So-net無料ブログ作成

「宇宙への旅立ち」:ジュエリーはユダヤのもの [「宇宙への旅立ち」から]

「中丸薫は北朝鮮の金一族の血族 北朝鮮と日本を合併させるレプティリアン皇族」
http://reptilianbuster.blogspot.jp/2015/10/blog-post_94.html

〇〇の後ろにはユダヤのダビデの星。これは彼女も含む日本の〇〇はすべてユダヤだという事だ。ユダヤ人達は中丸も含めてジュエリーをガチャガチャ身に着けるのが好きだ。ジュエリーの言葉の由来は「ユダヤの物」意味だ。

びっくり!!!
http://www.ijournal.org/IsraelTimes/discover/diamond.htm
英語でユダヤ人は「Jew」、宝石は「Jewelry」である。偶然かもしれないが、両者には深いつながりがある。

宝石の中でも最もユダヤ人と関連が深いのがダイヤモンドである。世界のダイヤモンド産業は世界中に散らばるユダヤ人のネットワークと南アフリカのダイヤモンド開発会社デビアス社によって支えられていると言われている。ちなみにデビアス社の経営者もユダヤ系だそうである。デビアス社の設立には有名なロスチャイルド(ユダヤ系)資本の後ろだてがあったそうである。

デビアス社は生産、販売機構をつくり、人為的にダイヤモンドの価格を末端価格に至るまで統制している。原石の買い付けはデビアス社、研磨加工はイスラエルという構図が出来上がっているようである。

第二次世界大戦後の新生ユダヤ人国家イスラエルは大量移民を受け入れた際に、移民の中にダイヤモンド研磨の職人がいたことに着目し、ダイヤモンド産業を興し、ダイヤモンド産業を国の基幹産業の一つとして育成したようである。ダイヤモンドの輸出入に関税を掛けないなどの優遇策を講じて、ダイヤモンド産業を急速に発展させたそうである。現在全世界で宝飾品として使われる小型ダイヤの約80%はイスラエル製であり、イスラエルの対日輸出の大部分も加工ダイヤである。

女性のあこがれである永遠の輝きダイヤモンドの価値形成にはイスラエルとユダヤ人が深く関わっているのである。

「宇宙への旅立ち」:赤門カミオカンデ [「宇宙への旅立ち」から]

FRIDAY, OCTOBER 9, 2015
「東京大学は人食い爬虫類人だけ入れる特殊大学 その研究施設には包丁と人骨」
http://reptilianbuster.blogspot.jp/2015/10/blog-post_47.html
神岡鉱山探索 http://www.geocities.jp/teamhaikyo/kouzan/kamioka/kamioka-sansaku/kamioka-sansaku.htm

東京大学にある赤門。あなたは異常だと思わないのか?こんな不気味な門が東京大学にある事を...。

赤門、それはユダヤがエジプトで奴隷にされた時に、彼等の生みの親の人食いエイリアンのアヌンナキからすぐ分かるように、彼等の家の前を子羊(ユダヤにとって羊とは人間を指す)の血で塗った。

この東大の赤門も、同様の意味を持っているものと思われる。つまり人間の子供達から搾り取った血で塗った赤い門を象徴している。この赤門をくぐれるのは、もちろん人食い爬虫類人達だけだ。

「東大赤門のルーツ、加賀百万石前田家の大名屋敷がすごすぎた
東大の赤門はもともと、加賀藩主・前田家の大名屋敷の門だった。その前田家の大名屋敷がすさまじかった。 」
https://matome.naver.jp/odai/2138628916331926701

https://ja.wikipedia.org/wiki/御守殿
御守殿(ごしゅでん)は、江戸時代において、三位以上の大名に嫁いだ徳川将軍家の娘の敬称である。また、その居住する奥御殿を指す。他に、御守殿に仕えた女中とその髪結い、服装などの風俗(御守殿風)をも指す。
御守殿門[編集]
御守殿の門を御守殿門(ごしゅでんもん)という。門を丹塗りにしたところから、表門の黒門に対して御守殿門は俗に赤門(あかもん)と呼ばれている。赤門は焼失に際して再建を許されない慣習がある。 加賀藩前田家上屋敷の御守殿門は現存する唯一のそれであり、現在は東京大学本郷キャンパスの赤門として使用されている[2]。

赤門は焼失に際して再建を許されない慣習がある。
ってこれはなにか普通の門ではない感じ。

「宇宙への旅立ち」のコメント欄から
rainbow manOctober 10, 2015 at 6:23 PM
赤門もノーベル街道も、前田家が絡むという共通点

赤門とノーベル街道が関係するってどういうことなのか?

すると
「ぶり・ノーベル出世街道とは?」
http://www.hrr.mlit.go.jp/toyama/common/old/buri-nobel/introduction/index.html
富山県の神通川河口から、岐阜県の高山に向かうルートからノーベル賞授賞者が多く出ているため、その街道をノーベル街道と呼ぶようになったとか。
富山県は加賀藩じゃないでしょうと思って調べたら、もともとそのあたりは加賀藩のものだったのですね。石川県だけが加賀藩だと思ってました。
そして富山藩に一部がわたった。

20170405-1.gif
www.city.toyama.toyama.jp
【藩主利次はなぜ、最初から富山城を居城としなかったのでしょうか?それは、富山城周辺一帯は、まだ加賀藩の領地だったからなのです。】
加賀藩(かがはん)は、江戸時代に加賀、能登、越中の3国の大半を領地とした藩。

http://www.hrr.mlit.go.jp/toyama/common/old/buri-nobel/person/index.html
ぶり・ノーベル出世街道
ゆかりのあるノーベル賞受賞者
日本でこれまでにノーベル賞を受賞した方のうち、
・化学賞の田中耕一さんは富山市、
・医学生理学賞の利根川進さんは富山市(旧大沢野町)、
・物理学賞の小柴昌俊さんは飛騨市神岡町、
・化学賞の白川英樹さんは高山市、
・物理学賞の梶田隆章さんは富山市と飛騨市神岡町
というように、5人がそれぞれ国道41号の沿線に縁がある事からこの道を「ぶり・ノーベル出世街道」と名付けられました。

