So-net無料ブログ作成

正しくあれというメッセージ [聖書]

「聖書外典偽典4 旧約偽典2」教文館のエチオピア語エノク書のところを読んでいて感じるのは、正しくあれというメッセージです。

天界にアブダクションされたエノクは、いろんなことを教えられる。
天使たちの堕落、巨人の誕生、天文学、暦法などなど。

そのほかに繰り返しエノクに伝えられるのは義しく(ただしく)あれということ。
聖書正伝にあるような割礼しろといったりするような変なことは要求しないのですよね。
ただ正しい行いをしろと。

悪人の霊魂は火に焼かれ、義人には祝福がまっている。
悪人の行いにより命を落としたとしてもその霊魂は祝福される。

「人類への警告」
https://www.youtube.com/watch?v=Ejxp5HnaA5I
罪人の魂が火で焼かれるビジョンを見たという話。

お金と正義とどちらをとるかを子供たちと話していて、子供達が、生きていくためにお金の方を取るといったので残念だなと思いましたが、安倍首相擁護の官僚の人とかはそっちの考えなんだろうなと思います。

死んでからしかわからないことがある、そんな気がします。
nice!(0)  コメント(0) 

高須クリニック院長のホロコースト発言について [ホロコースト]

高須クリニックの院長がホロコーストはなかったとツイートしていたことが話題になっています。

https://twitter.com/katsuyatakasu/status/654595726756876288

これはいったいなんの動きなのかな、ちょうちんあんこうのちょうちんなのかなと思いつつ、かみつきにいきます。

私も数年前、世界の裏側に気づくまでは、ホロコーストのことを信じていました。
だからそれがなかったなんて言う人に対しては、信じられないという思いでいました。

だって、学校でも、テレビでも、映画でも、小説でも、「アンネの日記」でも、「コルチャック先生」でも、「シンドラーのリスト」でも、ホロコーストがあった、ユダヤ人はガス室に入れられたかわいそうな民族ということを教えられる。
ホロコーストがなかったということは、自分たちが生まれてきてからずっと教えられてきたことが嘘だったということになる。
そんなことありえるはずがない。
だからホロコーストがなかったなんてことを言う人は、頭がおかしいとか、陰謀論にかぶれてるとかレッテルを貼って、済ましてしまう。

「新聞とユダヤ人」を読んで、世界を征服しようとするものたちは、メディア戦略を大変に重要視していることを知った。
第2次世界大戦前から、そのようなメディア戦略が取られ、AP通信なども支配下にあったことを知った。
そして日本人の中でも、そのような脅威について研究されてきたが、そのことはマスメディアには表れないことも。

そのときはじめて、もしかして「アンネの日記」はでっちあげなのではということに気づいた。
自分が教えられてきた世界が、壮大な嘘だったことに気づいた時は足元がくずれていくような気がした。
それに気づけるかどうかなのですよね。


https://mobile.twitter.com/TomoMachi/status/901908101497995264?p=v
町山智浩 @TomoMachi
映画『否認(原題)』でレイチェル・ワイズが演じたホロコースト研究家。ホロコースト否認派に訴えられて、裁判でホロコーストは事実であることを証明した。デボラ・リップシュタット: ホロコースト否定説の嘘に潜むもくろみ(TED)

以前に書きましたが、TEDのこの講演も彼らのやり方。
このような形式でなされる講演会でまさか嘘が話されるとはないだろうと思いがち。

「TED ホロコースト否定説」
http://kusunoki-456.blog.so-net.ne.jp/2017-07-13-1

NHKで、TEDで、マスメディアで堂々と嘘は広められる。

収容所に隔離されたのは本当だけど、ガス室はなかったのが正解。
nice!(0)  コメント(0) 

越国に天皇はいた? [歴史]

百済大井宮をつくった敏達天皇について調べていたら、ひっかかるところを発見。

敏達天皇(日本書紀)
https://nihonsinwa.com/page/1727.html
高麗の使者は欽明天皇即位31年に船で越国に流れ着いたとされる使者です。越国の道君は「自分が天皇なんだよね」と嘘をついていて、一悶着。結局、本物の天皇が用意した近江の相楽の館に滞在させていました。 ところが欽明天皇が即位32年4月に死亡。この事情を知らないでいた「高麗の使者」を敏達天皇はかわいそうに、と思ったようです。

高麗の使者に対して、国の道君が「自分が天皇なんだよね」と嘘をついたとありますが、もしかして本物の天皇は越国(福井、石川、富山あたり)にいた方だったりして、なんて思いました。
欽明天皇即位31年は、569年になります。
欽明天皇は第29代天皇。

