So-net無料ブログ作成
検索選択

フリーメーソンには二派ある [オウム真理教]

「日出ずる国災い近し」麻原彰晃 1995年3月2日

私にはまだ理解できないのだけど、あげておく。

P.327
ぐちゃぐちゃな状態にこの日本はいよいよ突入する。これらはすべてフリーメーソンの計画通り進められている。
では、フリーメーソンはなぜこのぐちゃぐちゃな状態を作ろうとしているのかというと、彼らはもともと人間ではこの地上、地球というものはコントロールできず ー ここでいう「コントロール」とは支配という意味だが ー 支配できず、そしてそれゆえに聖書の預言あるいはノストラダムスの予言、あるいは、いろいろな聖者方の予言等を研究し、この世の中をぐちゃぐちゃにし、最終戦争に対しての準備を行っている。最終戦争に対する準備は何かと言うと、これはまさにその最終戦争をクリアしない限り、キリストの統治がないと彼らは考えているからである。これこそがまさに聖書の予言の成就であり、そして自分たちが静かにこの地球で神へ至る道を歩くことができるただ一つの道である、と彼らは考えているのである。
(94年4月29日 名古屋支部において)

P.328
フリーメーソンには二派ある ー キリスト観の違い
フリーメーソンには二つのタイプが存在している。それは予言を信じ、キリストの登場を待つグループと、それからもう一つは、「キリストの存在そのものが幻影であり、カルマの法則も存在しない。個々が自由に生きることをポイントに世の中を作り変えてしまおう」とするグループである。前者がキリストを世界の中心に持って行こうとするのに対し、後者は「キリスト」と認められる人物を引っ張り出して対決しようとしているのである。
この二派の対決はずっと続いているが、今の段階では後者が優位に立っている。彼らは、人間を完全に無知化させ、動物化させ、そして国家そのものが成立しないような状態をあちこちにつくり、それを一部のものがコントロールして、そして、この地上に完全に動物的自由、あるいは動物的な平等というものを与えることを目的としている。一般の魂は、彼らから見るとまさに動物と同じ価値しか存在しないということになる。彼らはキリストが千年経っても、千二百年経っても、千五百年経っても現れない現状を見て、そのような考えにいたったという。
しかし、もともとフリーメーソンは、”キリスト待望の集団”、つまりキリストが登場したら、そのキリストに奉仕するために結成された秘密結社である。彼らにとって最も重要なことは、人類を進化させること、そしてキリストの予言を成就させることである。予言を成就させるにはそのためのロケーション、シチュエーションを確定させる必要があるのである。この二つの目的によってフリーメーソンが設立させ、今のような現象が作られているのである。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。