So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

「カプリコンワン」 [Cinema]

ビデオで「カプリコンワン」を見ました。
1977年日本公開だそうです。
あらすじをばらしてしまうと、
アメリカは、人を送り火星探査を行う。しかし、国の威信をかけて失敗することはできない状況なので発射直前に宇宙飛行士たちを密かにおろし、軟禁する。
そしてさも本当に火星に行っているかのような映像を捏造し放送する。
それにNASAのチームに対しても気づかれないようにリーダーが注意を払う。
データがおかしいことに気づいたNASAのメンバーは消され、住んでいた住居も別人がずっと住んでいたかのように工作される。その人が消されたことに気づく報道記者。
何ヶ月かかかって地球にもどってくるという段階になったとき、探査船は着陸失敗されたことにされてしまう。
命の危険を察し、三人の宇宙飛行士は脱出、二人は政府側につかまってしまうが、一人は報道記者の助けを借り、宇宙飛行士の葬儀が行われている墓地に現れる。

アポロ11号もこういうことだったんだろうなと。

wikipedia
**********引用開始
アメリカによる有人火星探査宇宙船「カプリコン・1」を巡る物語。宇宙飛行が題材となっているため、SF映画にカテゴライズされていることが多いが、内容的には国家レベルでいわゆる“やらせ”を仕組むなど「政治ドラマサスペンスドラマ」の要素が強く、国家計画の威信や、それによって犠牲となる人々の様子を主として描いた作品となっている。
映画製作当時の現実世界の技術とほぼ変わらないロケット・宇宙技術しか登場せず、全体として「空想科学」的要素が少ないため、SF映画とみなさない向きもあるが、21世紀を迎えた現在においてもいまだ実現していない有人火星探査を舞台装置に、そのミッションを虚実折り混ぜて描いている点に着目すれば、本作品も「サイエンス・フィクション」映画の範疇にあるといえよう。
当初はアメリカ航空宇宙局 (NASA) が協力的だったが、試写で内容を知ってから協力を拒否したことで有名な作品である。
**********引用ここまで

夜遅くまでの塾通い [子育て]

私は今は子供学習塾にはやらせてません。
九九がしっかりできてなかった時は、数年だけ公文に通わせましたがそれだけです。
というのも、学校にいったり、部活をやるだけで、子供はかなり疲れていると思うのですよね。
でもまわりがやっているからと、遅くまで塾にやったりするのは、かわいそうすぎると思うのです。
私だったら気持ちが擦り切れるなと思うのです。

たぶん親は良い大学にいかないと将来大変になると思って行かせているんでしょうが、勉強する子は家でもするし、しない子は塾に行ってもしないし。

競争を煽られている気がするのですよね。
塾は人を集めたいから、基本的には不安を煽るやりかたをする。
みんな流されているんじゃないかなと。

外が明るいうちに家に帰る。
これだけでもどれほど幸せなことか。

大学に入ってからも使わない、一生使わない受験でしか使わない知識をただ詰め込む。
センター試験の内容を変えれば、とても有意義なものになりそうですが。

ドラマの「就活家族」を見ましたが、これはとてもよくできていて、面白かったです。
有名大学でないと、エントリーさえ受け付けてもらえないのですね。

塾に行かせてくれたらよかったのに、なんて言われる日が来るのでしょうか。
でもなあ。

どのように闘うのか [政治・社会]

杉並からの情報発信です
【週間レポート】①【信用創造特権】剥奪②仏日語放送③どのように闘うのか④フランス大統領選挙注目すべき革命派候補
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/6700a2871564ac726107abf6e62d4351

**********引用開始
大田龍氏が世界支配階級が世界中を支配・搾取する5つの部門の中で①金融を第一部門に挙げて解説しているのは、金融こそがすべての支配の根源であることを示唆している。

すなわち、我々の市民革命によって①金融を解体できれば、他の四つの支配(②政治、③宗教、④知識、⑤社会)も解体できることを示唆しているのだ。

すなわち、我々が主張している以下の四つの【信用創造特権】を世界支配階級から剥奪して廃止すれば、他の権力支配はドミノ式に解体されることは正しいのだ!

