So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ユダヤ系金権勢力

新聞とユダヤ人」を読んでいると、白だと思っていたものが黒だった、黒だったと思っていたものが白だったということがあって、ものすごく面白いです。

第2次世界大戦で日本が中国や朝鮮などに出兵していたことは、私が習った限りでは「悪いこと」であり、してはいけないことでした。
だけど、「新聞とユダヤ人」を読むと、ユダヤ系金権勢力からアジアを守ろうとした戦いだったんだと気付きました。一部では中国や朝鮮の人が悲しむことをしていたこともあるけれど、志としてはアジアを救うつもりだった。
そのために、中国や各地に道路を整備し、橋を架け、鉄道を引き、港湾を整備し、学校を建て、勉強を教えた。
資源を運び出すためでもあったかもしれないが、ひとつのアジアとして、そこの地もよくなるようにという思いがあったから。

そしてまたひとつの黒だと思っていたものが、ホロコースト。
誤解されかねないけれど、ヒトラーのホロコーストもユダヤ系金権勢力との戦いだった。
悪いのは一部のユダヤ人であって、すべてのユダヤ人ではないのに、ホロコーストをしてしまったのは誤りだったけど、そこまでやろうとしたほどに、ユダヤ系金権勢力を倒そうとした。
wikipediaによると、
「戦前期にはまだ絶滅政策は行われておらず、財産没収と国外追放がナチスのユダヤ人政策だった」

そして日本はユダヤ系金権勢力に敗れてしまったのだ。
ユダヤ系金権勢力に敗れた今、日本は徐々に支配されつつある。
しかも支配されていることに気づかないまま。

第2次世界大戦の日本軍も、暗殺されたケネディも、ロッキード事件の田中角榮も、酩酊会見の中川さんも、ユダヤ系金権勢力と戦って戦死したのだと知る。

ユダヤ系金権勢力は目に見える支配をせず、お金だけをとる支配をする。
だから支配されていることに気づかない。

報道を巧みに操るユダヤ系金権勢力。
勝てるような気がしないのですけど。

「新聞とユダヤ人」より
新聞や通信を世界征服の謀略武器として悪用しているユダヤ人の民族性に触れてみよう。ユダヤ人は「神の選民」であるとのうぬぼれを有し、自尊心の強い民族である。辺境にして猛烈な民族団結心と、他民族排他性、高度の同族共済の精神を持っている、仕事に対しては極めて勤勉であるが、大地に親しんで物を創造し、生産する勤労を極度に嫌う。都会生活を好み、極端な唯物主義者であり、黄金万能主義者である。都会生活を好み、黄金崇拝の結果として、高利貸し、銀行家、仲買人、株式取引所員、資本家、医者、学者、弁護士、音楽家、新聞記者、作家、政治家、俳優、評論家、思想家、教授などの頭脳を働かせる職業に天才的才能を有しているものが多い。このやうに精神的労働を好み、肉体労働を避ける。また他人の犠牲において、自己のみを利するブローカー的根性が強い。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

なぜ自民党はタレント候補を擁立するのか [政治・社会]

新聞とユダヤ人」を読んでいるうちに、自民党がタレント候補を擁立するのは「民衆の盲目なること及び空虚な音ばかり高い雄弁を愛好する性癖を有すること」を承知しているからだと思い至りました。

政治についてしっかり考えている人を除いて、一般大衆は候補者の公約などを熱心に読んだり研究したりしない。
子育て支援だとか、弱者に優しい福祉とかだれにも反対されない公約をタレント候補に掲げさせると、ほかにしっかりした公約をかかげてブログなどで発表している候補がいるとしても、知名度があるからタレント候補は当選する。

福祉をよくしようとして応援するつもりで自民党のタレント候補に投票すると、それがTPP賛成の1票になってしまうのだなと今頃気付きました。
タレント議員は、TPPについて何の意見もなく、考えたことも、これから考えることもない。
ただの操り人形であり、集票のためのタレントにすぎない。
福祉についてそれらしい演説ができればそれでよいのでしょう。

