So-net無料ブログ作成

戦前戦中のユダヤ研究がデジタルライブラリーで見られない [政治・社会]

「アメリカが在日を使って日本を支配している件」
http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/867.html
電通の傘下には共同通信と時事通信が存在する。 ニュースみてたらわかるが、テレビや新聞で流すニュースはほぼ全てが共同通信とロイターで構成されている。 ロイターについては後述するが、共同通信は地方含めすべてのテレビ・新聞・ラジオと契約または加盟している。 つまり、共同通信が情報を発信、論調の統一を実行していて少しでも反抗すると何故か右翼が速攻で嫌がらせをしてくる(後述します) つまり、電通がメディア界総てを支配していて思い通りに操れるのだと考えて下さい。 時事通信の方はというと、傘下に創価学会と統一教会が存在します。

ロイター通信がユダヤ勢力の支配下にあると言うことを、武田誠吾が昭和19年に「新聞とユダヤ人」においてすでに指摘しています。(実際はユダヤ勢力を盾にして後ろにキリスト教がかくれていると思っています。)
しかしこれらのユダヤ研究があったことを、陰謀論を知るまで私は知りませんでした。
武田誠吾のほかに四王天延孝(陸軍中将)などが研究していました。
国際ユダヤ力の研究が戦後に封印されている。


それで武田誠吾について調べていたら、
http://ameblo.jp/ryutarokase/entry-11821487714.html
最近、戦前戦中のユダヤ関連の資料が国立図書館の近代デジタルライブラリーから消されている様だが、当局の自主規制であれ、一部団体の圧力に屈したのであれ、思想洗浄を憂う。

実際に「武田誠吾」を国会図書館でサーチしてみれば、
http://iss.ndl.go.jp/books?rft.au=武田誠吾+著&search_mode=advanced
デジタルコレクションは「館内限定閲覧」となっており、中身を見ることができないようになっています。
そして国会図書館で閲覧するには、個人データを晒して、登録しなければ見られない。

そしてまた「れんだいこ」さんのブログが、2017年4月19日現在みられなくなっています。
「れんだいこ」さんは、ユダヤ勢力はじめたくさんの著書を読み、分析されてきた方。
それを自ら消すことは考えられない。なにかがあったのではないかと思います。

今ならキャッシュで見られます。
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:UxXPXpzhoX8J:www.marino.ne.jp/~rendaico/judea/hanyudayasyugico/nihonnokenkyushi/senzennokenkyuco.htm+&cd=4&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&client=safari

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:xQ34u4j-TdEJ:www.marino.ne.jp/~rendaico/judea/hanyudayasyugico/nihonnokenkyushi/shitennoshinokenkyuco.html+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&client=safari

なにかがはじまっているようす。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0