①中央銀行の【貨幣発行権】

②民間銀行の【無からお金をつくる壮大な詐欺システム=準備預金制度】

③政府の【国債発行権】

④銀行と金持が永遠に肥え太る【不労所得の典型=金利

即ち改宗ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィアによる世界絶対支配を阻止し解体する具体的な闘いは以下の通りだろう!

ここで重要なことは、私が以下に提言する闘いはすべて我々の日常生活の中で今でも実行できることであり、いつか遠い未来のある時期に実行することではないということだ!

①金融部門 (経済支配を含む)

→四つの【信用創造特権】を剥奪・廃止する闘い

1.中央銀行の【貨幣発行権】

2.民間銀行の【無からお金をつくる壮大な詐欺システム=準備預金制度】

3.政府の【国債発行権】

4.銀行と金持が永遠に肥え太る【不労所得の典型=金利】

(加筆訂正!)→銀行預金を止め自前の耐火金庫でタンス預金すべし!

(加筆訂正!)→クレデイットカード=『金融奴隷のパスポート』を捨てるべし。

(加筆訂正!)→『信用創造』を止め現金で決済する現金主義と実体経済中心にすべし。

②政治部門 (軍事を含む)

→極右ファシストを政治家と官僚と軍人に選ばない。

→政治家と官僚と軍人の利権・特権を剥奪する。

→金持は政治の世界から追放する。

→政治家と官僚と軍人の価値基準と行動基準はその国の最高法規である憲法に置く。

→『憲法の番人』である独立した公選制の憲法裁判所を設置する。
 
→政治家と官僚と軍人の特権を禁止し報酬と待遇は国民と同じにする。

→戦争犯罪や国民資産横領などの国家権力犯罪を犯した政治家と官僚と軍人は厳罰に処す。

③宗教部門 (カルト宗教を含む)

→宗教洗脳を禁止する。

→宗教組織の特権を禁止する。

→『ユダヤ人は神に選ばれた選民である』『選民であるユダヤ人はその他の民族の財産や命を奪う権利がある』とのユダヤ教秘密経典【タルムード】の教えは間違っている。

→全知全能の神が人間と世界を一週間で創造したという聖書の教えは大嘘である。

→人間は40億年前に海に誕生した単細胞が45億年かけて進化したものである。

→神を信じない者は死後地獄に落ちるというのは大嘘である。

→神を信じて自爆すれば死後の世界で幸せになれるというのは大嘘である。

→カルト宗教の教祖は自らは犠牲を払わず洗脳した信者に犠牲を強いるのだ。

④知識部門 (学会、教育、科学・技術、芸術)

→共産主義などの『イデオロギー洗脳』を禁止せよ。

→洗脳教育を拒否すべし

御用学者がでっちあげた歴史や哲学や政治や経済の学説を疑うべし。

一般常識を疑うべし。

→哲学や歴史や国語の教育を重視する。

⑤社会部門 (マスコミを含む)

マスコミによる世論誘導と情報操作に騙されない賢明さを獲得せよ。

御用学者や御用評論家の嘘を見破る賢明さが必要。

家族勉強会を組織し自分たちで勉強し真実・事実を突き止める。

→草の根勉強会を組織し自分たちで勉強し真実・事実を突き止める。

TVを捨てるべし。

全国紙を捨てるべし。

→国家は『国民の知る権利』を保障すべし。


**********引用ここまで

タマちゃんの暇つぶし
★明治の始め、一般民衆は「天皇」があることを知らなかった!
http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-15388.html

これまではテレビや新聞で報道されることをそのまま受け取っていたのですが、最近は誘導されている感じがして、テレビを楽しめなくなってしまいました。
こうやってバカ番組を作って、政治や社会に興味を持たないように仕向けているんだな。
この人はわいせつでつかまったと報道されたけど、濡れ衣なんだろうな。
自殺したテレビ局の人は、たぶんだれかに都合の悪い番組を作ったんだろうな、そして自殺を偽装されたんだろうな。なんて思って検索してみると案の定ということがよくあります。

