So-net無料ブログ作成
検索選択

一部でブログが見られなくなっていた件について [その他]

昨日自分のブログが見られなくなってしまい、内容からアカウントの停止を食らったのかと思いましたが、編集作業はできるのでそうではないようだと思い、いくつか記事を削除していくと正常に表示できるようになりました。

たぶんコピー元の記事でHTMLコードが見えている状態のものがあったので、それが原因かなと思いました。

自分からは見られない間も、閲覧カウントがカウントされていたので、見られる状態のところもあったのではないかと思います。

繋がらなかった方、ご迷惑をおかけしました。

久石讓 in 武道館 [その他]

久石讓 in 武道館
https://www.youtube.com/watch?v=cWV74hvkuLY

youtubeの龍笛をみていたら、こんな素晴らしいものを発見。
オーケストラでジブリ音楽を演奏されています。

It makes me wanna cry even I don't know all the songs in it. This man is really a magician.
というコメントにもあるように、聴くと泣けてくる。まさに彼はマジシャン。

吹田市保育所足りないのは大規模マンションが原因のひとつ [その他]

「保育園落ちた 日本死ね」の言葉の過激さがきっかけとなって、保育所の増員が各所で行われているようですが、日本全体の子供の数はわずかな増減はあっても減少傾向にあります。

人口増加の吹田市は、保育園が非常事態・・・です。
http://suitaweb.net/articles/人口増の吹田市の保育園/

そんななか吹田市で人口が増加しているのは、千里ニュータウンの再開発とそれにともなう大型マンションの建設だそう。

いまは保育所がたりなくても10年もすると、子供の数はまた減ってくる。

だから正職員は増やせない。
保育士の待遇改善といっても、保育士を増やすと10年もすると不要な保育士がでてくる。
非正規の職員で子供の人数増加に対応するのがベター。
一時的な増加なのだから、建物を増やしたらあとが大変。
子供の定員を増やすと、保育士の目が行き届かなくなるし。

小学校中学校も次々にあふれだすのかな。
それともニュータウンができたときに、小学校中学校は整備されているだろうから、そこは足りるのかな。

そもそもこの人口増加の原因は、千里ニュータウンの再開発とそれにともなう大型マンションの建設なのだから、
大規模マンションの建設規制をかけるなどして、人口のコントロールを図るべきだったのではないでしょうか。
それが行政のやることなんではないでしょうかね。

欧州難民問題の原因はアメリカ [その他]

欧州が押し寄せる難民の対策で、大変なことになっています。
住み慣れたところを離れて、体一つと自分で運べるだけの荷物を持って逃げてくる。ほとんど手ぶらの人もいる。
住むところもなくなり、食べるものもない、そんな人たちを助けたいと思うメルケル首相に共感します。
だけどあまりにも難民の数が多すぎて助けきれない。

欧州難民
11月末までにドイツ入国96万5000人
http://mainichi.jp/articles/20151209/k00/00e/030/218000c

毎日新聞の表を見ると、これ以前にも1992年のボスニア紛争でも難民が多かったようで、すでに難民が多くいるところで、100万人もの難民を受け入れると大変なことになりますね。

ドイツの人口は8200万人で、日本よりも少ない。
そんな状態で100万人もの人を受け入れているなんて。

助けたいのはやまやまだけど、もし日本が100万人受け入れるとすると、やっぱり躊躇します。
そのひとたちに住むところを用意し、食べるものを用意し、言葉の教育なども施さなければならないしで大変すぎる。

難民がもといたところに戻れるようにするのが一番いいのだけれど。

そもそも難民がなぜ発生したかというと、原因はアメリカだと思うのです。

難民の影響より、何故、原因(アメリカ政府の責任)は問われないのか?
http://ameblo.jp/ukikusatazu2011/entry-12088966169.html
これ程多くの難民が発生したのは米軍のリビアとイラク攻撃、そして4年前から続く米軍のシリア攻撃(アサド政権転覆という国際法無視の暴力)

ドイツが原因でないのに、地理的な要因でドイツが不利益を被っている。

アメリカ恐ろしいですね。

メルカリくじで得た10円分ポイントの期限が3日の件 [その他]