20170828-2.JPG
角川日本史辞典の歴史年表を見ると
継体天皇は、「継体(応神5世孫)がからむかえられ、河内の樟葉宮に即位」(507年)とあるのですよね。
継体天皇は第26代天皇。

20170828-3.JPG
天皇の系譜を見ると、越からむかえられたとされる継体天皇は、応神天皇の5世となっていますが、その血縁関係ははっきりしません。
出自をごまかしている可能性がありそうです。
そして天皇の血筋は、越にいることがその時点では広く知られていたと考えられます。

https://nihonsinwa.com
このサイトは、古事記や日本書紀の口語訳を無料で公開してくださっています。
古事記や日本書紀にそんなことが書かれているんだと知り、大変におもしろいです。
少しづつみていきたいです。
nice!(0)  コメント(0) 

百済宮なんてのがあった [歴史]

ちょっと歴史のあれこれを調べるのに、必要だと感じて
「新版 角川 日本史辞典」1996年を購入しました。
これは付録が充実していて面白いのです。

ぱらぱらと眺めていたら、古代都宮表に、百済宮、百済大井宮なるものがあることを知りました。(P.1198)
20170828-1.JPG

平城京、平安京、長岡京、藤原京、難波宮ぐらいしか聞いたことがなかったのですが、全部で41宮もあるのですね。

天皇は、半島との縁があさからぬらしいと、歴史の裏を学び始めてから知りましたが、百済宮とはずばりそうなのですね。
百済人がたくさん住んでいたところだから、百済と名付けたとしても、純日本人なら百済村に宮を作りはしないだろうと思います。

このような宮があったことはメジャーなところではさっぱり伝えられないので、気づかないままでした。

百済大井宮は第30代敏達天皇、即位年は西暦572年
百済宮は第34代舒明天皇、即位年は西暦629年

角川日本史辞典(1996)によると推定所在地は
百済大井宮は河内国錦部郡
百済宮は大和国広瀬郡
となっています。

http://ryobo.fromnara.com/palace/p030-1.htmlによると
奈良県桜井市橋本51−16の吉備池廃寺が百済宮の有力候補らしい。
案内板には
「東西230メートル、南北280メートル以上の広大な寺域をもつ古代寺院。吉備池の南側で行われた発掘調査で大規模な金堂や塔の基壇が確認されたほか、回廊や僧坊、付属施設と考えられる建物群が見つかっています。これにより東に金堂、西に塔を配し、それらを回廊で取り囲む法隆寺式伽藍配置をとることが明らかになりました。このような大規模な伽藍から天皇の発願による最初の寺院であり、舒明十一年(639)に建立が始まった「百済大寺」の跡であると考えられています。」と書かれています。

かつて百済宮の候補地だったのが、
奈良県北葛城郡広陵町百済1168の百済寺だそうです。
地名が百済なのですね。

ほんとはどうなのか
歴史はミステリーですね。

nice!(0)  コメント(0) 

ノアは人間には似ても似つかなかった [聖書]

聖書外典偽典4 旧約偽典Ⅱ 教文社 1975年を読んでいます。
この巻には、ヨベル書とエチオピア語エノク書が含まれています。
訳者は村岡崇光さん。
そんなには売れないであろう、しかし重要な意味を持つ書を翻訳し、発行されるかたに感謝します。

聖書を読み始めた時は、聖書なんて、キリスト教なんて、人々を支配するためのツールだとばかにしながら読んでいました。
聖書外典や偽典などの存在を知り、読むようになると、こっちは清らかで信じられるように思います。

「これらの書が西方キリスト教会の主流に属さない教団の原語でしか伝承されてこなかったのは、主としてそこに含まれている神学、教義のあるものが、正典確定に至るまでの正統的教理になんらかの形で抵触するとみられたからであろう」と、はしがきには書かれています。

聖書正典のほうは、まゆにつばをつけながら疑いながら読まねばならないのだと思います。
なにが隠されているのかと考えながら。

以前にもノアの方舟のノアは950歳になって死んだと書きましたが(創世記9:28)、エノク書106には、ノアの容姿について書かれています。
体は雪のように白く、またバラの花のように赤く、頭髪ことに頭のてっぺんの髪は羊毛のように白く、眼は美しく、彼が目を開けるとそれは太陽のように家中をくまなく照らし、家全体が明るくなった。
ノアが産婆の手を離れて立ち上がると、口を開いて義の主を賛美した。
人間には似ても似つかず、天使たちの子に似ていて、とにかくつくりが尋常ではなく、私たちと違って眼はお天道様の傘みたいで、顔はキラキラ光っている。