これまで有名で立派な人だと思っていた人が、歴史を曲げていたり、太鼓持ちだと言われていたり。
結局はテレビや新聞に出ている人は、都合の悪いことは何一ついわないのだなと。
本当のことを言う人は、濡れ衣を着せられるんだなと。

築地と豊洲の市場つぶし [政治・社会]

豊洲市場への移転でもめていますが、グローバル資本勢力を勉強した私から見るとこれは、「彼ら」による日本の水産物市場や青果市場つぶしなんではと勘ぐってしまいます。
豊洲の冷蔵設備や市場区画を購入した業者にとっては、購入したのにそれは活かせなくて、負担だけがかさんでいく。
市場の業者が弱体化したところに、グローバル資本が入るか、それとも日本の食材は取り扱わなくなって輸入食物に頼らざるを得なくなるのではなんて思うのですよね。
小池さんは果たして市場の味方なのかどうなのか。築地市場長は更迭されてしまっていますし。
どうやら豊洲市場は構造に問題があり、使いづらいだろうという指摘が出ているのですね。
環境基準に適さない、横開きトレイラーがつけれない、フォークリフトが使える強度があるのか、まぐろを解体できるスペースがないとか、検索するとでてきました。
すると、豊洲市場の移転は中止した方が、日本の食を守るためにはよさそうです。
日本の食を守るために、小池さんは戦ってくれているのですね。

植草一秀さんのブログがわかりやすいです。
築地豊洲移転困難にする杜撰設計の自縄自縛
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-7d20.html
**********引用開始
「日本の食文化を支えているのは、仲卸さんを中心とする魚食文化の知識と、人的ネットワークなんです!

だから、漁業生産者も卸会社も仲卸業者もスーパーや小売り、割烹、居酒屋、飲食店、最終消費者は仲違いしてはいけません。

豊洲の問題で互いが喧嘩してはいけません。

このネットワークの循環が切れたときに、日本の食文化は死にます。

それを断ち切り続けてきたのが、たかが数年前に見識も品性も低い一部の政治家と一部議員と不動産屋と建築屋による豊洲計画なんです。」
**********引用ここまで
日本の食文化を守れるかどうかが小池さんにかかっているのかも。

そして相次ぐ鳥インフルエンザの発生で、日本で鶏を育てる人が減るのではと。
そうすると魚も鳥も日本産が十分でなくなると、豚や牛しかありませんが、結果的に海外産が増えるのではないかなと。


話は変わってSo-netブログの管理画面でアクセス解析ができますが、そのうちどの検索ワードでアクセスされたかが見れるようになっています。
どうも昨年の12月15日あたりからその数が激減しています。検索ワードが0であった日などそれまで一度もなかったのに、0の日が何日もあってまるで誰かに消されているかのようです。

アポロ月着陸の偽装 [政治・社会]

人々が月着陸は偽物だと信じる10の理由!
https://tumuzikaze3.blogspot.jp/2016/12/blog-post_25.html
>>「壮大なうそ」の極め付き
現代のウソの吐き始めというか、
9.11自作自演テロも前哨戦とも言うべき・・・
いや、常にウソを吐きまくっている勢力が居た・・・!
それはパラサイト(寄生虫)NWOである。


アポロ(についてロシアの)宇宙飛行士がハリウッド撮影された月の着陸を語る
https://tumuzikaze3.blogspot.jp/2016/12/blog-post_65.html
>>アポロ月面着陸偽装の続きである・・・
その背景は大いに洞察することが出来る・・・
熾烈な米ソ競争が背景にある・・・
宇宙飛行士同士はいわばインターナショナルである!
多分、イワノフはアポロ乗員から聞いたのだろう・・・

モンスターエナジーの飲み過ぎ [健康]

24本ものエネジードリンクを飲んで、心臓が噴き出す・・・!
https://tumuzikaze3.blogspot.jp/2017/01/24.html
**********引用開始
大量のカフェインを含有するエネジードリンク!
日本でもその摂取に依り、
事故が多発しているが・・・
これを観ればその恐ろしさを痛感するはずである!
ご注意を!動画はグロ!
**********引用ここまで