もしタレント議員が自分の意見を持って、TPP反対、在日米軍基地に反対とかいいだしたら、たちまちお払い箱になるでしょう。
たぶん「速度」のひとも「ボディボディ」のひとも、福祉以外のことはやらずに、TPPは上の人の言う通りに賛成の票を入れるでしょうね。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

TPPに関心があるのは何パーセントか [政治・社会]

日本の有権者の中でTPPに関心があるのは何パーセントいるのか?

熱心に勉強し、関心を持っている人がいる一方で、
働き盛りの男性は朝早くから夜遅くまで働いて、政治問題に興味をもつ時間がない人もいる。
定年して余裕ができて社会情勢をやっと知ることができる、そんな人もいるだろう。
女性はどうだろう?
女子大生、就職したての女の子、専業主婦、パート主婦、働く女性、独身女性、定年後の女性。
TPPに関心があるのは20パーセントもいるかどうか?

そして未来の有権者である高校生で、関心を持っているのは何パーセントだろうか?
おそらく10パーセントもいないだろう。
真面目な子は受験勉強ばかりし、そうでない子は娯楽に走る。娯楽と学校の勉強以外の本を読もうという人はものすごくすくないのでは?

人々が政治問題に興味を持たないのは、関心を持ってもらうと困る勢力があるから。
できるだけ政治に興味を持たずバカでいてほしい。
そのほうが都合良くことを運べるから。

それに気付かされたのは、「新聞とユダヤ人」を読んだから。
これは昭和19年に初版が発行され、2014年に復刻版がでた。
たぶん「ユダヤ人」とでた時点で、読まない人がでてくるだろう。
(私が人種差別主義者ではないことをくどいくらいに言わないと誤解されるだろう。本文中のユダヤ人というところはユダヤ系国際金融勢力と置き換えて読んで欲しい)
読んだ人の中には人種差別、天皇陛下万歳、戦争への気持ちをあおる本かと受け取る人もいるだろう。
実際にそうとれる内容はあるけれど、作者が伝えたい本質はそこではない。
世界を経済的に支配しようとする国際金融勢力があること、それを昭和19年にすでに指摘していることなのだ。

いまの日本や世界の現状は、この本が指摘した通りになっていることに気づく。

ロスチャイルドやゴールドマンをはじめとするユダヤ系の国際金融勢力。
それが世界の富のほとんどを所有しており、ワーキングプアに分け与えるつもりは一切ない。
このユダヤ系国際金融勢力の思想の元となっているのは、「シオン会議の議定書」だそうだが、その基礎となったのが、全世界ユダヤ人同盟が1860年パリで結成された時、ユダヤ人首脳部が決定した非ユダヤ民族征服指針書であると言われている。
20か条からなっているが、私が驚いたのが、以下の条文。

**********
二、印刷物を占有すること、その手段によって非ユダヤ人を堕落させ、馬鹿者と化し且つ騒乱を惹起させることができる。
八、玉座の守護、愛国心養成学校たる陸軍を廃滅すること。
九、陸軍嫌いの人民中に軍備反対の念をますます扇動勃興せしむること。
十一、取引所を盛んにすること、取引所は非ユダヤ人を投機熱に引き入れ財産を大資本家の手に移す良き手段である。
十四、ユダヤ人は貿易及び投機を確実に掌握せねばならぬ。農業及び村落経済を己が手中に握るため、特に酒精、穀物類、油類、絹の貿易および投機業を確実に保持すること。
十五、ユダヤ人のためあらゆる官職に就く道を開き、国家の立法者中に加へること。
十六、ユダヤ人に反対する法律を廃滅すること、特にユダヤ人に利益をもたらす法律を制定すること。
十七、ユダヤ人は古来よりの仇敵たるキリスト教徒の財産、健康及び生命を手中に握るため、医者及び弁護士の職に就くこと。
十八、非ユダヤ人中に労働階級の発達を図ること。
十九、あらゆる不平、あらゆる革命を援助すること。

