チークをつけない、濃い口紅をつける、などです。
これはやっちゃだめなこと。

それから化粧しすぎると、どんどんきれいから遠ざかること。
塗れば塗るほどきれいから遠ざかる。
かといってすっぴんできれいかというとそうでもない。

ポイントを押さえて、上手に化粧しないとだめってことですね。

年配の方の肌を見ると、マットな方が多いなと思っていました。
もっと薄づきにして透明感をだしたほうがよさそうです。
かといってパールをのせすぎてもいけないらしい。

口紅ももっと軽くつやをだしていったほうがよさそう。
ベージュ過ぎてもいけないし、華やか過ぎてもいけないし。

にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村