So-net無料ブログ作成
検索選択
買い物*** ブログトップ
前の10件 | -

もったいない心のせいで買い物依存に? [買い物***]

断捨離し始める前の私は、まだ使えるものを捨てるのがもったいなくて、
スーパーのビニール袋、もらったポケットティッシュ、一度使用した割り箸、コンビニでもらったプラスティックスプーン、ホテル歯ブラシセットシャンプーなどアメニティなどを捨てることができずに、たくさんためていました。
もう捨ててしまいたいと思いながら、でももったいないし、いつか使うかもしれないと思って捨てることができないでいました。

そして擦り切れた衣類もなかなか捨てることができずに、見えないものなら、いつまでも着ていました。

でもあまりにも多くなり、その多さがひどく苦しくなって、捨て始めました。
以前は使えるものを捨てるなんてことは到底できないことだったのですが、今回はもうさっぱりと捨てられました。
いつか使うかもの「いつか」はこないってはっきりわかったからでした。

もらった食品、でもあまり食べたくないものも捨てられました。
もう食べたくないものを無理して食べて処理する必要はないんだと。

スーパーのレジ袋を段ボール2箱分ぐらいおいていたのですが、こんなに必要ない、使いきるまで全部とっておかなくてもいい、5枚ほどストックがあれば十分まにあいます。
歯ブラシも5本ストックがあれば十分。

もらいもののタオル、もらいものの食器もあるんだから、これまでそれらはほとんどもらいもので済ませていました。
でも気にいるものは少ない。
食器を買うことがあっても節約第一で選んだものは、愛情ももてなくて、うれしくないもの。

使い古したタオルを捨て、食器やタオルを新しく自分好みのものをそろえ始めています。
お気に入りのタオルがあるだけで、トイレに行くたびにうれしくなる自分がいます。

金子由紀子さんの「持たない暮らし」を読んでいます。
その76ページから、「毎日使うものにはこだわってみよう」と書かれています。
節約を考えるともらいもので済ませられるものは、済ましてしまいがちですが、そこをあえて自分の好みのものをこだわって買うことで、生活の質があがり、満足感がえられるということでした。

いいかげんなものに囲まれていると、なんとなくもやもやとした満たされない気持ちになるけれど、自分ではそのもやもやの原因がわからない。それが日々のストレスと一緒に蓄積していくと「通販カタログやネットショップで続けざまにものを買ってしまう」「バーゲンで入りもしないものを買ってしまう」という行動で発散させることになってしまうそうです。
私の買い物依存の原因はこれにもあったのかもしれないと思っています。

もらいものがあるのにわざわざ買うって、それまでの私にとってはとてつもなく贅沢なこと。
母が知ったらあきれて口がふさがらないでしょう。
母はタオルや食器はすべてをもらいものですませているので。

新品の使うことのないもらいものの食器を捨て、食べられるけどすぐには食べたくない食品を捨て、表に出ていたものをしまって、見えるところのものをなくしたときに、ものすごいすっきり感をあじわいました。

そうすると不思議なことにごく自然に掃除したくなって、何年もそうじしたことのないところを掃除し始めたのでした。

今では毎日キッチンのタイルを拭き、調理台を拭き、シンクの中まで拭き上げています。
夕食の皿を次の朝あらうくらいだった自分がです。
シンクの中まで拭くというやり方があることを中学生の時にはすでに知ってはいました。
シンクまで拭くと、あと使いづらいやんと思っていたのでした。
けれど実行したのは46歳になってから。
さっとふくだけで、ピカピカになるのですね。
まったくびっくりです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 買い物依存症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

買い物との距離 [買い物***]

