So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

「中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて」 [オウム真理教]

「中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて」島田裕巳 亜紀書房 2007年

島田氏は、中沢氏のオウム真理教に対する見解について述べている。
中沢氏が宗教的テロリズムを肯定する、否定はしないような発言をしていたこと。

島田氏はこの本の時点では、陰謀が実際にあるとは認識していないことは注意しないといけない。

○オウムの石川公一は、オウム真理教がサリン事件を起こす段階において極めて重要な役割を果たしていた。P.193
林郁夫は、1993年秋からの教団の動きは、石川が青山吉伸とともに、麻原と語らって生み出したものだと断言していた。(「オウムと私」)
その石川が、青山とともに作成したものに「信徒用決意」と呼ばれるものがある。
ここではグルに徹底して消えすることを求めている。また一般的な善悪の観念を捨て、いかなる手段を用いても救済する、救済を成し遂げるためには手段を選ばないと書かれている。
麻原はここまでここまで直裁な表現は使わなかった。
麻原が殺人を肯定するヴァジラヤーナの教えを解くときには、あくまで仮定の話として語っており、このまま悪業を行い続け、地獄に落ちる人間がいたとして、その人間を殺し、魂をより高い世界に転生させることは果たして悪と言えるのかといった問いかけを行なっていた。P.195
中沢と接触した可能性のある人物として考えられるのが、教団法皇官房の次官で、その事実上のトップだった石川公一である。
なぜそう考えられるのかというと、石川は事件の前に島田のところを二度ほど訪れ、麻原のメッセージを伝える役割を果たしていた。
もう一つの理由としては、事件後に逮捕されたものの、嫌疑不十分で基礎を免れ、触法された石川が、進学先といて中沢が教鞭をとっていた中央大学を選択したことがあげられる。P.192

中沢氏は、2006年4月には、13年間教授を務めた中央大学総合政策学部を去り、多摩美術大学芸術学科に教授として迎えられている。中沢を迎えるにあたって、多摩美術大学は、芸術人類学研究所を新たに設置し、中沢はその初代所長をつとめている。P.4

一方島田氏は、オウム事件で事実誤認に基づくメディアのバッシングを受け、日本女子大学を辞任。その後名誉毀損裁判で勝利している。
https://ja.wikipedia.org/wiki/島田裕巳
放送教育開発センター助教授、日本女子大学助教授を経て1995年(平成7年)に教授に昇任したが、同年7月に退職した。
2005年(平成17年)10月から2008年(平成20年)3月31日まで東京大学先端科学技術研究センター特任研究員(政治学・御厨貴研究室所属)。2006年(平成18年)4月より中央大学法学部兼任講師。2008年(平成20年)4月より東京大学先端科学技術センター客員研究員。2013年(平成25年)4月より東京女子大学現代教養学部人文学科非常勤講師。
研究員、非常勤講師など、待遇は中沢氏に比べるとよくないように思える。
真実をあばくものは・・・というあれかな。

中沢ー石川が教団武装化に一役かっている?

https://ja.wikipedia.org/wiki/石川公一
父親は衆議院議員後藤田正晴の後援会会長。
1995年3月20日の地下鉄サリン事件の謀議を決定した3月18日のリムジン謀議ではサリン散布が決定されたリムジンに同乗していたが、サリン散布に積極的な発言が確認できなかったことから、起訴されなかった。
2004年7月7日、警察庁長官狙撃事件に関与したと警察当局に判断され、捜査の過程において島田裕巳宅爆弾事件の容疑で別件逮捕された。狙撃事件前日に、現場近くの国道で警察官に職務質問されており、教団施設から押収した資料に狙撃事件について記した石川のメモもあった。しかし、証拠不十分で7月28日に釈放され9月17日に不起訴となった。
苫米地英人は石川こそが麻原の側近中の側近で中沢新一の影響を受けて教義を作り上げたオウムの洗脳の張本人であり、石川は中沢が教鞭を執る中央大学に再入学していると述べている