イスラエル人がこの決議に従うならば、数百年ののち我々の子孫は世界の支配者となるであらう。
社会運動者の味方と偽り、世論の推移の支配および指導に努力することをなさねばならぬ。
民衆の盲目なることおよび空虚な音ばかり高い雄弁を愛好する性癖を有することと、我々の人気と信用とは、民衆を誘導する両刀の武器である。
我々は目的を達成するために、可能なる程度に労働階級を保護することが必要である。かくのごとく行動すれば我々は希望通り民衆を挑発することができる。
我々は革命のために、武器として民衆を使用しよう、これらの災害あるごとに我が事業は長足に成功に近づき、我が全地球統御の目的は迅速に達成されるのである。
**********

数百年かけてでも、ユダヤ系国際金融勢力はやりとげようとする。
すでにアメリカの支配は完了し、全世界支配に向けて進んでいるのだ。


TPPにすでに危機感を持っている層は、書籍を発行したり、ブログを書いたり、記者ならば記事にしたりする。
そして関係する記事をよく読む。
しかしそのようにどんなに危機を伝えようとしても、「わからない、考えたくない、どうでもいい」という層が圧倒的に存在するのだ。

その層は、そのようなテーマの本をそもそも読まないし、新聞に載っていたところでスルーする。
テレビでやったところで見ないという層なのだ。
それをはっきりとわかっておかなければならないのですね。

そしてその層は、ツイッター程度の短文しか受け入れない。
その層はツイッターに第1ソースのリンクが貼ってあっても読まずに、その短文だけ読んでリツイートする、そういう層なのだ。

そして「change!」であったり、「郵政民営化!」だったりの空虚な音ばかり高い雄弁を愛好する性癖を有する。

相手は民衆を誘導するのに長けた人々である。それを100年以上もやってきた恐ろしく賢く、悪巧みに長けている人々なのだ。

しかしTPPの批准の前に選挙の機会はない。
自民党の中でも農業を大切にしている議員は反対派だと聞く。
しかし安倍首相は批准する気だ。
どうすればTPP批准を阻止できるだろうか。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

北朝鮮の核武装について [政治・社会]

北朝鮮が核武装をするのは、実際に攻撃するつもりはなくて、ただ丸腰ではありませんよということを示したいだけなのだと考えます。

そして北朝鮮は日本を狙うつもりはまったくない。
敵はアメリカだと明言している。
北朝鮮はグローバル金権勢力に対抗し、国益を守りたい。

北朝鮮は日本を攻撃すると発言したことはないのでは?
ただミサイルの実験の都合上日本のエリアの海に落ちたに過ぎない。
なのに日本が攻撃されそうな雰囲気を作っている安倍政権。

アメリカは北朝鮮の近くで米韓軍事演習を行い、北朝鮮を挑発する行動を起こしている。
これからもしつこくアメリカは挑発行為を行うだろう。
それが罠だと知らずに、いらつかされた北朝鮮は攻撃してくるかもしれない。本当はしたくないのに。

これまでの挑発の結果、北朝鮮から「これ以上挑発行為を行うとグアム島の米軍基地を攻撃する」という発言を引き出した。

なかなか北朝鮮が攻撃してこない場合、アメリカは911のように、あたかも自分のところが攻撃があったかのように見せ、自作自演で自分のところを破壊する。
そのあと北朝鮮による攻撃があったとニュースを捏造。