映像を見ると心臓が体の外からはっきりわかるほど、肥大化しているのですね。
そして鼓動している。
この大きさなら脈打つたびに血液が激しく体を駆け巡り、身体中の血管がもろくなりそう。
目の血管や脳の血管や、指先の血管からまず損傷を受けそう。
こんなことになるのですね。

トランプがワクチンに疑念をもっている [健康]

http://takapachi1962.seesaa.net/article/444049561.html
**********引用開始
トランプの意見は、2012年4月にFOXニュースのインタビューを受けた際の自らの言葉を繰り返したもので、その際彼は、彼の会社の、ある従業員の子どもがワクチン接種後にダメージを受けたとも語っていた。

「私はこのテーマにはかなり詳しいんだ」と、トランプはFOXニュースの「フォックス・アンド・フレンズ」のインタビュアーに語っていた。「いいかい、私には持論があるんだ。。。ある人々は信じている説なんだが。。。ワクチンに関するものだ。こんなものはこれまで無かった。

「今やこれは流行病だ。これは過去10年の間、とりわけこの2年間に蔓延したんだ。いいかい、体重5キロほどの、小さな赤ん坊を病院に連れて行くと、とても沢山のワクチンを同時に注射されるだろ。。。。ワクチン自体には賛成だよ。。。だけど、こうしたワクチンを全部一緒に接種すると、2か月後には赤ん坊はすっかり様子が変わってしまい、様々な症状を呈するんだ。私は沢山の例を知ってるんだよ」

ワクチンと自閉症とのつながりは、昨今、アメリカで注目を集めている。そのきっかけとなったのは、フロリダ州選出の下院議員ビル・ポージーが、下院委員会でビル・トンプソン氏の内部告発を引用しつつ行った発言だった。疾病予防管理センター(CDC)のビル・トンプソンは、CDCが研究者たちと共謀の上、自閉症の症例数千件とワクチン接種との関係を示す文書を破棄したと述べている。

**********引用ここまで

ワクチンと自閉症の証拠を見つけたドクターが殺される!
https://tumuzikaze3.blogspot.jp/2016/11/blog-post_85.html
**********引用開始
あり得る話である・・・
ロバート・デ・ニーロはアンチワクチン映画『Vaxxed』の
映画祭上映に尽力していたが断念した・・・!
こうなることを怖れたのだろう・・・。
しかし、
トランプ次期大統領は、
常に討論会で議論していた・・・!

事件は2016年6月19日であるが、
その前から、映画『Vaxxed From Cover Up to Catastrophe TRAILER』上映中止などで
物議を醸していた。
結局映画祭上映は断念されたが、
議論はいやが上にも高まっている・・・。
それをトランプ次期大統領は調査を開始するという。
その前に、重要な研究者が殺された。
**********引用ここまで

こどもがインフルエンザらしき熱が出て、主人はワクチンを打った方がいいのではといってきましたが、私は断固として拒否。
主人は私を変わり者とみなしているようです。

予防接種は危険であることをたくさんのナチュラリストがいっていても、なかなかたくさんの人には伝わりませんが、有名な人が言うと気づきになって、目がさめる人も増えるでしょう。

芸能界のタブーについてダウンタウンの松本が発言しているように、いろいろなタブーの存在について、予防接種タブーとか、抗がん剤タブーとか利権とむすびついたものの存在について、有名な人にも伝わり、それらを暴き立ててくれるのはありがたいことです。

お金を出す代わりにノーベル賞をもらう [政治・社会]

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/34227940.html
欧州寡頭勢力の仕切るノーベル賞は彼らの支配する米国政府財政を救済してくれたお礼とみなすべき、単純に喜んでいる場合ではないと気付け!
**********引用開始
2.日本人がノーベル賞をもらうとき、日本の国富が米国政府に移転されていると知れ

 本ブログでは、2002年、田中耕一さんがノーベル賞をもらったとき以来(注2)、日本人のノーベル賞受賞と日本の国富の対米献上との相関関係をフォローしてきました。その後、2008年、2010年、2012年そして、今年2014年と偶数年に日本人がノーベル賞を受賞していますが、それと同時タイミングで、日本の国富が米国政府に巨額移転されていることを発見しました(注3、注4、注5)。