食料品以外の買い物との距離をどうとるか。

理想的なのは、予算を守り、時間をかけて選び抜いたものを購入するやりかた。

だけどそんな理想的な距離の取り方はできそうもない。

拒絶するか溺れるか、どちらかしかない。

時間をかけて、あれこれ吟味している間に、どんどん欲しいものがでてきてしまうに違いない。

だから拒絶するしかない。

ずっと服や靴などに対する感覚を遮断している。

うっかり好みの服が見つかってしまわないように。

カタログはきたら捨てる、雑誌は見ない、メルマガは中を見ずに削除。
メルマガ登録を削除しに行って、うっかりいいものが視界にはいってしまわないように、削除にも立ち寄らない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 買い物依存症へ
にほんブログ村

クローズアップ現代 ギャンブル依存症 [買い物***]

クローズアップ現代 ギャンブル依存症を見ました。
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3582.html

いろいろ衝撃でした。
まず厚生労働省の研究班によると、日本のギャンブル依存症の疑いのある人が536万人。

うち女性は100万人。
成人男性の12人に一人はギャンブル依存症ということになるそう。

おそろしい数字ですね。

斬新だったのが、依存症本人ではなく、その母親を入院させていたことです。
入院中もお金くれとの電話がかかってくるけど、スタッフがアドバイスして断るように仕向け、
母親から息子を独立させるために、母親は家を売り、息子は資金が断たれて立ち直り始めるというケースでした。

依存症者にお金をあげたり、借金の穴埋めをしてやったりするのはいけないと、よく聞きますが、なかなか実際はしずらいもの。
スタッフの支えがあって、周りの人間の対応を変えていく。
かわいそうだけど、本人に責任をとらせるのが一番だそうです。
とても興味深かったです。

依存症になると脳がもう変化していると話されていたけど、そうすると私の脳ももう大根ではなく、たくわんになっているのかな。

いまは落ち着いているけど、なにがきっかけで再発しないともかぎらないし。
バッグは新しいの全然いらないし、肌着もきまったのを買うだけ。
いまあるのを着るだけでも何年もいける。
どうしても買わなくてはならなくなったら、主人に買ってもらってもいいかなとおもったりします。

ギャンブルやアルコールはやめれるけど、買い物はしないわけにはいかないと依存症の人はいいわけするけど、
服飾品の買い物依存の人なら、買い物の場に行かない、サイトを見ない、雑誌を見ないってだけでも十分やれると思う。
たぶん十分すぎるほど、服は持っていると思うから。

買い物しなくなって3ヶ月。
お金を使うのは一瞬だけど、貯めるのはものすごく時間がかかる。

1年ぐらい服や趣味のものを買ってないような感覚がする。

1日食費千円。
月に一回の外食が楽しみ。

http://matome.naver.jp/odai/2141623059147553301
こちらのまとめに書かれていることもいろいろおもしろい。
「ギャンブル産業は不幸を生み出す産業。
それこそ、囚人を集めて穴掘って、埋めて、穴掘って、埋めて、これを繰り返したら有効需要が生まれて仕事が生まれるという話と同じレベル」
パチンコを禁止にした国はえらいな。
素晴らしい指導者がいるんだな。
それにくらべて金儲けしか考えてない政治家ってどうなんかな。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 買い物依存症へ
にほんブログ村

お菓子代も節約 1日800円->200円 [買い物***]

買い物依存のときは、自分だけ好きなだけ服を買っていて、子供たちだけに我慢させるのも悪いので、お菓子代を結構つかっていました。

子供三人と自分の計4人に、一個100円ぐらいのアイスとスナック菓子または菓子パンをそれぞれ買うということをよくやっていました。
それだと1日800円ぐらいかかります。

うちはわりとがっつりお菓子を食べるほうなので、節約するようになってから
一斤100円の食パンとスナック菓子を1袋を4人で分けるようにしていました。
長男がさすがに毎日毎日おやつに食パンはやめてくれというクレームがはいったので、
スナック菓子2袋にしています。
食パンはおなかがふくれていいんだけどな。
今は4人で200円ぐらいにおさめるようにしています。