エノクからの家系は
エノク メトセラ(メトシェラ) ラメク(レメク) ノア
という順番になっており、エノクは神に取られた(アブダクション)されたあと、一度戻って来て天界のことを子孫に伝えています。そしてまた天界に戻って行った。

ノアがこんな普通でない様子なので、父親のラメク(レメク)はびっくりして、おじいさんのメトセラ(メトシェラ)にひいおじいさんのエノクにどういうことか聞いてくれとたのみ、そしてそして地の果てにいるエノクのところにメトセラ(メトシェラ)が聞きに行き、エノクが答えているのですね。

どうしてこれが偽典とされたのか。
興味深いところです。

nice!(0)  コメント(0) 

日航123便の真実 日刊ゲンダイ [日航123便]

https://twitter.com/i/web/status/899892377690619904
KK‏
@Trapelus
血の気が引いた「日航123便墜落事故の真実」
実際、技術畑の遺族の中には同様の疑いを抱き、独自に調査を進めた人もいるらしい。大手メディアが黙殺したので、私自身を含めた圧倒的大多数が知らないだけである。

二極化・格差社会の真相 斎藤貴男(日刊ゲンダイ)
20170827-1.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皮膚の下に膿があることに、一部の人しか気づかなかったけれど、膿が皮膚表面に噴き出して来て、多くの人が気づいてきているのですね。
nice!(0)  コメント(0) 

政治が腐敗するに従い規則は厳しくなる [政治・社会]

先日テレビで海水浴場で決まりを守らない無法者がいて困るというニュースを流していました。

刺青禁止なのに来ている
タバコ禁止なのに吸っている
ブルーシートやビールのケースなどゴミを持ち帰らない
花火は夜9時までなのに9時以降も花火をしゴミを持ち帰らない

タバコを吸う人を注意している方々は聞いてもらえないので大変そうでした。

他者に迷惑をかける行為、ゴミを持ち帰らない、夜遅くまで花火をするのは、他の人に対する配慮や考えが欠如していると思うので、それはよくないのですが、刺青の人は遊泳禁止というのもどうかなと思うのです。

刺青の人だって海水浴したいだろうし。
正直なところ、刺青の人と一緒の海水浴場にはいたくないですが、だからといって刺青は入ってはだめというのも違うように思うのですよね。
温泉施設でも刺青禁止なのは、安心ではあるんだけど、刺青の人たちだってそういうところに行ってたのしみたいだろうなと思うのです。
もしかしたら何曜日かだけ、刺青OKの日を作るとにぎわうかもしれない。
従業員がいやがるかもしれないけど。

普通にまっとうに生きている人にとっては、刺青者に対する規則がきつくなってもどうってことないのですが、そこから徐々に普通の人に対する規則もきつくなると思うのですよね。

いろんなことに対して、許容範囲がせばめられている気がするのです。
学校でも、ちょっと他の子と違うとLDやらアスペルガーやら名前をつけられて、薬を投与されたりする。
診断がついて楽になったという子もいれば、区別されるということに傷つく子もいるとおもうのですよね。

黒柳徹子氏の「窓際のトットちゃん」を読むと、徹子氏は小学校に入った時、机の板が蓋になっているタイプの机が一人一人の机だったのだけど、それが面白くて、授業中もぱたぱた開けたり閉めたり文房具を出したりしまったりしていて、一つ目の小学校で退学になっているのですよね。

「小学校を退学になった黒柳徹子 彼女を“いい子”にしてくれた場所」
http://www.ohtabooks.com/qjkettle/news/2016/06/14094338.html

今の小学校で、黒柳氏のような子を受けいれられるところはあるんだろうかなんて思います。
しかも変な子だ、変わった子だというレッテルを貼られれずにいられるところ。

ちょっと違うものとの共生。

「一神教の闇 アニミズムの復権」安田喜憲 ちくま新書
これを読んでいて思うのは、昔の日本人や、環太平洋の島々に住む人々は、自然と共生していたんだなと思うのです。
島国で取り尽くせば、もう種族は存続できないことがよくわかっているからこそ、植林しながら、木を利用する、山ー>川ー>田畑ー>海とつながる自然を大事にしていたんですよね。
でも一神教の人々は、共生するという気持ちがない。
いうことを聞かなければ殺す。
自分たち以外は関係ないという考え。
自然から奪うだけで、そこが荒れれば別の場所に移動。
異教徒は殺しても良い。財産を奪っても良い。
それはアマゾン商法にも通じていて、総取りなのですよね、彼らのやり方は。
他の業者との共生は考えていない。
ヤマトがひーひーいっていても知らん顔。
つぶれたら買収する気なんじゃないかと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