 そして、今回の受賞でも、われら日本国民の国富が100兆円規模で米国政府に移転されています(注6)。今年はこれまでより国富移転額が多いので、ひょっとしたらノーベル平和賞もいただけるかもしれません(笑)。

注3:ベンチャー革命No.275『日本人ノーベル賞受賞は高い買い物か』2008年10月13日
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr275.htm

注4:本ブログNo.210『二人の日本人ノーベル賞受賞:日銀30兆円拠出のお礼だった?』2010年10月7日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/19264925.html

注5:本ブログNo.659『IMF・世銀総会を東京で開催:山中京大教授のノーベル賞の代金に、われら国富からいくら払わされるのか、野田総理よ!』2012年10月9日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/30617183.html
**********引用ここまで

日本人がノーベル賞もらいすぎだと思っていましたが、やっぱりそういうことだったのですね。
スポーツの国際大会でも、ワールドカップやオリンピックなども日本でばかりありすぎると思っていたら、賄賂で買ったものだったし。
公式発表はいろいろと嘘ばっかりなのですね。

「日米振り込め詐欺大恐慌」 [政治・社会]

副島隆彦著の「日米振り込め詐欺大恐慌」2009年発行の本を読みました。

これによると日本は米国債を毎月1.8兆円分強要されているとか。
1年間で21.6兆円になる。
中国は米国債の保有高が5850億ドル(約60兆円)となっている。

植草一秀の『知られざる真実』によると
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-c62c.html
**********引用開始
4月15日、米国財務省が発表した国際資本収支統計で、2月末の米国債保有高は、日本が1兆2244億ドル(約145兆7000億円)となり、リーマン・ショック直前の2008年8月以来、6年半ぶりにトップになったことが明らかになった。

メディアは、日本の米国債保有が世界一位に「返り咲いた」などと表現して、日本にとっての「吉報」であるかのように伝えているが、論評にも堪えない低質な情報である。

日本は外貨準備の大半を米国国債で保有している。

152兆円の元手で購入した米ドル資産の時価評価額が、なんと、たったの98兆円に減少してしまったのだ。

日本政府の米国国債投機で、4年半で53兆円の巨大損失を計上したのである。

このような投機損失など前代未聞である。

日本政府が、値下がりするドルを買い続けて、巨大な為替損失を生み出すことなど、まさに言語道断。

厳罰に処されなければならない、国民に対する背任行為なのだ。

しかし、日本では、53兆円もの外為損失を計上したにもかかわらず、ただの一人も責任を問われていない。

その一方で、米国国債保有が世界一などと持ち上げる、馬鹿馬鹿しい報道が展開されているのである。
**********引用ここまで

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/12/post-6565.php
**********引用開始
中国が世界最大の米国債保有国の座を日本に明け渡した。

米財務省が15日発表したデータでは、10月の中国の米国債保有額が1兆1150億ドルと6年余りぶりの低水準になったことが判明。減少は5カ月連続で、10月までの1年間の減少規模は1392億ドルと12カ月ベースで過去3番目の大きさを記録した。

10月の日本の米国債保有額は1兆1320億ドル。落ち込み幅は中国よりずっと小さかった。2008─09年の金融危機以降で日本の米国債保有が中国を上回ったのは、これまで昨年2月のたった1カ月だけだった。
**********引用ここまで

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/34256893.html
**********引用開始
1.日米の対外資産残高変化から、日本が債務超過の米国財政を支えていることが丸見え
2.なぜ、国民は怒らないのか:日米政府間のドル資産の貸借関係は実に不透明である
3.日本の財政の歳入項目に米国債満期償還の金融収入の項が見当たらない
さて、2011年の3.11事件直後やその他の時期に、ゴールドマンサックスなど国際金融資本が日本の外為市場で巨額の円買いドル売りを断続的にやっており、2013年末の日本の対外負債残高は470兆円規模(5兆ドル弱規模)となっています(注1)。この国際金融資本の巨額の円買いドル売りの結果、日本政府・日銀および日本の金融機関には5兆ドル弱相当のドル資産残高があるはずです。ところが、日本政府の公表しているドル資産残高(外貨準備高)は1兆ドル強(注6)であり、ちょっと少なすぎる気がします。