最近は服や靴はおろか、本や雑誌化粧品などなどまったく買ってないので、
クレジットの請求は綺麗なものです。
私が使った分はガソリン代と洗剤ぐらい。

以前は服に加えて、雑誌や本もかなり気軽に買っていました。
欲しいと思ったらすぐ買っていたのですが、ここ最近は基本的に買わずにすますという態度を貫いています。

こんなひとばっかりだったら、日本経済は冷えまくりですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 買い物依存症へ
にほんブログ村

買い物依存ー>懸賞生活へ [買い物***]

このあいだまで買い物依存だった私ですが、今は節約どけち生活にはまっています。

ハーゲンダッツが食べたいが、自分では贅沢すぎてどうも払いたくない。

考えた末に懸賞に応募することにしました。

懸賞生活をされている方ってたくさんいらっしゃるんですね。
毎日毎日たくさんの懸賞があって、それが趣味って方がたくさん。

買い物依存から、懸賞、言い方をかえれば乞食っぽい気がしないでもないものにはまるって、人としてどうなのかという気もしますが、買い物依存よりかはだれにも迷惑はかからないからいいかなと思います。
個人情報がだだもれになるんで、応募するのは大丈夫そうなところだけにしています。

なにか熱中するものがないとやっていけない性格。

ひまになったら、懸賞をさがしてみたり。

もしお金が当たっても、ものはもう増やしたくないので、普段食べそうな食品系をメインに応募してます。
ハガキで応募するタイプは、ハガキ代がかかるので、したくない。
買ったもののバーコードやレシートを貼って応募するタイプもお金がかかるからしたくないけど、当選確率はよさそうです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 買い物依存症へ
にほんブログ村

財布の中500円 [買い物***]

ただいま財布の中は500円です。
あれこれ使うことがあってこんなことに。
これで28日までやらなきゃならないところでした。

500円だけなら全然無理ですが、イオンの返金が2100円ほど入ってくるので、これでなんとか息をつけます。

使おうと思えば、外食用に残している5000円を使えなくもないのですが、手をつけると負けたような気になるので。
使おうと思えば、自分のパート代からも出せばいいし、言えば主人もお金をおろしてきてくれるだろうけど、これで頑張ります。

最近は財布の中には、その日に使ってもいい分千円か500円ぐらいしか入れないようにしてます。
あるとちょいちょい多めに使ってしまうので。
消費税分が思いの外多くなって、レジで返品して調節することも増えましたが、そんな恥ずかしいことも慣れてきました。
ちょっとお高めのスーパーだと店員さんも「これは買うのやめます」っていう処理に慣れてないけど、安めのスーパーは店員さんも慣れたもので、スムーズにやってくれます。
ま、あまりしないほうがいいですが。

買い物依存のときは、イオンモールだったら財布に2,3万、デパートだったら10万は入れてないと不安でした。
クレジットカードを使うと主人にばれてしまうので、あらかじめ貯金をおろして現金で支払ってました。

気に入った服を見つけたときに、買えないという状態が耐えられなかったのですよね。
明日買うとか考えられなかった。
売り切れて手に入らないかもしれないというのが、不安でしょうがなくて。
その場でATMでお金をおろしている間にも売り切れるんじゃないかとか不安で。

ユニクロでさえ一枚だけ買うということは寂しすぎてなくて、買うときは複数枚。
ユニクロでも2万はもってないといけなかったです。

そんな私でも、モードが変われば服を買わなくてもやっていける。
おもしろいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 買い物依存症へ
にほんブログ村

パート代71000円 [買い物***]

10月のパート代が支給されました。
71000円
そこから教育資金貯金3万
旦那にこづかい1万
ガソリン代5千円
これらをひくと、26000円しか残らない。

なんにも買わなくてもこれ。
すずめの涙くらいですね。
まるまる貯金する気でいるけど、この額では減った貯金はなかなかもとにもどらない。

節約もなんだか飽きたなという気がしますが、やめるわけにもいきません。

食費1日千円ではなんとかやっていけるけど、500円はさすがにきつくて無理っぽいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 買い物依存症へ
にほんブログ村
ポチありがとうございます

