So-net無料ブログ作成

「宇宙への旅立ち」:葬式 [「宇宙への旅立ち」から]

http://reptilianbuster.blogspot.jp/2015/07/blog-post_26.html
コメント欄から

reptilianisreal July 20, 2015 at 10:52 PM
間違いないでしょうね。宗教を広めようとする輩は、すべて爬虫類人達です。宗教、それは人間達を洗脳し、精神的そして金銭的に奴隷にするもの。

reptilianisreal July 20, 2015 at 11:35 PM
爬虫類人達は、亡くなった方々の魂まで牢屋に入れられるとプレアデス人のアラーエさんが言ってましたね。そしてその監獄を悪霊が見回っていて、魂がそこから脱出できない様にしていると…。それが葬式じゃないんですか?葬式は亡くなられた魂を、ある場所に移し、そこから魂が脱出できなくする。戒名とか高いお金を払い、坊主に亡くなった家族の魂を、あの世の牢屋に入れてもらう。だから下手に葬式なんかしない方がいいですね。
魂の居なくなった亡骸の骨を、いつまでも高いお金を払って墓にキープしていても、意味が無いですものね。死体には価値はまったくありません。骨は海にでも流してもらった方が良いでしょう。


reptilianisreal July 20, 2015 at 11:27 PM
ただ、深く掘り下げて、いろいろな情報をネットで探し、点と点を結び、線にするのが好きなんですよ。その線が私の爬虫類理論と一致すれば、記事として私の発見を皆さんにお見せしているだけ。そしてコメント欄での皆さんの反応を見て楽しんでいる。私の発見に共感してくれる人達が2万人近くも居るんだな~と、また新しい情報と話題を見つけるのが楽しくなるわけです。もしブログやっていなかったら、変わり者のオバサンで終わってしまっているわけ。

あとグーグルマップを見るのも好きですね。普通では見れない物が見れる。新しい発見がある。こんな奇妙な建物が…、秘密の施設らしきものが…などと発見ができて楽しいですね。

この世の中、爬虫類人だらけだから、爬虫類人を見つけるのは、まったく難しくないですね。テレビに出演している人々=爬虫類人。この法則は間違いないです。なんたってテレビ自体が爬虫類メイトリックスの洗脳マシーンだから。

今紫July 21, 2015 at 4:41 AM
草木様

(私も最近知りましたが)司馬遼太郎は坂本龍馬を「英雄」として最初に扱い、それに仕立てた話はご存じでしょうか。それまでは単なる(フリーメイソンに所属した)実在人物として認識されていないようです。野口英世もメイソンであることを知りました。去年、私は松山に行きまして「坂の上の雲ミュージアム」に入りました。感想を申しますと悪趣味な建物です。司馬遼太郎の正体をあるサイトで見て知りショックでした。今から振り返ると読まなくて良かったです。司馬遼太郎の本をいつか読もうと思いましたが読む気には至りませんでした。「坂の上」のあの兄弟が主人公なのが正直わかりません。地元では有名人だけど(ドラマで放送されるまでは)日本で認識されているとは思いません。 

16代までの長命の天皇 [神社・神話]

「天孫降臨/日本古代史の闇」コンノケンイチ 著 徳間書店 2008年 を読んでいます。

カバーの内側に
「先代旧事本紀大成経」、「デーヴィッド・アイクの爬虫類人」、「日本のいちばん醜い日」(鬼塚英昭)、「天皇の金塊」(高橋五郎)、「出口王仁三郎」、「日月神事」、「聖書」から組み立てられた類例のない推考!
とあります。

上の中でかじったことがないのは、「出口王仁三郎」、「日月神事」です。
「デーヴィッド・アイクの爬虫類人」、「日本のいちばん醜い日」(鬼塚英昭)、「天皇の金塊」(高橋五郎)は読んだことあり。

デーヴィッド・アイクやデニケンの本を読んで以来、天孫降臨してきた神々は、人間ではなく宇宙人で、爬虫類タイプであろうと思うようになった私の考えとも一致し、かつ爬虫類人が世界を支配し、現在日本や世界を取り巻く裏の情勢も説明できるという、まさにこれと思う一冊です。

