So-net無料ブログ作成
検索選択

子宮頸がんワクチンと不妊のうわさ

子宮頸がんワクチンがさかんにテレビで勧められていた時、ネットでは
「それは不妊ワクチンだから打つな」というのをよく目にしていました。
そのときはいくらなんでもワクチンで不妊にするなんてありえないと思っていました。

だけど、子宮頸がんワクチンの接種時に失神してしまう子が相次いでいると新聞に載っている時、ワクチン接種側の医師が「それは血圧の変動のせいでよくあること」と発言していたのに、びっくりしたことがあります。
ワクチンで失神するなんて聞いたことがなかったから。

そして子宮頸がんワクチンの副作用で、全身の痛みや、痙攣で普通の生活ができなくて訴えを起こしている子に対して、接種側は「思春期の心的なものが引き起こすこと」としているけど、そんなこときいたことない。
痛みを訴えても「心が問題」とされるって、恐ろしすぎます。

ホリエモンが「日本人の99%は洗脳されている」と発言したのも、権威のある方を信じるということは洗脳されているってことですね。

いろいろ陰謀論を読んでいくと、陰謀論の方が今の状態を説明出来ると思えてこわくなります。

たぶん予防接種のはじまりの天然痘ワクチンとか、はしかワクチンは本来の趣旨の通りのものなのでしょう。
だけどここ数年増えている新しいワクチンはどれも金儲けから来ているように思えてなりません。
学童へのインフルエンザワクチン集団接種も、大規模な調査により効果なしという結果が出て取りやめになったのに、老人に接種を呼びかけてじわじわと接種人口を増やそうとしている。

ワクチンでどんなに被害者が出ても、中止になんてしないのでしょう。
製薬会社の利益を守り、定年後は製薬会社に天下りなのかな。
ワクチンを中止できる権限のあるものは、中止しようとすると消されるのでしょうね。
そんな世界に生きているのですね。

ブラジルのジカ熱による小頭症についても、こんな意見がありました。
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4136.html

「君の名は」ぜひスクリーンで

8月26日金曜日公開の映画、「君の名は」をみました。

とてもよかったので、次の日もう一回見ると決めたくらいでした。
今日は見に行けないけど、近いうちに絶対もう一回見に行きます。

予告編でちらっと見たくらいで、あまり話は知らずに行ったのですが、そのほうが楽しめます。

お話もとてもよかったですが、映像もとても綺麗です。
空の映像はぜひ大きなスクリーンの中央で見たい。
映画の中に入り込みたいと思いました。
映像もいい、RADWIMPSの音楽もいい、声の神木くんもいい。
検索すると作成したアニメーターさんが「参加できて幸せ」と語っているくらいいいです。

ツイッターで
「まるで夢から覚めた2人のように。
気付いたら涙が溢れてた。」
と書かれている方がいましたが、まさにそう。

映画が終わった後、場内は静まり返っていました。

心を動かす映画です。
これはたぶんかなりヒットします。
千八百円もする映画を2回も見たいなんてこれはかなりのものですよ。

陰謀論 [政治・社会]

将来のことを考えると、明るいものになるとはとうてい思えないです。
年金は65歳からもらえることになっているけれど、主人の会社は60歳定年です。
定年になってから年金をもらうまで、退職金と貯金をつかって生活しなくてはならない。
もちろんバイトでもなんでもしてもらって、少しでも収入を得るつもりだけど。

以前は定年後はちょっと海外旅行でもして、それからはたまに国内旅行をしてなんて考えていましたが、そんなこととてもできそうにありません。

定年後の生活費がどれぐらいかかるのか、いったい退職金が何年もつだろうか不安でいっぱいです。

65歳まで17年あるけれど、それまでにきっと年金開始年齢が67歳とかになってそうです。
額もきっと減らされてる。
GPIFというところが年金の管理をし、運用をしているそうですが、株式で運用する比率を高めたが、損失がかなりでているそう。
損失がなくても、年金をまかないきれないのに、損失をだせばもっと苦しくなる。

そして非正規雇用の人が増えている、生活に困っている人が増えている、コンビニで結構な中年の男性が働いているのを見ると、日本のこの構造がどうにかならないものかと思っています。

一部のお金持ちが富を独占している。
本来は税を負担すべきところ、税負担を回避している。
そして一般人は食べる分だけをかせぐしかできない。
そう考えていくと、一部の金持ちがもっと富を独占する為に、いろんなことをやっているということが納得できるようになってきました。

30年近く前、学生の頃にあるひとが「フリーメーソンが、」とか「1ドル紙幣の目は、」といっているのを聞いていたのですが、そのころは「ムー」的なサブカルチャーのツチノコとか、UFOとか、エリア51とかそういう都市伝説というかトンデモな話としか思っていなかったのですよね。
今でも「陰謀論」として扱われていて、まともな話とは思われていない。

だけど、攻撃の口実が「フセインが大量破壊兵器を持っている」という理由だったのにもかかわらず、あとでそれはアメリカによる捏造だったことが明らかになった。

堤未果さんの本によると、リビアがアメリカに攻撃されたのは、大量の金の保有国であり、アフリカとアラブの統一通貨の発行を計画していたからだそうです。
そしてIMFや世界銀行の介入から自由になる<アフリカ通貨基金>と<アフリカ中央銀行>の創設も計画していたからだそう。