なんて多くの買い物依存症者が存在するのか [買い物***]

http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=5553057&id=75791797
買い物依存症から回復したい! トピック

mixiでみつけたトピックなので、登録しないと見れないかもしれませんが。

このかたは、主婦の方で、20年の買い物依存、自助グループに参加して13年。
大きな額の破産を3回。
一回破産しても止まらないんですね。

買い物依存の方をネットで探すと、こんなにもたくさんいるんだと驚かされます。

やめたいと思いながら買い続けている人。
借金ができたけど、または貯金が減ったけど、きっぱりやめれて、立て直している人。

28日の夫の給料日まであと9000円でやりくりしなくてはなりません。
そのなかから外食代5000円は残しておきたい。
そうすると後4000円で、8日間を過ごさなきゃならない。

米と、たまねぎじゃがいも、さつまいも、里芋は実家からたっぷりもらったので、ぎりぎりいけると思うけど。

財布にお金があると、少しづつでもオーバーしてしまうので、最近は千円だけ財布に入れるようにしましたが、ここからは500円だけにしないと。


死ぬまでここにいたいか [買い物***]

主人が住宅ローンをせっせと返してくれているけれども、死ぬまでここにいたいかと考えるとそうじゃないと気づいた。

新しく清潔で人工的な町。
ここは主人の仕事の足場。
ここで一生を終えたくはない。悲しいな。

鮭が生まれた川に帰るように、私が帰りたいところは生まれ育った家。
玄関から裏まで土間が続いている家。
リフォームして土間がなくなってしまったけど。
風呂にいくにも、トイレに行くにも、履物を履いていかなければならなかった。
台所も土間で履物を履いて、調理しなければならなかった。
母が土間では寒くて冷えてつらいので、リフォームした。

土間があるときは、
そこでスイカを食べて、種は土間に出す。
毎朝母が箒で掃除してた。
土間の低い棚には、父が使う道具に混じって、マムシの入った一升瓶が入ってた。
裏の茶ノ木からつんだお茶を、むしろの上でもんだり、かまどでいったり。
大きな土間のある家は、夏は一歩はいると涼しかった。

隣の家が間近に見えるこの家で一生をすごすのかな。

理解できない人 [買い物***]

福袋を買う人
新年になると、福袋を求めての行列がテレビに映っていますが、私は福袋は買わないです。
中身がわかる福袋もあるけど、何が入っているかわからないものもあるし、いらないものまで欲しくないから。
買う人が理解できない。

楽天の買い回りをする人
期間中に楽天のお店10店以上でなにか買うとポイントがすごくつくらしいですが、
結果的にたくさんお金を使うことになるので、買わない。
そんなに買う物ないし。買うお店ってだいたい決まっているし。
これも買う人が理解できない。

なんだろう、クレジットカードを使うとポイントやマイルが貯まるからと、そっちを貯めることに一生懸命になってしまうのかな。

宝くじをたくさん買う人
宝くじをたとえ全部買い占めたとしても、当選金の総額は半分にしかならない。

http://camatome.com/2013/06/takarakuji-1tou-tousenkakuritsu.php
売り上げが最も大きいジャンボ宝くじの場合、1等を当てる確率は、1,000万分の1。
この1,000万分の1という確率ですが、東京ドームの収容人数を45,000人だとすると、東京ドーム約222個にひしめき合う人の中から1人が選ばれるのと同じ確率になります。

クラスの一人にだけジュースをあげると言われても、決してあたることのない私。
1/40としても無理なのに、1,000万分の1なんてあたる訳がない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 買い物依存症へ
にほんブログ村
前の10件 | - 買い物*** ブログトップ