真偽はわからないけれど、このような記事が削除されている。
wikipediaの差分
https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=石川公一&diff=prev&oldid=59559611
>>また中央大学の入学も裏口だったとも噂されている。


https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=石川公一&diff=prev&oldid=61562005
new>>[[苫米地英人]]は石川こそがオウムの[[洗脳]]、および[[教義]]を作り上げた張本人であり、麻原の側近中の側近であったと述べている
old>>[[苫米地英人]]は石川こそが麻原の側近中の側近で[[中沢新一]]の影響を受けて[[教義]]を作り上げたオウムの[[洗脳]]の張本人であり、だからこそ中沢が教鞭を執る中央大学に再入学したと述べている



○島田氏がかつてヤマギシ会に所属していた
P.233
私が、大学四年生の時の柳川のゼミで、調査対象として山岸会を選び、そのイニシエーションの機会である特別講習研鑽会、特講に参加することを通して精神的な転換を遂げ、ヤマギシ会の思想に共鳴して、その共同体で生活するようになるのも、私の中に現実とは異なる別の世界に生まれ変わりたいという願望があったからである。

山岸会の共同体で生活した期間は7ヶ月ほどだったが、脱会してからの2、3年は脱会者が中心となる新しい共同体を模索する運動や、それと関連する出版社とかかわっていた。
大学院の修士課程では、山岸会を中心とした共同体の運動を研究し、その後もそれは研究対象の一つになっている。
特殊な共同体の内部を知り、また脱会者の精神状態も経験し、理解できるようになったと。

○宗教学という学問は実質的に日本にしか存在しない。P.229
宗教学に相当する英語がない。宗教史はある。
外国では、宗教現象を客観的、中立的に研究する宗教学という学問自体の存立が難しいということを意味している。
世界のほとんどの国では、一つの宗教が支配的な位置を占め、その社会に生きる人間は生まれた時からそうした宗教の信者となっていく。
信仰を持っている以上、自らの宗教に対して客観的、中立的になることは難しい。
日本人の多くには自分は無宗教であるという自覚が強く、そのぶん宗教を外側から客観的に見ている傾向がある。日本で宗教学という学問が成立するのも、国民全体に宗教を客観視する態度が浸透しているからである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
死後の世界はあるのか、ないのか。
肉体が魂の乗り物であるなら。

宗教的テロリズムとして、ただ単に大量に人を殺しても、殺された人の魂は高いところには導かれないのではないか。
誰かが悪を行なって、それに対して義の心をめざめさせ、世界の支配の構造、洗脳の仕組み、魂のことなどに気づき、それをまわりに教えようとするものが、死後に高いところにいけるんだと思う。



http://www.s-a-t.org/sat/sarin/20031030b_ta.html
中川のこの供述部分から、「被告人が、かねてより創価学会を敵対視し、池田を殺害しようと考えていた」とすることはできない。検面調書のこの部分は不自然かつ不合理でまったく信用性はない。この部分は証拠として排除されるべきである。

検面調書自体が矛盾したものであり、不自然かつ不合理なものであり、中川がサリンについて致死性を認識していたと決めつけた検察官が無理に作文をした結果と言うべきである。  中川の検面調書のこの部分に信用性がないことは明らかである。

本検面調書でも、中川の当時の教団生成のサリンの殺傷力についての認識はそれほどのものではなかったなっていることは上記したとおりであり、このことからも、中川のサリンについて致死性の認識はなかったのであるから、中川が本気で「死にかかりました」などと言うはずがない。検面調書は検察官の都合の良いように意図的に作成されたものであり、不自然かつ不合理であって、信用性はない。

メスチノンを飲んでサリンを浴びるとコリンエステラーゼの作用は低下する。つまり、メスチノンとサリンの相乗効果で新實の症状が重くなったのであり、教団で造ったサリンだけではそんなに殺傷能力はないのではないか」との認識を抱き、そのことを村井や被告人に伝えた。