富岡製糸場とユネスコの汚ない手口:心に青雲 [「心に青雲」から]

http://kokoroniseiun.seesaa.net/article/400386029.html キャッシュより

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー転載開始
2014年06月27日

富岡製糸場とユネスコの汚ない手口


 ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産委員会は6月21日、日本政府が推薦した「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県)を世界文化遺産に登録することを決定した。

 日本中大喜びらしい。地元は歓喜に沸き、マスゴミも「良かった、良かった」明るいニュースでしょと、ヤニ下がっている。

 世界遺産なんて、何年前に始めたことだか知らないが、そんなものなくても大事にされるものは大事にされてきた。今さら何?
 世界遺産に登録されないと、みんなが大事にしないって? 環境整備ができない? 世界の人に知られない?

 どうでもいいじゃないの。
 なんでそうまでして、「世界」のお墨付きを欲しがるんだか、私には理解できない。

 これはユネスコの「仕事探し」である。何か大仰な活動をやって、その費用を各国(とりわけカネを持っている日本)からカネをもらおうとの魂胆以外ではない。

 今はあるのかどうか…、突然あるいかがわしい会社から自宅に電話がかかってきて「おめでとうございます。あなた様は○○協会主催の催しで、見事優勝されました!」と言ってきて、は?なんて言っていると、優勝された方にだけ特別価格でこの商品を提供します、などと、要は押し売りの一形態だった、という事例があった。

 ユネスコの手口はそれとあまり変わらない。どうせ白人どもの始めたこと、タチが悪いのだ。

 世界遺産への申請料、登録料、審査員の旅費と滞在費なんかをふんだくられて、ありがたがっている。アホじゃないの?
 ユネスコの連中がただで、善意でやってくれているわけない。彼らだって、食っていかなけりゃならないんだから、何かに寄生して、人類の文化遺産保護なんてご大層な趣旨を掲げて、カネを上手に巻き上げる算段をする。

 坊主どもが、やれ葬式、やれ戒名、やれ法事、やれ結婚式、やれ本堂の修繕、やれなんとか…と次々にカネ儲けのネタを考えだしては、集金を図っているのと同じ。

 富岡の地元では、一時的に観光客が増えて、自治体からもご祝儀(つまり税金)で管理運営費が増やしてもらえるだろうが、3年もすればみんな忘れる。

 みんなが忘れるころになると、今度は「世界遺産」と指定されたばっかりに、維持費が重くのしかかってくるだろう。
 建物はそれこそ「万物は流転する」で、やがてボロボロになっていく。避けられない。だのに世界に認めてもらった遺産なのだから、なにがなんでも維持しなければならないと、税金を大量に投入して保全しなければならなくなる。

 そのために行政が世話をするのだから、役人どもはちゃっかり仕事にありつく。
 そんな生産性のカケラもない製糸場を維持するためにだけ、たくさんの人手や税金がかかる。
 まるで、ボケ老人をよってたかって介護して、生き伸びさせるようなものだ。それで病院は儲かるけれど…と。

 富岡製糸場は、たしかに明治期に国家の産業として役割を担った。だから壊すのは惜しむ気持ちはわからないでもないが、もうとっくに役割を終えたんですぞ。
 レーニンや毛沢東の亡骸を、なんだか加工して、永遠に保存する、あの愚と同じではないのか?




【関連する記事】
園部秀雄物語(2/2)
園部秀雄物語(1/2)
前川喜平は役人のクズのクズ
稲田朋美よ、先ずは脳細胞を変えろ
毎日記者の浅ましさ
posted by 心に青雲 at 05:41| 東京 [晴れ]| Comment(9) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よくぞあげつらってやってくださいました。

私も、国連が大嫌いで、ユネスコも嫌いですが。(ついでにアグネスちゃんのユニセフも)世界遺産という言葉も嫌いだし、世界はひとつワンワールド主義者、NWOの考えたことだと思います。