ときどき不用品をメルカリで売っています。
いまCM記念メルカリくじというのをやっていて、総額2億円分のポイントプレゼントです。

上はA賞毎日1名 10万円ポイントで、末等はF賞毎日50万名に10円分ポイントプレゼントです。

ここ最近2回やってみて、10円ポイントを2回ゲットしましたが、その期限が3日間なのです。
3日経つとなくなってしまうのです。

このポイントを有効活用しようとすると、買い物するしかありませんが、メルカリの出品物は最低金額300円なのです。

そしてお買い物すると、1割がメルカリの利益になります。
だから300円のものを客が買うとメルカリは30円のもうけになる。

メルカリは10円分ポイントを発行して、客が300円のものを買うと、メルカリは30円得る。差し引き20円のもうけになります。

では3日間毎日くじをひいて10円ポイントを3回ため、それで300円のものを買えば、メルカリに利益はいかないけど、私の財布からは270円減る。

300円のものはあまりないから、1000円のものを買ったとすると、100円がメルカリにとられ、100円ひく30円=70円となり、メルカリは70円のもうけ。
これではポイントを使わないほうがお得。

50万人に10円分のポイントを発行して、そのうち何人がポイントを利用するんでしょう。

A賞の10万円分ポイントの有効期限は何日間なんでしょう。
ポイントは換金できないので、あたったら、必死で買うものを選ぶことになりそう。

なわけで、売るのがメインであまり買わない私には、10円分のポイントをもらっても、さっぱり使い道がないのでした。

「メガバンク「国債資格返上」で国家予算が組めなくなる!?」 [その他]

メガバンク国債資格返上」で国家予算が組めなくなる!?
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4428.html

メガバンクが国債を引き受けなくなると、国家予算が組めなくなる。
それではいけないので、政府から直接、日銀が買いとる「財政ファイナンス」を実行することになる。
定石通りなら間近いなくインフレになる。

平成28年度一般会計予算(平成28年3月29日成立)の概要
http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/002.htm

安倍晋三は、年金運用の結果は、参院選が終わった7月29日まで発表しないという。
公的年金の15年度運用成績、参院選後に発表か GPIF
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS31H3F_R30C16A3EE8000/
野村証券の西川昌宏チーフ財政アナリストは「5兆円台の損失が出る」と試算する。

定年後は退職金と年金しか頼るものがないのに、減らされたんではたまったものではありません。

参院選は自民と公明以外にしないと。

だけど日本の財政赤字をどうやって立て直したらいいんでしょう。





「貧困大国アメリカ」 [その他]

堤未果さんの「貧困大国アメリカ」を読んでいたら、日本の方がまだ全然いいんだと気付きました。

ひとつは国民皆保険制度です。
日本では国民全員が健康保険料を払い、窓口では2、3割負担で済む。
アメリカでは個人で保険会社と契約し、保険会社がOKをだすところまでしか医療を受けられない。
盲腸手術とかでも高額な支払いになる。

二つ目は公立学校が企業の宣伝活動にさらされてないこと
アメリカでは公立学校が予算不足のために、小学校内にソフトドリンクの自動販売機をおいてメーカーは学校にお金を払ったりしているそう。
2013年には高カロリーなものを含まないように規制が始まったそうですが。
http://irorio.jp/hinakomoriyama/20130204/46000/

アメリカのある小学校では無料で小学校にテレビを設置する代わりに、CMを一定時間見るように契約するとかもあったり。

小学校の給食も、日本では栄養バランスを考えられたものだけど、アメリカでは多くは冷凍食品やピザチェーンやハンバーガーチェーンのメニューを受け入れて子供たちに食事を提供しているそうな。
野菜不足は間違いないですね。

なにもかも宣伝広告にさらされているんですね。

学校が狙われているのは、日本もそうだけど。
日本でも紙の教科書の代わりにタブレット導入の話があるそうですが、絶対やめたほうがいいと思います。
お金がかかりすぎる。
目が悪い子すなわちある意味身体障害者が増える。
落として破損がおきやすい。

日本の小学校は、まだ企業の宣伝が少ないと思うけれど、それでも乳製品メーカーがなんとか教室をひらいたり、洗剤メーカーがキレイキレイとかの無料サンプルを配ったり、はいりこみ始めているのですよね。
要注意です。

アメリカに比べると全然マシだけど、うっかりしてるとどんどんはいりこまれそう。


「2020年東京オリンピックが開かれない」? [その他]

おもしろいブログを知りました。

http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4383.html

本当なのかあやしいのか判断できないけど、ほんとらしく思えます。

難しすぎて全ては理解できないけど、以前からTPPが批准されれば日本の農業だけでなく、保険会社や銀行も無傷ではすまないだろうなと思っていました。

ここに書かれていることが本当になるとすると、
2020年東京オリンピックが開かれないー>スタジアムや選手村やインフラを整えたけどお金が入ってこないー>いろいろあって経済崩壊
てことになるんでしょうか。

「気晴らし」にすぎない? [その他]