遠藤の「第1次池田事件の際、噴霧車の後をついてきたオートバイの人は吸引したはずなのに何ともなさそうだということは中川から聞いた」旨の供述(第116回40丁、50丁~51丁)、滝澤の「走っていた車等について何か変わった事故とか事件は自分の知る限りではなかった」、

新實以外の他の者に生じた症状からも、やはり中川は、教団生成のサリンについては致死性までは有しないとの認識を持ったのは当然である。

実際にも、噴霧実験開始後、噴霧車の付近で虫が鳴いていたが、噴霧中も噴霧後も変わらず鳴いていた。中川は、もともと有機リン系の物質は殺虫剤に使われるという知識があったので変に思い、加湿器を持ち上げたところ、加湿器の底が抜けて中のサリン溶液がこぼれてしまった。中川には、息がしづらい、目の前が暗いという症状が出たが、以前に中毒した時よりも症状は軽く、生命に対する危険はまったく感じなかった。また、現場にいた他の者には何らの症状も出なかった。
 この実験結果から、教団が造ったサリンの毒性について、中川は、「近づけば被曝するが、少し離れれば効果はない。被曝しても死に至るまでの効果はない」との認識を持った。中川はこの実験結果を村井に報告した。
nice!(0)  コメント(0) 

解散の理由は憲法改正のため [政治・社会]

解散の理由はなんだと言われていますが、解散の理由は憲法を改正するためでしょうね。
自民党のほか、百合子党(若狭勝衆院議員、細野豪志元環境相)、維新などは、投票後憲法改正のため、一体化するでしょう。
憲法改正じゃないところを公約のメインにかかげ、池上彰の投票後の選挙特番で「今回の選挙は憲法改正選挙でした」、なんてまた教えられるんだろうなと。
そして国民が支持しなくても、投票結果はそうとでて、憲法改正し、戦争につきすすむんだろうなと。
そして1%の特権階級だけがもうかり、庶民はお金をむしられていくんだろうなと思います。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS22H0W_S7A920C1MM0000/
政府は22日の持ち回り閣議で、臨時国会の28日召集を決めた。安倍晋三首相は臨時国会冒頭に衆院を解散し、10月10日公示―22日投開票の日程で衆院選を実施する方針を固めている。25日午後に自民、公明両党の党首会談を開いたうえで首相が記者会見を開いて解散の意向を正式表明する。解散する理由などを説明し、国民の理解を得たい考えだ。

https://www.nikkei.com/article/DGXLZO21405940S7A920C1PP8000/
小池百合子東京都知事側近の若狭勝衆院議員と民進党を離党した細野豪志元環境相は26日にも国政政党を旗揚げする。5人以上の国会議員を確保し、全国11ブロックでの候補者擁立をめざす。焦点は小池氏が要職に就き「選挙の顔」として前面に出る展開になるかどうか。小池氏の関与が選挙戦の様相を左右しかねないだけに各党も出方を注視している。

http://www.sankei.com/politics/news/170825/plt1708250043-n1.html
小池百合子東京都知事の側近の若狭勝衆院議員(無所属)は25日、年内設立を準備する国政新党が憲法改正を目指すと明らかにした。国会内で記者団の取材に答えた。無所属の松沢成文参院議員や、民進党を除名された長島昭久元防衛副大臣と地方自治を規定する憲法8章の改正方針で合意していると説明した。2017.8.25 22:52
nice!(0)  コメント(0) 

古代朝鮮語と日本語は同じである [歴史]

日本語と韓国語は同系語
「朝鮮語に由来する地名 (1)」
http://japanese130.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-f724.html
〇 『大日本地名辞書』の第一巻の「地名総説」に、「古代朝鮮語と日本 語は同じである」と書かれていると「金達寿」は述べている。

○ 「鈴木孝夫(慶応大 言語文化研究所教授)」は、数ヶ国語を学習し、 五十代にしてハングルの学習をはじめたが、「日朝語はうり二つ、 朝鮮語は日本語の魔法の鏡である」と述べている。