世界政府がお墨付きをあたえるぞよ、世界帝王にひれふせ~という臭いがして気分が悪いです。

単純な「金儲け」だけなら、まだ、罪は少ないです。

もっと遠大な「世界支配」の臭いがしませんか?
Posted by 神戸だいすき at 2014年06月27日 06:16
こんにちは。

富士山は3年の期限付きでの登録だそうです。
通常6年目に再審査(登録更新)が、富士山は厳しく設定された模様。
更新料もかかるのでしょう。

野口 健 氏のブログ 2013年7月31日
で読みました。


ISOの認証ビジネスの次が世界遺産登録ビジネスが来ました。
世界遺産は衆目を集めるのでメディアも飯の種ということで、余計に煽ります。
Posted by B4 at 2014年06月27日 07:21
国連やユネスコなどの国連の諸機関がぼったくり詐欺じゃないかな。地球温暖化でも国連のICPPによるでっち上げでは?
第二次世界大戦に勝った連合諸国United Nations がそのまま国連になった。国連憲章に日本などの敗戦国が国連に逆らうと軍事行動をとるとかいてある。中共は国連の常任理事国だから日本を攻撃しても国連は何もできない、
横須賀のアメリカ海軍基地にアメリカ、日本の国旗とともに国連旗が掲げられている。日本はいまだに連合国の占領下にある、
その国連に日本が最大の資金を拠出している。アメリカは国連分担金を滞納している。
Posted by 犬伏正好 at 2014年06月27日 12:17
B4様

コメントありがとうございます。

はい、そのとおり、世界遺産登録ビジネスです。
みんなカネ目当て。
それで子供たちを騙すのは、サイテーですね。
Posted by B4様へ(ブログ筆者です) at 2014年06月27日 19:07
神戸だいすき様

あのう…。
「よくぞあげつらって…」とお書きになってますが。

「あげつらう」とは漢字で「論う」と書いて、意味は「物事の理非、可否を論じ立てる」なのですが、日常遣われるときは「ささいな非などを取り立てて大げさに言う。人の欠点をいちいちあげつらう。という例文のようになります。
ただ論じる、ときには遣いません。

つまり、神戸だいすきさんは私に対して、ユネスコのことでささいな非を大げさに言っている、と揶揄していることになるんです。
しかしコメント全体を読むと、そういう意図ではなさそうですが。
Posted by 神戸だいすき様(ブログ筆者です) at 2014年06月27日 19:12
初めまして。ブログ記事拝見しました。
実は私の家族に電話があり「貴方の短歌をシルクにシルクスカーフに印刷して富岡製糸場で展示したい。つきましては○○十万払って欲しい」という内容でした。
詐欺なんじゃないかと思い調べたところ主催しているのは東京の会社とのことでした。富岡製糸場に電話して担当職員に聞いたところ全て承知してるとの事。富岡製糸場のシルクスカーフはそんなに高価なのかと聞くと富岡製糸場で売ってる物は2万くらいとのことでした。
なぜうちの親は自分の短歌を勝手に使われた挙げ句、2万のシルクを数十万で買わされなければいけないのかと問いつめると「特別な印刷をする芸術作品だから」としどろもどろでした。
年金暮らしの年寄りだからキャンセルしたいと言うと契約してるからできないと言われました。
あなた方もグルじゃないかと言って電話を切ったのですが、調べてみた所、高齢者を狙って電話をかけまくってるようです。世界遺産に登録された途端にこんな問題が起きてます。
色々調べてるうちにこちらの記事に辿り着いたのですが全て商売なのですね。製糸場はおろか行政までグルになって詐欺の片棒を担いでいるのかと思うと残念でなりません。
Posted by 一般市民 at 2016年02月19日 15:14
一般市民様

コメントありがとう存じます。
そういうことをやっているのですか…、驚きですね。
あなたの場合は詐欺ですね。契約してもクーリングオフができるでしょう?
Posted by 一般市民様へ(ブログ筆者です) at 2016年02月19日 21:27
管理人さま

ご返信ありがとうございます。富岡製糸場の職員によるとクーリングオフはできないそうです。主催している東京の会社に直接連絡すると一人で暮らしている親宛にまた嫌がらせの電話でもあると困るという思いから、相談のつもりで富岡製糸場に電話したのですが担当者はそういう販売をしていることを承知していたばかりか「契約書を交わしてるはずだからキャンセルはできない」とキッパリ言われました。そういう経緯もありグルじゃないかと思った訳です。
それで調べていたところこちらの記事を拝見し、行政含めて全てがつながってることが分かりました。言われてみれば確かに富岡製糸場も自分達のシルクスカーフが売れれば良い訳ですからね。
長々と愚痴を書いてしまいすみません。少し心の靄が消えました。
Posted by 一般市民 at 2016年02月20日 12:38
一般市民 様
事情がわかりませんが…。クーリングオフはできるはずです。
ただ一定期間を過ぎたらできないということはあると存じますが。
消費者センターなどに相談するとか、「法テラス」で相談してみてはいかがですか?
富岡製糸工場の職員は、そりゃあ「できません」と言いますよ。