反撃する世論を盛り上げて、北朝鮮を圧倒的武力で叩く。

こういうシナリオを考えているのではないでしょうか。
北朝鮮によるミサイルの発射があったかのように映像を捏造し、叩かれたように見せかけて反撃の世論を盛り上げる。

このとき、自作自演の舞台として選ばれるのはどこでしょう。
グアムかもしれないし、もしかしたら日本かもしれない。
そしたら日本を巻き込むことができて、日本に兵器もたくさん売れるし、日本と北朝鮮で潰し合いをはじめさせ、そうすると中国は北朝鮮を応援するかな。
ロシアはどっちを応援するだろう。
北朝鮮、日本、中国に争わせ、弱ったところをアメリカがいただくと。
そういう筋書きかもしれません。

アメリカが本当に手に入れたいのは、日本のお金。
そのために北朝鮮を挑発しているのかも。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

姿なき支配 [政治・社会]

「新聞とユダヤ人」にはひさびさにわくわくする感じ、知的興奮を感じています。

ユダヤ人といってもすべてのユダヤ人が悪巧みをしているわけではないのですが。
またこの悪巧みをしているのはユダヤ人だけではないようですが。

おそしろいと思ったのは、ユダヤ人が「姿なきユダヤ帝国」の建設を計画したということろ。
「「領土、主権、人民」などの形が見える国家の建設を断念し、領土なき国家の建設を意図するにいたった。」

「すなわち世界における政治力(政権)、経済力(金権)、思想力(思想権)、言論力(通信報道権)などの目に見えない姿なき世界支配力をすべてユダヤ人の掌中に握って、世界25億の人類をユダヤ民族の利益と繁栄のために奴隷化しようというのである。」

アメリカ医療は民営化されているためにたいへん高額で、金持ちしか十分な医療が受けられない。
アメリカの非正規雇用は多そう。
そして公的年金は存在していないだろう。
だからアメリカの奴隷化はもう完了しているのでは?

日本もじわじわと奴隷化に向かっている。
非正規雇用を増やしたこと。
規制緩和などで外資が入り込めるようになり、GPIFが株式比率を上げたことにより、年金の原資が不安定な状態、公的保険や、公教育、公的年金、農業や漁業もねらわれようとしているのですね。

韓国はすでに米韓FTAによって不利益を被っているらしい。
http://www.asagei.com/excerpt/12608
>> こう言って三橋氏が取り出したのは「TPP交渉で扱われる分野」と題した一枚の書類。物品市場アクセス、原産地規制、政府調達、知的財産、越境サービス、金融サービス、電気通信、投資、環境、労働、紛争解決‥‥と、全21項目にわたって説明がなされている。

たしかに日本でも姿なき支配がされているのですね。
フジテレビは外資の比率が30%だそうですし、ほかの大手テレビ局も何割か外資がはいっている。
銀行にしてもなんにしても、実は外資が牛耳っていたりして。
日本の会社名で、日本人がやっているけれども、実態はちがう。姿なき支配なのですね。
見えないから支配されていることに気づかない。

「我々がユダヤの世界征服計画やユダヤ謀略を研究するために必ず読まねばならない文献の一つとして「シオン会議の議定書」がある。「シオン会議の議定書」というのは、明治30年(1897年)8月29日から31日に至る3日間、スイス国バーゼル市で開催された第1回シオン会議において指導的ユダヤ人代表が決議した議事録の抄録である。」

wikipediaによると
>>『シオン賢者の議定書』(シオンけんじゃのぎていしょ、英: The Protocols of the Elders of Zion)は、「秘密権力の世界征服計画書」という触れ込みで広まった会話形式の文書。1890年代の終わりから1900年代の初めにかけてロシア語版が出て以降、『ユダヤ議定書』『シオンのプロトコール』『ユダヤの長老達のプロトコル』とも呼ばれるようになった。ユダヤ人を貶めるために作られた本であると考えられ、ドイツのナチスに影響を与え、結果的にホロコーストを引き起こしたともいえることから「史上最悪の偽書」[1]、「史上最低の偽造文書」[2]とされることもある。