『大日本地名辞書』で検索してみると
「朝鮮半島と日本のつながり」に関する参考レポート
http://mayonokuni.web.fc2.com/kankoku.pdf
新井白石が言ってるように、上代のことは漢字にとらわれてはならない。音が 大事なんです。朝鮮も新羅時代にできた「リト」がありまして、これは朝鮮語を書き表すために漢字を借りて 用いていたものです。・・・万葉仮名が朝鮮のリトに当たるものです。万葉仮名は表音文字です。

三品彰英氏がはっきり書いているように、「古事記」「日本書紀」をちゃんと読むためには古代朝鮮語を 知らないとだめです。はっきり言いますと、古代朝鮮語で書かれたものです。しかもよくみて見ると、佐久克 明氏なども書いていますように、「古事記」は新羅系の渡来人によって書かれ、「日本書紀」は百済系の渡来人 によって書かれたものです。

二月十一日がどういう日かご存知ですね。今は建国の日と言いますが、昔の紀元節です。つまり上代の二月十 一日には、宮中で韓神の祭りが行われた。そればかり神楽というものがあります。宮中神楽です。宮中神楽で ない神楽は里神楽と言います。宮中の神楽はどういう神事かといいますと、韓神を招く神事です。

三社の祭神がどうして朝鮮渡来の神様なのか。「東京都の歴史散歩」という文庫本を見るとよくわ かります。・・・・・日本書紀には685年から760年の間に六回、渡来してきた百済、新羅、高句麗の僧俗男 女多数を武蔵野国に置く記事がある。とくに716年には高麗郡、また758年には新羅郡が新設される。・・・」

「千七百九十九人の高麗人をもって高麗郡を置く」ということが、「続日本紀」にはっきり出ています。

関東だけでもたいへ ん濃厚に遺跡を残していまして、大和や関東の遺跡をみるだけでも、高句麗系、新羅系、百済系がまんべんな くあり、九州に行くともっと濃厚です。 ただ、非常に薄いのが北海道です。東北まではまんべんなく、先ほど八、九割までが渡来人だと言いましたが、 これは日本全国どこでも当てはまります。

伊勢神宮は金沢庄三郎氏がはっきり書いているように、伊勢とか宇佐のイ、ウというのは接頭語です。 勢はソです。伊勢に行くと韓神山というのがあって、そこに韓神神社があります。今は小さい祠になっていま すが、伊勢神宮はそこから始まるのです。 その韓神山は禰宜を祭った山です。禰宜というのは朝鮮語のネク、魂という意味です。そういうことで韓神山 が伊勢にあるというのは、面白いでしょう。

もう一つ言語ですが、日本で一番権威がある地名辞典は富山房から出ている吉田東伍博士の「大日本地名辞書」 だと思いますが・・・
去年になってやっと総論を開いてみると、「地名原義論」というのですが、こうあります。「上古には、日本語 と韓国は、同語同言の人民たり、各自にその法俗を異にしたるにせよ、語言の根源においては、理論上まった く同一に帰せられる。この際の異動の論は、もっぱら転訛の程度いかんというにあらん。すなわち転訛の差異 が、両国の差異を示すにすぎざりけん。もしそれ、両国ともに古言を保守して、転訛なき名詞のあるあらば、 古今同名というを得ん。されば、本邦古言の考証は、多く韓語によりて資益せらる」と、つまり古代は同じ言 葉だったというのです。
ぼくはこれ以前から疑問に思ったのは、天智朝(近江朝)に数千人の人々が百済からくるでしょう。百済が滅 びてから、高官がたくさん入ってきて、文部大臣兼国立大総長みたいなものになる。国務大臣にもなる。それ らが、一体どういう言葉をしゃべったかということです。通訳付きの大臣というのは、どう考えてもおかしい。 その時代まではほとんどは同じ言葉ではなかったかと思います。なぜならばドイツで最近、労働者の語(?) を調査した論文が発表されましたが、なんと 5、6 百語です。そうすると古代は百もあれば用が足りた。

http://mayonokuni.web.fc2.com/top.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

