So-net無料ブログ作成

V(ビジター)とワクチン [宇宙人・レプティリアン・爬虫類人]

ネタバレあります。
V(ビジター)の2巻目では、ビジターはインフルエンザワクチンに似せたワクチンの中に毒か病原菌かなにかをいれていることが、レジスタンスにばれていました。
そんなワクチンが大量に準備されていると。

テレビでインフルエンザの恐怖を煽れば、人々は容易にワクチン接種を行おうとする。
彼らは人間心理を知り尽くしていると、レジスタンスは話していました。

現実にも陰謀論界隈というか、世界の裏側に気づいた人々には、ワクチンは益になるものではない、むしろ体に害があるということが常識となっています。

裏側に気づいていない人には、ワクチン信仰があり、私の周りでも毎年インフルエンザワクチンを打つという人がほとんどです。
パート先でも、冬になれば接種するように勧められます。

そして今のヒアリ騒動もそう。
毎日のようにヒアリのことを報道すれば、薬局には大量にありごろしの薬が並べられます。
何年も前も、セアカゴケグモのことが毎日のように報道されたけど、それで誰か被害を受けたことが一件でもあったかどうか。

生き物が死に、土に還っていくサイクルの中で、アリは大切な役割を果たしている。
ヒアリは専門家でも、現地で確認することはできず、研究室に持ち帰って調べなければわからないほど、見分けにくいいきものらしい。

V(ビジター)を彼らの手の内が明かされていると見る人と、全くの空想ごとだと見る人と。

彼らは地球を乗っとる気満々なのですが、そのようには言わない。
友好的な顔をして、無料の治療センターを設け、いままで地球の治療で治せなかった人々を治して、信頼を得ていく。
そして我々の進んだテクノロジーを教えてあげるから、友好的に接しろという。

そこをみて、明治新政府を連想しました。
野蛮なる国々と付き合いたくなかった日本。
しかし、新しい技術を教えて人々を取り込んでいく。
文明開化は素晴らしいでしょうと。
そしてヨーロッパやアメリカに連れていって、文明を見せてやる。

これはUFO見学ツアーにいって、すごいなーと思わせられるのと同じように思います。
そこまで親切にしてやって、彼らが得たいものはなにか。

日本を開国させた勢力の手口は、ビジターとよく似ていると思うのでした。

2巻の最後のシーンは、遠い彼らの星で、大量の宇宙船が地球に向かってくるところでした。

「ワクチンの目的は「割礼」の代わりだったのか!?:洗脳と従順化の道具とか!?」
http://quasimoto.exblog.jp/19203310/
もはや無知な人を助けることはますます難しくなって来ている。もはやお手上げ状態である。
要するにこのロシア人将軍が言いたいことは、「割礼の儀式」というものは、従順で洗脳し易い民族を作り出すためだ、ということである。
生後8日で割礼されると赤ん坊は衝撃的な痛みを受ける。そのために、脳の発達がかなり阻害され、いわゆる分断脳になるということである。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。