So-net無料ブログ作成
検索選択

日本の食があぶない:市場法廃止 [時事問題]

拡散希望とのこと
日本の食がいよいよ危ないですね。


山田正彦 オフィシャルブログ
「突然、私の事務所大阪の青果卸売業者から電話がありました。」
https://ameblo.jp/yamada-masahiko/entry-12296628029.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー転載開始
2017年07月28日
テーマ:ブログ
大事な話です。最後迄読んでシエア拡散して頂けませんか。

農水省から「市場法廃止について説明を受けましたが、どうしても私達には納得がいかないので、とうしたらいいか」と。

農水省は来年の通常国会にTPPの交渉時から懸念されていた市場法廃止法案を提起して成立させる意図をハッキリ述べたようです。
折しも、日本農業新聞の1面トップに市場法抜本的改革の記事が掲載されています。内容は廃止に及
ぶものです。
実は私は農水大臣の時にも市場法の改正に当たったのでよく解りますが、種子法廃止と並んでこれから大変なことになります。
市場法によって公的市場が開設されて、生産農家、漁師はこれ迄は農水産物を全て競りにかけて貰らえるので安心して生産を続けられたのです。
さらに野菜、牛肉、豚肉等について、市場のない地方では価格を決めるのにも市場価格を参考にして取引価格を決めてきたのですす。
それに、農家も拠出して野菜、牛肉、豚肉等について価格が暴落しても生産が持続出来るように、国による価格安定制度があります。
その標準価格を決めるにも各地の市場価格を毎日集計して制度運用していますからでそれができなくなります。
近年イオン等大手量販店が市場を通さずに、直接大量に安く仕入れるケースが出てきて、価格破壊に繋がって来ました。
残金なことです。
日本経済新聞に「オリックスが青果等の流通に乗り出す」との記事がありました。
郵政民営化の時にオリックスか簡保の宿等を安く買い漁ったのを思い出します。
公的な市場を無くして、大企業が資本にものをいわせて農産物の流通も意のままにすると、いよいよ中小企業、小さな農家はどうなるのでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー転載ここまで

「大変なことになりました」
https://ameblo.jp/yamada-masahiko/entry-12291358665.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー転載開始
2017年07月10日
テーマ:NO!TPP
7月7日の日本農業新聞1面トップに「日欧EPA大枠合意、チーズ大幅開放、豚肉TPP水準、国内打撃計り知れず」とあります。

これは大変なことになりました。

7月10日、午後4時から衆議院第2議院会館、第一会議室で、日欧EPAについて政府関係者を呼んで緊急集会を開きます。

内閣からは官房のTPP政府対策本部企画官中島勇人、外務省からいわもと桂一課長、大塚和也欧州連合経済室長が、農水省から依田学課長が見えます。

どうなっているのか、色々お聞きしてみましょうか。

誰でも自由に参加できます。
シエア、拡散してまわりの方を誘い合わせて下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー転載ここまで

小泉進次郎によるJAつぶしによる農産物生産、流通のつぶし。
悪がどんどんはびこってきています。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。