>>ドイツでも反ユダヤ主義の運動において積極的に利用された。アドルフ・ヒトラーは『我が闘争』の中で「ぞくっとするほどユダヤ民族の本質と活動を暴露している」[6]「多くのユダヤ人が無意識に行っているかもしれないことが、この書では明確に述べられている」[6]と、この書に基づいてユダヤ人を批判した。ヒトラーは「この文書での秘密の暴露がどのユダヤ人の頭から出たものであるかはどうでもいい」[6]「それ(議定書)は偽書である、と『フランクフルト新聞(ドイツ語版)』(ヒトラーはユダヤ資本と考えていた)は繰り返し世間に苦情を伝えているが、それこそがこの書が本物であるという証拠である」[6]としており、文書の出自自体を問題にしようとしなかった[7][8]。ナチス・ドイツ政権成立後、ナチスはユダヤ人への迫害政策を継続的に行い、最終的にホロコーストを実施した。

私も「それ(議定書)は偽書である」というのは、妨害工作であると思います。
実際に行われている姿なき支配がそれを表しているように思います。

「新聞とユダヤ人」 [政治・社会]

「世界一底なしの闇の国NIPPON」に「新聞とユダヤ人」の一部が120ページほど載っています。

「新聞とユダヤ人」というのは武田誠吾著で、昭和19年に初版が発行されています。

ユダヤ人は悪い性質がある、天皇陛下万歳という意味の記述がたくさんあるのですが、そこは目をつぶって注目するところは、闇の金権勢力があることを昭和19年にすでに指摘していたということです。

「今次世界大戦に於ける我々の敵は米英アングロサクソンであると同時に米英の真の支配力を掌握している国際ユダヤ金権勢力であることを我々は知らねばならない」

そして「新聞とユダヤ人」というタイトルは、昭和19年まだテレビが一般に普及する前はメディアといえば新聞だけだったから、このメディアを支配することの重要性をユダヤ金権勢力は知っているという意味で、今なら「メディアとグローバル金権勢力」というタイトルになるかもしれない。

だから本当に重要なニュースは表のメディアには出てこない、コントロールされ、下劣でくだらないニュースで埋まるように仕組まれているのですね。
真のジャーナリストは、悪ければ消されたり、痴漢の罪をかぶせられたり、地方に飛ばされたりする。
テレビでにこにこ話している綺麗なアナウンサーは、TPPの真実について伝えることはないってことですね。

「国際ユダヤ勢力の最高機関である「世界ユダヤ会議」の議長をしているゴールドマンというユダヤ人は今次欧州戦争突発後1940年2月10日開催された米国ユダヤ会議の席上、「今次大戦の目的は世界各国の国家主権を破壊して、しかるのちに世界連邦組織を確立することである」と豪語している」

このゴールドマンってもしかして「ゴールドマン・サックス」のひとのことでしょうか。

そしてこの本にはサッスーンという名前も出てきます。
サッスーン家は小泉ジュニアと関係があるとか。
小泉ジュニアは日本の農林中金?を改悪しようとしているその手先だそうですね。

毎日蕁麻疹

7月の半ばあたりから、毎日のように蕁麻疹がでます。

夜中の3時ごろにかゆくて目が覚めたり、昼間のパートの間もぽつぽつとでたりしています。

添加物の含まれている食品をなるべく食べないようにすると少しはましになるのですが、バナナもでるのか?安い鶏肉のミンチでもでるのか?
一旦食べると3日間は出続けるので、原因がなんなのかつかみにくいです。

疲れやすくもなっていて、パートに行くのがとても気が重いです。
パートから帰って夕方横になりたいほどだし、そして夜9時になるとまたねむくなる。
3時ごろまた目がさめる。といった調子で、いつもなにか疲れが取れない状態です。

そして動悸も最近しはじめています。

蕁麻疹が出続ける日々、
このままいたらある日いきなりアトピーになるんじゃないだろうか、もしくはいきなり心臓がとまるか?