半島の人と日本とは同じ言語を使っていた。
たくさんの人が半島からやってきて住み着いた。
そして彼らが支配者となったということですかね。
nice!(0)  コメント(0) 

阿修羅天平乾漆群像展 興福寺 [おでかけ]

奈良 興福寺の阿修羅天平乾漆群像展にいきました。
興福寺は現在中金堂を再建中のため仮講堂での拝観でした。
ここの20像の仮講堂と、国宝館の何体かの拝観で900円はちと高い気もしましたが、中金堂再建費用もいるだろうし、五重塔の維持費もいるだろうしと自分を納得させました。

20170920-1.JPG
仮講堂では中金堂再建費用の寄進として匂い袋を200円で購入。
普段嗅ぐことのないとてもよい香りがします。

奈良国立博物館は大人520円ですが、時間がちょうどよくてボランティアガイドさんに30分ほどガイドしていただきました。
勉強熱心で熱意あるガイドさんで勉強になりました。

いろんなお寺の仏像があり、見ごたえがありました。
ここは1時間以上みといたほうがよいと思います。

また青銅器館では、古美術品の収集家坂本五郎氏が寄贈された中国古代の青銅器200点あまりが公開されていました。
形はいろいろですが、文様はわりと変化がなく、四角い渦巻き模様ばかりといった印象でした。
それよりびっくりしたのはその古さ。
ほとんどの青銅器がBC15世紀〜なんてあってそんなにも古いものがほとんど劣化せずに見られるのはすごいことだと思いました。
説明書きにも、文様は単調だが、鋳造?技術の向上に力を注いでいたと書かれていたので、だから劣化せずに残っているのかなと思います。

また青銅器に書かれた文字を金文と呼ぶことを初めて知りました。
まだ漢字ではなく、でも文字の種類は多く、わくわくしました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/金文
青銅器に文字をどうやってつけたのかはよくわかっていないようで、古代の技術の素晴らしさを感じます。
金文のある青銅器は四つありました。
このwikipediaに紹介されているよりもっと複雑で多くの種類の文字がありました。
金文の中のどの時代のものかは覚えてないのですが。

20170920-3.JPG

20170920-2.JPG
奈良に行って思うのはそのスケールのでかさ。
写真ではそのでかさは伝わらないのですが、実際に行くと、平城京を作ったのは中国出身者に違いないと思いました。
中国の都の形式をまねたと学校ではおそわりましたが、そうではない。中国の人が指導して作ったんだと思います。
藤原氏はどうやら中国人だったようですが、古いものが大切にされて今も見ることができるのはありがたいことだと思います。

平城京は東西4.3Km、南北4.8Km。
近鉄線でいくと西大寺をすぎてから、左手に再現プロジェクトの太極殿が見えてきますが、そのまわりも広大な草っ原になっていて、なにか作られそうな雰囲気です。
西大寺から東大寺までが平城京で、北の中心が太極殿。とにかく広いです。
藤原氏は、祖国の町にまけないくらい巨大な町を作りたかったのかもと思いました。
nice!(1)  コメント(2) 

天智天皇は百済王子、天武天皇は高句麗の将 [歴史]