カネは払わない、と宣言するのもいいのでは?
Posted by 一般市民 様へ(ブログ筆者です) at 2016年02月20日 15:01
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー転載ここまで
nice!(0)  コメント(0) 

ユネスコ世界遺産登録料はいくら?:心に青雲 [「心に青雲」から]

アイリス あいりす 
http://blog.goo.ne.jp/y-hne/e/b4fbcaeb0676d20458565801c170bc2e

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー転載開始
ユネスコ世界遺産に登録料 莫大な額が<2286>
2015-08-12 10:32:34 | 社会問題 日々雑感
◆ 今年も世界遺産登録にヤキモキして、ネトウヨの怒りを買っていましたが、この世界遺産にも多額のお金が流れていたのです。この記事にあるように、綺麗に装っていますが、みかじめ料ですね。一度登録しただけで、流れるように入金されるシステムですよ。

登録料については、一切報道されていないと思いますよ。

バカバカしいシステムです。オリンピックも多分同じではないでしょうか?ギリシャの経済破綻への道は、オリンピックに始まったという人もいました。日本もそうなるかもしれないです。

辞めるべきでしょうね。アスリートには、残念でしょうけれど。どこにも、利権が絡んで多額のお金が支配者たちに流れる仕組みとなっているのです。仕組みを透明にするしか、方法はないでしょうね。

~~~~~~~~~~~~~~



2014年10月29日

ユネスコ世界遺産登録料はいくら?


 文化庁は10月28日に、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に推薦していた「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」について、事前審査をしていた補助機関が「登録」を勧告したと発表した。
 登録の可否を審査する政府間委員会で登録勧告が覆った例はなく、「和紙」が登録される見通しとなった。

 このニュースを受けて、政府や和紙製造者らは、日本文化の海外への発信強化や地域の活性化、伝統技術の継承に弾みがつくと期待しているそうだ。

 以前から、有形にしろ無形にしろ、ユネスコの世界遺産云々の登録にはいかがわしさを感じているのだが、なんといっても、なんでユネスコはこんな事業をやっているんだ? であり、活動費用なり、登録料なんかはどうなっているのか? であった。

 ずっと気になっているが、明確な答えは報道ではわからない。ユネスコがどういう団体かは承知しているから、そこは問わないとしても、マスゴミはとにかく日本の文化が世界に認めていただいて嬉しいじゃないか、めでたいじゃないかと一点張りで、明るいニュースとしてしか扱わない。

 ユネスコがただで、善意で、世界の文化のために仕事をしてくれているわけがない。人件費がかかる、ビルの維持費だってかかる、職員の出張費だってかかる。誰かがその費用を負担しているはずだ。で、やつらはこういうバカげた催しのために幾らふんだくっているのか知りたいと思うのだが、マスゴミは何も言わない。

 調べてみると、どうやらユネスコは2年ごとの会計制度になっていて、そのつど予算を決め、各国に応分の分担金と拠出金を要求する仕掛けになっているらしい。
 要は、なにか事業をやるからカネを寄越せと言える、殿様商売。
 もっと言えば、ユネスコの理念に基づいて仕事をやってやるから、カネを出せ、なのだ。目的はカネ。

 その分担金とやらが私には噴飯ものに思える。
 分担率は、1位アメリカが22%、日本は2位で19.572%、3位以下は急に一桁台になって、ドイツ8.7%、英国6.1%と欧米先進国が続き、9位に支那で2.06%、南朝鮮が11位で1.85%などとなっている。
 日本がここでも不当に高い率で分担させられている。

 日本の場合、文科省HPを見ると2006(平成18)年(なんだか古いねえ!)に約84億円が払われている。内訳はユネスコ分担金、世界遺産基金分担金、無形文化財基金分担金でありここまでで約70億円。次に拠出金(信託金つまり任意)として、文部科学省拠出信託基金(「持続可能な開発のための教育」等)、外務省拠出信託基金(「文化遺産保存」ほか)が約13億円となっている。

 ところが外務省のHPには、日本の分担金は
2014年:約37億2千万円
2013年:約30億8千万円
2012年:約40億円
2011年:約36億7千万円

 文科省と害務省のどっちが正しいのかわからない。それにしても、高額だねえ…。
 