添加物の入っている食品を食べると、皮膚に分泌されるものがべとついていて不快なのに、スーパーで買う時に我慢できず買ってしまうという自制心のなさ。

栄養がかたよっているんでしょうね。
でもなにが足りないのか。

HAARPモニター [政治・社会]

最近まで陰謀論を陰謀論としていた私にとっては、HAARPという人工地震発生装置はそんなのホントには存在しないでしょ、陰謀論者の空想のものでしょと思っていたのですが、そうでもないよう。

実際にHAARPモニターのデータから地震を予測されているのですね。
どこで発生するかはわからなかったようですが。

HAARPに地震波か?
http://quasimoto.exblog.jp/14408281/

このかた井口和基さんのブログとてもおもしろいです。
人種差別的なことも書かれているそうなので、それはちょっと同意できませんが。

奇形の写真 足の指が8本づつ [政治・社会]

中国うなぎは超危険!!」
http://blog.goo.ne.jp/1shig/e/2dfaa705d8c2800c0d9737c767a4b31b

>>「日本の業者が出張してきた時に、『危険薬品は一切使っていません』と申告し、
日本人もそれを信じているだけのことではないか。
ウナギ養殖の特徴は、ふつう中華料理には用いない食材で、
そのほとんどが日本への輸出用だということだ。
周知のように現在、日本は中国の最大の敵国だ。
敵国向けに特化した食材にどんな毒薬を混ぜようが、
中国当局からおとがめを受けることはない。
『日本民族を毒殺して殲滅(せんめつ)せよ!』
なんてネット上の書き込みが平気で出ているのが、いまの中国の国情なのだから」

こういうことは新聞やテレビには出ない。
それは中国製のうなぎを輸入し販売している業者が多数いるからか。

中国製だけではない。
日本だって放射能米や放射能牛乳が混ぜられうすめられて流通しているんだろうな。

奇形の子どもは生まれる前に、手術されているのかもしれない。
それがどれぐらい増えているのか、医師や助産師が告発するのは、その人が仕事をやめるときまで待たなければならないかも。



軍事力は必要 [政治・社会]

この間までは、戦争反対、軍事力もいままで通りぐらいでいい、憲法9条も改正しなくて良いという考えでしたが、陰謀論を読むうちに考えが変わってきました。

欧米の資産家にもうけを取られている日本。
これに巻き込まれないように頑張っている国はどこか?
それは中東や中南米の国についてはよくわからないけど、ロシアと中国、北朝鮮なのではないか?

どうしてそれらの国が、欧米にいいようにされていないかというと、軍事力を持っているからなのではと思うようになりました。
軍事力があるから、へたに手を出せない。

日本の平和憲法はアメリカが作ったものという説に反感を覚えていましたが、陰謀論の視点から考えると、日本を軍事的に丸裸にし、アメリカにはむかえなくするようにしたという説が納得できます。

http://ameblo.jp/daitoaseinenkai21/entry-12190932132.html
バイデン」副大統領のセリフによると
>>「核武装を禁止した日本国憲法を我々が書いたことを、
彼は理解してないのではないか。彼は学校で習わなかったのか。」

核武装しないように仕組んだのですね。

戦争はしたくないが、発言力を持つために、欧米の奴隷にならないようにするために脅しとして核武装は必要なのかも。

たとえばロシアや中国に軍事力がなかったとしたらどうだろう。
イランやイラクのようにミサイルをどんどん打ち込まれ核廃棄物のゴミ捨て場とされるか、鉱山を支配されるかな。保険や銀行も食糧生産についても外資系ばかりになるかも。

「劣化ウランは放射性廃棄物」
http://www.nuketext.org/du.html

核武装は必要としても、放射能で汚染されるのはごめんだけど、どうしたものか。

いろいろ調べるうちに知るのは、欧米は情報戦が得意ということです。
なんでも疑ってかからないといけないのですね。




前の10件 | -