So-net無料ブログ作成

アダムは930歳で死んだ [聖書]

聖書を読んでいると、登場人物が異常に長生きなのに驚きます。
しかし、アダムとイブの話でも、ノアの方舟の話でも、それがマスメディアに取り上げられる時、その年齢については一言もふれられません。

創世記5によると、死亡年齢は
アダム:930歳
セト:912歳
エノシュ:905歳
ケナン:910歳
マハラルエル:895歳
イエレド:962歳
メトシェラ:969歳
レメク:777歳

エノク:365年生きた。エノクは神と共に歩み、神が取られたのでいなくなった。(創世記5:24)

このエノクに起こったことは、宇宙人によるアブダクションであると考えることができます。

ノアが500歳になったとき、セム、ハム、ヤフェトをもうけた。(創世記5:32)
ノアが600歳の時、洪水が地上に起こった。(創世記7:6)
ノアは洪水の後350年生きた。ノアは950歳になって死んだ。(創世記9:28-29)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「地球の支配者は爬虫類人的異星人である」太田龍 2007年を読んでいたら、
太古より地球の支配者は異星人である。
宗教は異星人による人間支配の道具だった。
と書かれていました。

この本を購入したときは、そこまで理解できなかったけど、今はそうだと理解できます。

聖書の記述から異星人に関するすべての文章が体系的に削除された。
これはローマ・カトリック教会のニケア公会議(西暦325年)において行われたと。
ジョージ・C・アンドリューズの「異星人 友と敵」(1993年)に書かれていると。

先日の池上彰のテレビで、イスラム教、ユダヤ教、キリスト教の聖地はエルサレムで、それでまたもめているということでしたが、これで対立を作っているようです。