So-net無料ブログ作成
検索選択

新井素子さんと3万冊の本 [断捨離・片付け]

婦人公論2014 6/7号を読んでいたら、新井素子さんのおうちには3万冊の本があると書かれていました。

一階は全部書庫、居住空間は2階、重量鉄鋼構造にして本の重みに耐えられる家にされたそうです。
写真を見ると、床から天井までの作り付けの棚に、いっぱい本が入っていて、まだ余裕はあるものの、棚によっては奥と手前の2列に本が置かれていたり、もうすでに床置きの本が何十冊もあるようでした。

自分で購入したのが2万冊ぐらいで、あとは父の没後に蔵書を引き取った。
父方の祖父、母方の祖父、父と母が講談社勤務っておもしろすぎます。

本代にはお金を惜しまない家で、たくさんの本が与えられ、本を捨てることはもってのほかという家だった。

結婚した時の新居が六畳一間に四畳半とキッチンしかない借家だった。
当時持っていた一万冊の本を持ち込むわけにいかないので、本は全部実家に残し、辞書だけ持って引っ越した。
ただし辞書だけで百冊以上あった!!

私もいろいろ気が変わるせいで、辞書は多いほうだと思うのですが、国語四冊、英語、和英、ドイツ語、フランス語、ロシア語、英英ぐらいで、十冊もいかないくらいです。
百冊の辞書ってどんなものがふくまれているんでしょう。
ぜひみてみたいです。

今(雑誌掲載時)も月に20−30冊のペースで増えているそう。
うちにある本はあまり読まないんですよね。
新しい本にばかり興味が向くから。

服でもそうですよね。次から次へと買っている人は家にどれだけあっても新しいほうに目が行くので。

断捨離がブームでわたしもすっかりはまり、だいぶ本を処分して身軽になってきましたけど、本がたくさんある家ってのもいいなあとも思います。自分ちはもういやですけど。

新井父が本を捨てないのを母は苦々しく思っていたようで、父が寝込んでからは復讐のように父の本を捨てるようになったと。蔵書の中にはシリーズの1、2巻だけ抜けているものがあるそうです。
どっちの気持ちもわかります。

好きなだけ本を買ってもいいというのは、本だからいいのかもしれません。
インテリな感じがするし、買った本を読んでいる間は買わない時間がある。
本の価格は1500円として、三十冊で45000円。それほど大変な額にはありませんね。

原動力は同じようなものだと思うのですが、これが服だと話が全然違ってきます。
毎日のように服を買うって、おばかなイメージで、オシャレっぽいものだと1枚5千円から1万円はする。
すると30枚買うと、6万円から30万円になってしまうのですね。

暇をつぶし、知的好奇心を満たすのは本を読むほうがよさそうです。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

コトタマ

紹介


日蓮正宗

全生庵

言霊百神
by コトタマ (2016-03-09 22:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0