「記紀以前の資料による古代日本正史」原田常治著には、
神武天皇がいつ頃に天皇になったかを、17代天皇から32代天皇、33代天皇から48代天皇までの平均在位期間を調べて、そこから干支を含め計算して、西暦241年であるとしていました。
だいたい平均在位10−12年です。
これは天皇が人間であるとした場合です。

日本書紀によると、神武天皇の即位年は西暦紀元前660年に相当し、1代の神武天皇から16代の仁徳天皇までは在位期間が異常に長く、100年近い天皇もいます。
第1代 神武天皇 BC660
第2代 綏靖天皇 BC581
第3代 安寧天皇 BC549
第4代 懿徳天皇 BC510
第5代 孝昭天皇 BC473
第6代 孝安天皇 BC392
第7代  孝霊天皇 BC290
第8代 孝元天皇  BC214
第9代 開化天皇 BC158
第10代 崇神天皇 BC97
第11代 垂仁天皇 BC29
第12代 景行天皇 AD71
第13代 成務天皇 AD131
第14代 仲哀天皇 AD192
第15代 応神天皇 AD270
第16代 仁徳天皇 AD313
第17代 履中天皇 AD400
第18代 反正天皇 AD406
第19代 允恭天皇 AD412
第20代 安康天皇 AD453


「歴代天皇の年齢・在位年数」
http://ysigle.x.fc2.com/TNenrei.html
こちらのサイトより引用
**********引用開始
歴代天皇の年齢・在位年数
更新日:2008/11/28
<歴代天皇の年齢・在位年数(記紀の時代)>
天皇    年齢         在位年数 
      日本書紀 古事記 日本書紀
1神武天皇  127 137    75
2綏靖天皇  84    45    30
3安寧天皇  57    49    39
4懿徳天皇  77   45    33
5孝昭天皇  114 93    82
6孝安天皇  137 123    100
7孝霊天皇  128 106    75
8孝元天皇  116 57    56
9開化天皇  115 63    60
10崇神天皇 120 168    68
11垂仁天皇 140 153    100
12景行天皇 143 137    60
13成務天皇 107 95    60
14仲哀天皇      95    8
 神功皇后  100 100    69
15応神天皇 111 130    40
16仁徳天皇 142 83    86
**********ここまで引用

第6代の在位102年とか、第11代の100年とか長すぎないかというわけです。

17代以降で在位年数40年を越えているのは昭和天皇と19代だけ。
在位30年を越えているのも6、7人ぐらいです。
若くで即位して、30代ぐらいで上皇になっている方が多いようで、だから短いといえますが。

第1代から16代までの何人かは外見的に人でない、龍的な特徴をもっていたと書かれているので、だから長命といえる。

旧約聖書 創世記5
アダムは930年生き、そして死んだ。
セトは912年生き、そして死んだ。
エノシュは905年生き、そして死んだ。
ケナンは910年生き、そして死んだ。
マハラルエルは895年生き、そして死んだ。
イエレドは962年生き、そして死んだ。
エノクは365年生きた。
メトシェラは969年生き、そして死んだ。
レメクは777年生き、そして死んだ。
ノアは500歳になったとき、セム、ハム、ヤフェトをもうけた。

創世記7.6
ノアが600歳の時、洪水が地上に起こり、水が地の上にみなぎった。

長い、長すぎる。
人ではないですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/神武天皇
神武天皇の即位年は、『日本書紀』の歴代天皇在位年数を元に逆算[13]すると西暦紀元前660年に相当し、即位月は「春正月」であることから立春の前後であり、即位日の干支は「庚辰」である。そこで西暦紀元前660年の立春に最も近い「庚辰」の日を探すと、西暦では2月11日と特定される。その前後では前年12月13日と同年4月12日も庚辰の日であるが、これらは「春正月」になり得ない。したがって「辛酉年春正月庚辰」は紀元前660年2月11日以外には考えられない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/天皇の一覧