 ここで、財務省の公表する特別会計の歳出(注7)内訳を観てみると、平成26年は総額で400兆円強、重複を除く純計が200兆円弱です。この原資の大半は日本国債発行と一般会計の原資である税収であり、米国債の満期償還返済の金融収入原資はどこにも見当たりません。また、一般会計の歳入内訳(注8)にも米国債満期償還の金融収入原資は見当たりません

3.日本の財政の歳入項目に米国債満期償還の金融収入の項が見当たらない
 一方、米国の対外債務残高はここ7年(2007年半ばから2014年半ばまで)で、10兆ドル(1000兆円規模)も増えています(注2)。

 近年、米政府の対外債務残高が増えていますが(注2)、その分、日本政府の金融収入が増えていれば、米国は対日債務を返済している可能性が高まります。しかしながら、2007年末から2014年初めまで、日本の財務省の公債残高は210兆円も増加しています(注9)、これは年平均30兆円の債務増です。もし、米政府が対日債務を返済していれば、こんなことは絶対に起きません!

さらに言えば、日本の2007年の名目GDPは513兆円、2014年の名目GDPは490兆円と、日本のGDPは下がっているのに、公債残高が210兆円も増えるのは非常におかしいのです。ところが不思議なことに、このことが国会で追及されることはありません。

 以上より、本ブログでは、債務超過額が増え続ける米政府は対日債務を返済できていないとみなしています。言い換えれば、日本政府は返済能力のない米国の米国債を買い続けていることを意味します。片や米政府の方は日米同盟を維持するため、日本が米国債を買い続けるのは当然と思っているかのようです。
**********引用ここまで

つまり日本は米国債を大量に購入し続けているが、それが償還されていないってことですね。

グロソブに勧誘された日 [政治・社会]

副島隆彦著の「日米振り込め詐欺大恐慌」2009年発行の本を読みました。
それの84ページに
**********
日米振り込め詐欺はそんなものよりももっと大きく構造的なものだ。日本の多くの一般の個人も、家庭の主婦たちまでが米国に騙され続けて、「グローバル・ソブリン・オープン」(通称グロソブ)のような外債投信を大量に交わされた。そして大きな損失を被っている。外債投信はだいたい買値の3分の1に下落している。それを上品な人間たちが当然に行う健全で望ましい投資姿勢だと思わせるような洗脳宣伝が行われた。今もそうである。本当は米国の巨大な借金のツケを背負わせるために、野村証券などを使って多くの日本人投資家を欺いたのである。かつての悪質な商品先物業者のようなことを、大銀行や大証券の社員たちがやったのである。いやいまもやっている。、、、このものたちは鬼だ。最初の最初から客を騙している。これらの仕組債(デリヴァティブ金融商品)は元々利益が出るような商品ではないのである。初めの初めから「(損失)はめ込み」であり詐欺である。
**********
何年か前にちょっとだけまとまったお金が入ったときに、地元の銀行からなんども電話があり、グローバルソブリンに投資するよう勧誘を受けました。
毎月分配型で利益を受け取れるとか言う話でしたが、私は銀行が手数料取るだけで、そのうち目減りするような気がして断ったのですが、手を出さなくて正解だったのだなと思いました。
それほど大きな預金でもないうちにまでわざわざ勧誘の電話をかけてくるなんてなと今となっては思います。
しかも証券会社ではなく、銀行から。
銀行は手数料が取れるからどんなに下がろうがちっとも損はしない。
なんというか大きな大きな詐欺だったのだろうなと思います。

2009年01月15日で純資産総額 44,669億円(同著)
2017年01月11日で純資産総額 6,536.42億円(http://www.am.mufg.jp/fund/148013.html

買うなと言う情報は投資情報の雑誌などには絶対に載らない。
どうやって買ってもらおうか、手を変え品を変えやってくる。

幸いにも何年か前投資をしようとして資料を請求し、口座を開いたまではしたけど、しなくてよかったなと思います。
いわゆる陰謀論を知ることで、一般人はうまい宣伝と洗脳によって手玉に取られているのだなとようやくわかったので。
前の10件 | -