岐阜県のあたりは、加賀藩ではないので、富山市のふたりが該当しますね。

わざわざ門や鳥居を赤く塗る。
それだけの理由があるってことですね。

「スーパーカミオカンデ超殺人兵器研究所 すべての物質を消す事ができる暗黒物質の開発」
http://reptilianbuster.blogspot.jp/2015/10/blog-post_19.html
彼の研究しているものは、いかに宇宙を含む物質をニュートリノと呼ばれるダークマター(暗黒物質)で消し去るか。つまりあなたを含む人間、すべての生き物、そして地球、また全宇宙を暗黒物質で消し去る。それが爬虫類組織の狙いだ。
ノーベル賞を受賞した〇〇を含む人食い爬虫類組織の狙いは、あなた、地球、そして宇宙そのものを暗黒物質で消し去る事だ。
日本人がノーベル賞受賞などと言って喜んでいるヒマじゃない。いい加減、ノーベル賞自体が、爬虫類組織のニュー・ワールド・オーダー人口削減策に貢献した人食い爬虫類人のみがもらえる賞だと早く気がついた方がいい。ノーベル賞など授与しているスウェーデンの組織自体が人食い爬虫類人組織によって運営されているのだ。
ノーベル賞組織が一般に思われているような素晴らしいものではないということは気づいてましたが、研究内容はまだ受け入れらないなー。

法隆寺に爬虫類人の像がある [宇宙人・レプティリアン・爬虫類人]

法隆寺に爬虫類人と思われるような像があるということを知りました。

「法隆寺 爬虫類人」で検索するとでてきます。

「法隆寺の謎」ー人文研究見聞録
http://cultural-experience.blogspot.jp/2015/09/blog-post_5.html
見ての通り、法隆寺の方には入口の真ん中に柱が立っており その違いは明らかです。 しかし、なぜ入るものを拒むような形になっているのかは不明であり、古くから法隆寺の謎の一つとされています。
この相輪は法隆寺の五重塔にも当然設置されているのですが、法隆寺のものは他の寺院と違い「鎌が4本刺さっている」ことが特徴です。これについては「雷避けのために設置された」という説が通説となっていますが、その真相は不明です。
4本はやはり「死」を意味するのでしょう。
なお、この相輪の形自体にも諸説あり、最近では聖書やカバラに登場する「生命の樹」を象徴しているのではないかという説が唱えられています。この「生命の樹」は聖書が初出であると考えられがちですが、実は文明の発祥地と言われる古代シュメールのレリーフの中にも登場します。つまり「生命の樹」という概念は聖書が著される前から既にあったということです。
この救世観音像の開帳時の姿は、「全身に経文の書かれた麻布が巻かれており、その布を取ると光背が後頭部に釘で打ち込まれ、背中はくりぬかれていた」というものだったとされています。なお、通常 仏像の光背は別に支えが付いており、後頭部に打ち込まれていることはありません。それは、法隆寺に所蔵される百済観音と比べてみても違いは明らかです。
「耳なし芳一」の話にあるように経文で包まれるというのは、それを守るか封じるかしているように思われます。
法隆寺の五重塔には、仏教における説話をテーマにした塑像が安置されています。 その中の「釈迦入滅のシーン」があります。これはガンダーラの釈迦涅槃図と比較しても大分異なる、日本独自のものとなっています。 そして、法隆寺の塑像群の中にいる「トカゲのような容姿をした人物」が混じっており、近年 ネット上で注目を浴びています。
なお、この像がネットで注目を浴びている理由は、イラクのウバイド遺跡から発見された「爬虫類人(レプティリアン)の像」と酷似しているためなのです。

ネット上で注目を浴びているとは全然知りませんでした。

「奈良ミステリーツアー 7 爬虫類人 8/19/2014」ー「精神世界の鉄人」 エッセイ集
http://www.tomaatlas.com/lib636.htm
今回、法隆寺を訪れたのは、「爬虫類人(レプタリアン)」の痕跡が残っている像や絵画が、法隆寺に、けっこう存在しているという情報を、ゲットしたからです。 「宇宙考古学」の視点で、法隆寺の展示物を、眺めると、宝の山です。 明らかに、アダムスキー型のUFOだと思われる展示物が、たくさんありました。
そんな中で、最近、一部の宇宙考古学の人たちの間で、有名なのが、「爬虫類人(レプタリアン)」だと思われる人物の像です。 いろいろな説がありあますが、シュメール文明の出土品からも、まったく同じ像が、発掘されていることから、本物の爬虫類人の像だと、私は、確信しています。
東大寺の法華堂、またの名を、三月堂 両脇の四天王像が踏みつけているものはなんだ?

「2015/01/23 三十三間堂2 雷神のギザギザ眉の起源」ー忘れへんうちに Avant d’oublier
http://avantdoublier.blogspot.jp/2015/01/blog-post_23.html
ホシガラスが埋めて食べ忘れた種のように、バラバラに芽を出した記事が、枝分かれして他の記事と関連づけられることが多くなった。 これから先も枝葉を出して、それを別の種から出た茎と交叉させ、複雑な唐草に育てて行きたい。
仏像が踏みつけているものをアップで。

仏像が踏みつけているものは、獅子舞に似ているような気がします。
そしてそれらの手足は蹄のように2本だったり、妖怪人間ベムのように3本だったりしています。