グローバル化に逆らおうとすると、リビアのようになる。

もしかしたら安倍首相はそれを知っていて、日本が逆らって爆撃され、難民が多数出るようなことになるよりは、奴隷になろうとしているのかなとも思えます。

自分だけでなく、子や孫の代までどうやって生き残っていけるでしょうか。

はだしのゲン 感想 [Book]

「はだしのゲン」を読みました。

子供の頃、それの映画かなにか映像をみたことがあって、原爆のやけどがおそろしいものだという記憶はありました。

あらためて読んでみると、原爆の恐ろしさ、戦争の悲惨さもよく伝わってきましたが、それより恐ろしいと思ったのが日本人の心でした。

一部の金持ちが金儲けの為に戦争をしているのだ、戦争反対だと公言し、竹槍の訓練をばかばかしいと参加しないゲンの父を非国民と呼び、警察から暴力を受け、家族もまたそのことでいじめにあい、食料を売ってもらえなかったりする。

小学校の先生が、お国のために死ぬことが尊いことだと教える

日本人の洗脳されっぷりがほんとうに恐ろしいと思いました。
そのうちに安倍政権は憲法9条を改正し、日本が戦争が可能な状態に持っていくといわれていますが、愛国者法を制定したり、学校で教え込んだりして、日本の為に戦うことが尊いことだと教えていくんでしょうね。
どれぐらいの人がそういう考えに染まっていくかを考えると恐ろしいです。

今はネットがあって、うらの話をしてくれる人もたくさんいてまだましだけど、表の情報しか得ない人はすぐ染まっていきそうです。

実際に中国は領海を広げようとしていて、攻めてこられたら応戦するのは必要だと思うけど。
人が住んでない島をめぐっての争い。
領海というものは人が住んでいるエリアからの距離で決めるべきだと思うのです。
そうすると日本の領海はもっとせまくなりますが。
それ以外は公海とすべきだけど、欲張り合戦というか縄張り争いになっているのですね。

日本の漁業組合がある魚に対しては漁獲制限などをかけているように、国際的に中国や韓国と話し合って、漁獲制限を取り決めることはできないのでしょうかね。

まあ徐々に洗脳されないように政府のいろいろな方針や発表される数値、見通しなんかも疑ってかからないと。
身近なところでは予防接種から疑ってかかる、これは製薬会社の金儲けなんじゃないかと疑うところから。
そして反対の立場の人の意見もよく読む、そこからはじまるのかなと思います。

http://kaleido11.blog.fc2.com

コンビニ人間 感想 [Book]

コンビニ人間」を読みました。

大学卒業後18年間コンビニでバイトをしている主人公。
コンビニの世界が性に合い、そこでプロフェッショナルな働き方をしている。
結婚もせず、子供も産まず、正社員にもなっていない人に対して、「どうして結婚しないの」「どうして正社員にならないの」とずけずけ聞いてくる世の中の人。
主人公はコンビニで働くために、体調を整え、夜更かしせずに睡眠をとり、体を清潔にする。
コンビニでちゃんと働く為にきちんとした暮らしをしている。

私はいい歳になったら結婚するもの、結婚したら子供を生むもの、そういう考えになってました。
そうしなければ落ちこぼれになると思っていました。
だからといって未婚の人に「どうして」とまでは聞かなかったけど、心の中は聞きたい気持ちでいっぱいでした。

いまの日本で純粋に運命の人に出会って結婚している人がどれくらいいるのでしょう。
運命の人と結婚している人はいるにはいるけど少なくて、ほとんどのひとが結婚はするものだと思ってしているのではないでしょうか。

だけど、その考えは古臭いといわれるだろうけど、悪くないと思うのですよね。

主人公がコンビニでしっかり働く為に体調を整え、コンビニの為にコンビニで売れ残りそうな食材を選んで買って毎日の食事にしているように、私は子供の存在があるから、めんどうでも朝早く起きて朝食や弁当を作り、予算の限られた中で栄養バランスを考えた食事を提供したりしているわけです。
子供の存在は道を踏み外さないためのストッパーにもなっている。
子供に顔向けできないことはできないと思うのです。
不倫なんて子供が間違いなくぐれ、やさぐれて、一家がばらばらになる案件。
いろんな向こう見ずなことをしないように、将来にこにこと孫が抱けるおばあちゃんになれるようにやっている。

だから結婚しなさい圧力、子供をうみなさい圧力は悪くないと思うのです。
自由であること、一人できままに暮らすことは、いいようでよくないような。

凶悪な犯罪を起こす人がいますが、そのひとたちも結婚し子供がいたらそこまではしなかったかもしれない。

非正規社員が増えたのは社会システムが悪いせい。グローバル化のせい。
コンビニや飲食チェーンや工場や、普通に1日8時間働いている人が非正規で給料が少なく、老後も安泰でないというのはおかしいと思うのですよね。
政治の力で少しはなんとかできるところはなんとかしないと。
たくさん税金を納めるのはお金持ちの義務でしょう。
それもしつつ正規雇用を増やすようにもっていかないと。
とりあえずTPPは反対しないとますます悪くなっていきます。

レビューを読むと、人それぞれ着目しているところが違っていたりしておもしろいです。


やることがない

クロスステッチが好きなのですが、やっているとどうも目が悪くなってしまって、裸眼で運転がしづらくなります。

本を読んでもなんだか一冊なかなか読みきれません。

家事を終えると何もすることがない。
テレビも面白そうじゃないし、スマホでなんかしてもつまらないし、ビデオもしんどいし、どうしたものか。

なんにもやることがないので、9時には寝てますが、早朝というより深夜に目が覚めてしまいます。

どうしたものか。