「すり替えられた天皇 「長屋王の変」と聖武帝の謎」小林惠子(やすこ) 文藝春秋 2000年

情報がもりだくさんで、理解はしきれていないのですが、興味深い研究なので紹介します。

著者 小林惠子(やすこ)は1936年生まれ、1958年岡山大学法文学部文学科東洋史専攻卒業。
現在80歳ぐらいですね。

あとがきを一部紹介すると、
それまでの奈良時代の知識は「続日本記」一辺倒になっている。長屋王家の木簡の発掘など考古学的な発見が驚異的に増えているが、「続日本記」批判とその検討はなされていない。
それは政治史においては現代の天皇家に連なると考えられているせいか、新しい学説で定説となったのは皆無である。
天皇の皇位継承の推移についても、無批判に「続日本記」の記載を受け入れて日本史を成立させている。
本書の結論が普通の知識を持つ人にとって、たとえ驚天動地のものであるにしても、歴史時代のはじまりといえる弥生時代から奈良時代までおよそ一千年、連続した列島の歴史の自然の成り行きの結果、自然にそうなったのであり、私が無理な創作をしたわけではない。私に言わせれば万世一系に固執した「日本書紀」や奈良時代、唐国の日本への政治介入を極力隠蔽し、独立日本国の尊厳を守ろうとした啓蒙書としての「続日本記」の方がよほど、意図的に創作している。しかし、その意図的な創作には限界があり、あちらこちらに破綻をみせている。その破綻こそ、私のとって史実を知る手がかりになるのである。
私の史観は日本を単独ではなく、東アジアの一国として位置付け、それが万世一系を建前とする天皇の血統にも関係してくることもあって、日本国内の専門家には無視されている。


著者は「続日本記」など日本の文献だけでは、解明できないとして、中国など東アジアの文献を調べている。
小林史観の一部を紹介すると、こういうことになる。
20170919-1.JPG
天智天皇は、百済王子であり、翹岐(ぎょうき)
天武天皇は、高句麗の将であり、蓋蘇文
文武天皇は、新羅の文武王であり、高句麗 莫離支 高文簡となるらしい。

日本は独立国ではなく、第二次世界大戦よりも前ずっと昔に、朝鮮半島や、中国の一部と一体であったときが、あるのではないだろうか。

こういう人は大好きである。こういう可能性もありかもしれないと考えてみると、面白いと思う。


こちらではくそみそに書かれている。
民俗学伝承ひろいあげ辞典
「特集・小林惠子徹底分析 」
https://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/55971059.html

なんでもかんでも朝鮮渡来と考えてしまう、この異形の東洋史研究家をシリーズでぶったぎる。
(中略)
日本語の起源がどうしても古朝鮮語にあったと言いたいのは、この人と李寧煕(い・ねいひ)。 かつてこの二人が同一人物ではないかと筆者はぶったぎったほど、相似形の朝鮮愛好者。 ところがその後の分析から、日本語の基層は膠着言語であること(安本)。 それがオーストロネシア言語であること(Kawakatu)。 さらに古朝鮮時代の和歌集などが残っておらず証明不可能なこと(井沢)。 さらにはさらには、上代特殊仮名遣いつまり万葉仮名が漢氏ら書記官による一過的な朝鮮語発音の流入であり、やがて本来の縄文発音である膠着語の五十音に戻ったこと(Kawakatu)などが次々と登場し、小林・李説は失笑を伴う噴飯説とされていく。 いわゆる小説家に近い、左翼的主観的史観に後押しされる朝鮮一元論主義者。 視野が狭く、偏っていて、独善的なのでしろうと歴史ファンが多い。 歴史ファンタジー作家。 読後は右より作家のものを読み、脳みそをシャッフルしておかねばならないから要注意。 何より、日本の尊厳に重きを置く人々は読まないほうがいいかもしれない。 中庸の美徳を知る一般的日本人は、根っころがってお茶請けにするには充分面白い。

こちらでは天才と評価されている。
とし日記
「小林惠子 日本古代史シリーズ」
http://toshihak.blog.so-net.ne.jp/2011-12-25
大学教授をやっているようなエライ先生方が出している本はことごとく淘汰され、古典として100年後も確実に残っているのはこちらの方だと思う。
満州からの引揚げ者である著者は、日本の学校で習う「日本史」に違和感を覚え、大陸からの視点で母国の歴史を正しく理解したいという思いから、大学では古代東アジア史を専攻。
朝鮮半島の影響をきわめて強く反映した高松塚古墳が発見されたときに自身の問題意識の正しさを確信し、古代史研究家としての人生が始まったという。
いかに学界から無視されようと、天才であることは疑いようもなく、このシリーズが国家や政治というものに対する啓蒙書として新世代の読者に影響を与え、100年後には小林惠子氏が正しく評価される時代になっていることをおいらは確信している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東大の教授はたぶん万世一系に反するような研究結果は公表しないであろう。
それをすれば東大教授ではいられない。