今日の朝日新聞に
人が熱中する仕事も学問も遊戯もみな、「自分」という存在の空しさに向き合わないで済むよう、意識を絶えず他のものへと散らしておくための「気晴らし」にすぎないと、パスカルが「パンセ」の中で書いていたと載っていました。

それはパスカルの考えであって、実はそうではないと思いたいけれど、今はそれが納得できるくらい面白いこととか夢中になれることがない。

世の中の人はいろんなことに夢中になっている。
雑誌に載っている流行の服を追いかけてる人、ジャニーズに夢中になったり、エグザイルに夢中になったり、
野球場で応援したり、宝塚の人を応援したり、お金儲けに夢中になって株をやったり、FXをやったり、不動産投資をしてみたり、パチンコやったり、カジノをやったり。

夢中になれるものがあっていいなと思う。

流行の服を買うと、廃れた時に着られなくなってしまうことがわかって、流行の服には手を出さなくなった。
というか流行の服を着ている人を、おしゃれな人と認識するより、流行アイテムを身につけているメディアに流されやすい人と思うようになってしまった。

株式投資をはじめようと考えていたけれど、一生のトータルでプラスが出せるかというと出せない気がして手を出さずじまい。

ビデオを借りても、なかなかじっくり2時間腰を据えて見る時間と気力がない。

本当にしたいことは、美術館にいったり、おもしろい地層を見に行ったり、それでまた勉強したりしたいのに、子供のいきたいところにつきあって、みたくもないものを見たり、いきたくもないレジャーランドにばかりいっている。
でもそうやって子供につきあうのもあと5年もないのかもしれない。
だったら腰を据えて、子供の行きたいところにいったほうがいいのかな。

将来お金が足りなくなるのが不安で、なるべく新刊で本を買わないようにして、図書館利用もしくはブックオフかアマゾンかで買い、映画館で映画を見るのは年に1回あるかどうか、ツタヤは高いのでゲオにいく。
家族5人ではファミリーレストランがやっと。

考えてみれば自分がすごく面白くて夢中になったのは、ほんのちょっとチャレンジングなこと。
20160502-1.jpg
hardanger Ivory Brush
http://kusunoki-456.blog.so-net.ne.jp/2014-06-30

20160322-1.jpg
cross stitch Medieval Town Mandala
http://kusunoki-456.blog.so-net.ne.jp/2016-03-22

20160502-2.jpg
Knitting Wisdom of Dragons
http://kusunoki-456.blog.so-net.ne.jp/2013-07-03

夢中になれた日々はとても楽しかった。
こんなふうに夢中になれるものがみつかるといいけど、それまではなにかで気晴らししないと。

「日本の奨学金はこれでいいのか!」 [その他]

「日本の奨学金はこれでいいのか!」という本を読みました。
サブタイトルは「奨学金という名の貧困ビジネス」とあります。

国立大学の授業料が高くなっていっている。
例えば1969年は年間12000円、入学金は4000円だった。
私が入学した1986年で、年間26万円ほど、入学金は10万ちょいでした。
2015年は、54万円、入学金は28万円。初年度納付金は82万円にもなります。

高卒で働けばいいじゃないかというが、高卒の新卒者求人数が少なくなっている。
1992年に170万人だったところが、2012年度には20万人になっている。
高卒で働くにも正社員の求人が少なくなっている。

以前は奨学金を借りても教職に一定期間つければ返済を免除されたが、その制度がなくなっている。
そのため現在の教員は、以前に比べて貧しくなっている。

利子奨学金の貸与人数は1998年から2013年度まで40万人前後で大きな増減はないが、有利子奨学金の貸与人数は1998年の10万人から2013年度の100万人と大きく伸びている。

奨学金を貸すことが大きなビジネスになっている。

奨学金を借りる額が大きくなっている。
月に10万円以上借りている人も。

奨学金の返済はとてもきびしいようです。
とくに返済が滞ると、延滞金が発生し、その額がこれまた大きい。

大学を卒業し、8年以内30歳までに結婚する人が多くいるが、返済期間は15年以上あったりする。
返済猶予を5年とってもらうと、自分の子供が大学に行くときに、自分の奨学金返済が終わってない事態になったりする。

奨学金という借金があることが結婚の妨げになっているケースが多くある。
夫婦二人とも返済があると、かなり大変になってくる。
とくに女性は妊娠出産育児時は、ほとんど働けない。

大きな額を借りている学生は返済の大変さをあまりわかっていないのではないかと思ってしまいます。

借りなければ大学に行けないのだとしたら、なるべく少ない額にしないと後が大変になりそうです。