 アメリカが分担金1位ではあるが、国連本体の分担金と同様に、知らぬ顔の半兵衛を決め込んで払っていないかもしれない。と思って調べたら案の定、外務省HPには「未払い」と記されている。やつらはそういうゴロツキである。偉そうに口は出すがカネは出さない。

 まあ当たり前だろう。アメリカは一例を挙げれば、アフガン戦争を八百長で引き起こす際に、ビン・ラディン一派には35億ドルも渡しているそうだから、カネはユネスコみたいにどうでもいいことに使うより、途上国を言いなりにする手口のために活用するに決まっている。ユネスコだのユニセフだのの世界支配のサブ的な活動資金は、日本を騙して出させればいいのだから。

 これは推測になるが、要するに日本が世界文化遺産に登録していただくためには、日頃から税金で84億円も白人どものお遊びにカネをくれてやっているので、たまにそのご褒美に、「お前たちがほしがる世界遺産登録を認めてやるぞかし」とのたまう仕掛けらしい。

 しかも文科省と害務省が国の分担金とは別個に、寄付金としてあわせて13億円も上納しているらしいが、害務省HPには記載がない。
 だから、例えば富岡製糸工場跡が、とか、和紙がとか登録されたと喜ぶ裏側で、礼金だか別途の登録料だかが、いくら臨時に払わされるのか不明である。

 仕掛けは簡単なようで、要するにヤクザの「みかじめ料」と同じ。アメリカ帝国がヤクザ様なのである。ユネスコには職員はいろいろな国の人がいるだろうが、仕切っているのはおそらくアメリカ人なのであって、だから「未払い」でも非難することがない。敗戦国・日本からひたすら巻き上げるシステム。

 「世界遺産に登録したるデ」とユネスコ様がお達しになって、そのつど登録料を払う仕掛けだと、いちいち報道され、そんなに高額ならやめよう、なんて下々の国が言い出しかねない。だから、毎度2年分まとめて「事業費」とか「協賛金」とかいう名目の「みかじめ料」をふんだくっておく。だから、日本の国民にも「登録料」は発生してないかのごとくに錯覚させている。うまい商売だねえ。

 マスゴミ記者は調べる気があれば調べられようが、冒頭の話のように文化庁から発表されるニュースレリースを右から左に流す作業をするだけ。
 日本の大衆も、世界の文化遺産に認めてもらって嬉しいと、提灯行列してはしゃぐ。ここでも、ただ鵜呑み。
 せちがらくカネのことなんか言うなよ、とノー天気。

 世界遺産登録によって、日本文化の海外への発信強化や地域の活性化、伝統技術の継承に弾みがつくと、日本人の多くは喜色満面だろうが、そういうことは皆無とは言わないが、邪悪な欧米白人が日本文化の神髄をわかろうとするわけがない。

 ましてアジア、アフリカ、中南米といったところの連中が、日本文化を賞賛して和紙でも使おうかとなるわけがない。つまり誰も関心を持たない。そんなことよりほかに、それぞれの国には課題や悩みがあって、ユネスコに分担金すら払えない状態なのだ。

 支那や韓国はいわずもがな、日本に世界登録をさせるなと妨害しこそすれ、お互いに文化を尊重しましょう、なんてことにはなりっこない。和紙が世界無形遺産にでもなったら、韓国人は、紙はウリナラが教えてやったんだと、またデタラメを言い出すだけだ。

 和紙は我々だけが文化遺産として大切にすればよく、あの風合いが毛唐にわかるわけがない。稀に西洋人でその良さがわかる人間が出てきたら、ありがとうと言うだけの話であって、何十億円もドブに捨てるべきではあるまい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー転載ここまで
nice!(0)  コメント(0) 

ユネスコ世界文化遺産の愚劣:心に青雲 [「心に青雲」から]

http://kokoroniseiun.seesaa.net/article/449664907.html キャッシュより

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー転載開始
2017年05月08日

ユネスコ世界文化遺産の愚劣


 5月6日、福岡県の古代遺跡「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録するようユネスコの諮問機関、イコモスが勧告したと報じられた。
 日本政府がこの勧告にしたがって登録申請すれば7月開催のユネスコ世界遺産委員会で正式決定される見通しだという。

 産経新聞5月6日付によると、「登録されると、日本国内の世界遺産は文化遺産17件、自然遺産4件の計21件となる。
 宗像・沖ノ島と関連遺産群は4~9世紀の大陸との交流にまつわる古代遺跡。九州と朝鮮半島の間の玄界灘にあり航海安全と交流成就を祈る国家的祭祀が行われた沖ノ島(宗像大社沖津宮(おきつみや)と本土の宗像大社、祭祀を担う豪族が築いた新原・奴山古墳群など8件の国指定史跡で構成する。)」