エジプトのファラオの墓にはるばる早稲田の吉村教授が行って発掘調査が行われても、日本の天皇陵は発掘調査が行われない。
エジプトより先に、日本でしょと思うけど、発掘調査すると、現在の天皇家および皇族、宮内庁などなどにとって不都合なことが明らかになる可能性が高いのではないか。
だから日本の天皇陵は発掘調査が行われないのだと推測します。
そう考えると、この小林史観もありかなと思うのです。

nice!(1)  コメント(0) 

日中韓の対立をあおるアメリカ [Book]

メディア症候群 なぜ日本人は騙されているのか?」 西村幸祐 総和社 平成二十二年

日中韓の対立をアメリカがあおっている。
2007年に、反日史観映画「NANKING レイプ・オブ・南京」をアメリカのインターネット起業「AOL アメリカ・オンライン」が制作している。
原作のアイリス・チャンの「レイプ・オブ・南京」は、うさんくさいしろもののよう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ザ・レイプ・オブ・南京

日本からも「レイプ・オブ・南京」のでたらめさを指摘する手紙をAOLの副会長テッド・レオンシスに送ったが映画制作を止めることはできなかった。
テッド・レオンシスのブログはオープンなイメージを装っているが、日本からは書き込めないシステム設定になっていたとある。(P.166)

グローバリストは資金が豊富であり、TEDをみてもわかるように、なんと16ヶ国語の訳を選択することができる。
「ホロコースト否定説の嘘に潜むもくろみ」
https://www.ted.com/talks/deborah_lipstadt_behind_the_lies_of_holocaust_denial?language=ja

日本の研究者は英語にするのがやっとであり、とても16ヶ国語も用意することはできない。
そして外務省は、日本人のためよりも、波風立てないを第一に仕事をしているよう。

NHKはすでにグローバリストに乗っ取られている。
最初からそうだったのかもしれない。
nice!(0)  コメント(0) 

「R帝国」大きな嘘に気づいている中村文則 [Book]

「R帝国」中村文則 中央公論新社 2017年

ネタバレありますので、ご注意ください。

中村文則さんは、私と同じように真実は教えられた歴史のようではなく、大きな嘘があるということに気づいている。
それは扉のヒトラーの言葉「人々は、小さな嘘より大きな嘘に騙されやすい」にも表れている。

中村氏は911の真実にも気づいている。
野党の一部の人が、実は与党の仲間だということも。

舞台は現代の日本そのもの。
人々は皆HPと呼ばれるスマホの進化系のようなものをもち、それを手放さず、依存し、一部の者はインスタのようなもので幸せな生活ぶりをアピールしている。

レジスタンスは、この世界が大きな嘘で成り立っていることを知らせるために、システムに侵入しすべてのHPに暴露情報を流そうとする。
作戦は成功した。しかし、それを理解し、受け止めた人々は少なかった。

確かにパート先での昼ごはんの時、加計学園問題とかを話そうとしても、「いつまでニュースやってるの。早く終わって」という反応で、そういった話には興味がないよう。
うちのB層に私がわかったことを何度も話してみるのだが、いつも頭から拒否され、私のことを陰謀論にかぶれた人として見て、しかも自分で調べてみようともしない。
電波ジャックのようなことをして、すべての人に真実を伝えたとしても理解し、受け止められる人は少ないであろうと。

ぜひ読んでいただきたい本です。
nice!(0)  コメント(0) 

整形外科の薬で離脱症状 [健康]

精神科で処方された薬で、依存になる場合があることは知っていましたが、整形外科で処方された薬でも依存が起こることがあるのですね。
断薬した後離脱症状がひどくて、抑うつと、被害関係妄想がでてくるという。
また車を運転していて、幻覚がして事故ってしまったとも。