 国連(正しくは連合国)にしろユネスコにしろ、実態は国際機関に名を借りた白人支配の貫徹、あるいは有色人種国家への介入が目的である。そして、きれいごとを言って、カネを集めては白人とその子分に成り下がった一部の有色人種の人間を事務員にしてタダ飯を食うためである。
 その真実を、国会も害務省もメディアも隠蔽する。

 国連(連合国)では、ドイツと日本は依然として「敵国条項」の対象になったままだから、さまざまな嫌がらせをされる。ユネスコが先般、「南京大虐殺」なるインチキを世界文化遺産に認めたのもその一環であったろう。
 だから。
 日本の移籍や自然風物を、ユネスコに世界遺産として認めていただこうという働きかけ自体が間違いで、それは奴隷根性そのものである。

 媚中・副島隆彦は、「世界基準に逆らうな」が口癖のようだが、要はグローバリズムに従え、という奴隷根性を推奨しているに過ぎない。だからありもしなかった「南京大虐殺」を肯定して支那に媚びる。主体性ゼロのアホである。
 
 背景には根深い白人崇拝があるようだ。白人こそ、白人文化こそ人類のトップなんだという馬鹿げ切った思い込みがあって、だから国連信仰、ユネスコ崇拝につながる。
 私たちはおガキ様のころから学校教育で、国連は人類の理想だの、ユネスコは世界中の人を幸せにしようと努力している機関だから寄付をしましょうなどと強制されてきた、いささかも疑わないアタマにさせられている。

 その流れで、多くの世界中の人たちはグローバリズムは正しいと思わされている。それに疑問を呈すると、「極右」とレッテルを貼られ、あるいは「保守主義」「ポピュリズム」と罵られる。
 白人支配層としては、大衆にグローバリズムのウソがバレないように、あの手この手で国連やユネスコに人々の「信仰」が集まりつづけるように工作してくる。

 それが今回の「宗像・沖ノ島」の世界遺産登録の勧告である。白人どもはそうやって、常に白人の価値基準に世界中を従わせようとして、餌を撒くのだ。
 奴隷化された日本人は、「白人様ありがたや」「私たちの歴史も認めてくださる」と叩頭跪拝し続ける。

 このたびの沖ノ島の件でも、日本が申請した神社全体は認められず、岩でしかないものはダメだとの見解をイコモスは示して蹴った。岩もご神体という日本人の常識は通じないし、奴らは「野蛮人が何を抜かすか」としか思っていないことの顕われである。
 どうせ、白人優位としか思っていない連中に「審査」してもらったところで、奴らにはその価値はわかりはしない。
 だから止めておけと言うのである。

 別に世界遺産なんて「称号」を白人様にいただく必要はない。土地の人がわかっていて、日本人もわかって大切にするだけで十分ではないか。国の指定史跡、それでいい。
 自然遺産にしても富士山や熊野古道が世界遺産に登録されて、いいことはなかった。支那人のクズどもが押し寄せて大迷惑に及んでいるだけだ。

 それでも日本の小役人は仕事ができ、メディアも記事が書けるから大歓迎だ。

 日本は国連からもユネスコからも脱退するべきである。それが無意味な白人崇拝思想から脱却する第一歩になるだろう。




【関連する記事】
前川喜平は役人のクズのクズ
稲田朋美よ、先ずは脳細胞を変えろ
毎日記者の浅ましさ
「サラダは健康に悪い」
エアバッグのタカタ倒産も遠因はマスゴミ
posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 [曇り]| Comment(2) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国連脱退に賛成!ユネスコ脱退賛成

ああ、情けない、神戸はユネスコに「デザイン都市」として認められましただってさ。
もちろん、市民の誰一人そんなことに関心は持っていないけど。

どうせ、金を払ったんだろ!本当に情けない

隠岐が申請を出したとしって、びっくりでした。
どうせ、結局は、むこうさんの規定にあわなくなったから取り消すだの、あわせるようにかねをだせとかになるにきまっているのにねえ。
Posted by 神戸だいすき at 2017年05月08日 19:54
他にも、いっぱい怒りたいことあるでしょう?
どうぞ、多くの怒りの声を代弁してください。これからも。
Posted by 神戸だいすき at 2017年05月17日 06:35
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー転載ここまで

全く同感です。
世界遺産に登録されることは素晴らしいことだと広く認識されているけれど、うまく乗せられているだけにすぎないと思います。
nice!(0)  コメント(0)