「プレガバリン(リリカ)の真の問題点と副作用・離脱症状とは何か?? ― 2014/09/21 22:08」
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2014/09/21/7440270
2010年6月に販売され、現在年間20万人以上が整形外科において処方されているファイザー社のプレガバリン(リリカ)について
(中略)
日本のリリカの申請資料概要には、GABA系への影響がないかのように記載されている。しかし、プレスクリル誌の記事で詳細にレビューされているように、臨床的に依存・乱用・中毒・離脱症状が出現することは明瞭である。
(中略)
②「急激な投与中止により、不眠、悪心、頭痛、下痢、不安及び多汗症等の症状」が生じうるため、「少なくとも1週間以上かけて徐々に減量すること」と記載されているのは、離脱症状と、その回避方法の指示である。
(中略)
乱用の危険は書かれていないが、十分にあり得る。また、横紋筋融解症(脱力感、CK上昇、ミオグロビン上昇等)も離脱による筋固縮・強剛、カタトニア-悪性症候群の結果と考えられる。
(中略)
問題は、日本でこの薬が向精神薬ではなく、整形外科の痛み止めとして普通に服用されているということです。
(中略)
厚生労働省は8月29日、線維筋痛症の痛みを抑える薬「リリカ」 を飲んで自動車を運転し、意識を失うなどして交通事故を起こ した人が過去2年で10人いたことを明らかにした。
(中略)
臨床的に依存が起きる』というのは、医者が、通常に処方して医療を続けていると、そういう症状に遭遇するということであり、医者の指示通りに使っていると、薬の副作用や耐性によって、その薬を中心とした脳のシステムに切り替わるということです。
その結果として、中毒や乱用や離脱症状が出現するのです。
GABAに作用するベンゾジアゼピンは、ごく稀に依存を引き起こすのではなく、ごく普通に依存を引き起こすのです。
(中略)
リリカの離脱症状で、 被害妄想まで出てきました。 先日、慢性疲労症候群でリリカを出されていたものですが、白血球減少が見られたので、自分で断薬し、3週間経ちました。 離脱症状なのでしょうか?腰痛がぶり返したのはわかるのですが、ひどい抑うつと、被害関係妄想が出てきて、外出もままならなくなりました。 内容は、「殺されるかもしれないから外に出られない」です。 怖くて怖くて、毎日セレネースやセルシンを飲んで、泣きながら七転八倒しています。 昨日、止めていたリリカを1錠だけ飲んだら、すーっとその苦しみが治まりました。 リリカって精神まで関係するお薬なのでしょうか?
nice!(0)  コメント(0) 

真珠湾攻撃作戦を立案・実行した指揮官 源田実がアメリカから勲章を貰う不思議 [歴史]

velvetmorningさんのブログより
「太平洋戦争の原因である真珠湾攻撃作戦を立案し、実行した指揮官 源田実が、アメリカから勲章貰い、東京大空襲や原爆投下を指揮したカーチス・ルメイに勲一等旭日大綬章を与えるように進言」
― 2017/08/13 20:55
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2017/08/13/8646072
源田実は、太平洋戦争が始るきっかけとなった『真珠湾=パールハーバー』の攻撃作戦を立案し、実行した指揮官でした。

しかも、アメリカから勲章を授与された2年後、今度は、一般市民を数十万人単位で無差別に殺害した東京大空襲や広島長崎の原爆投下を指揮した犯罪者カーチス・ルメイに勲一等旭日大綬章を与えるように進言しています。そして勲章は授与されました。この進言に同調したのが小泉純一郎の父親である小泉純也だったのは既報のとおり。

カーチス・ルメイは、朝鮮戦争でも原住民を無差別殺戮していますし、キューバ紛争でも偽旗作戦による空爆を支持、さらにベトナム戦争でも無差別絨毯爆撃を行っている人類史上まれに見る重大犯罪者=殺人鬼です。

そんなカーチス・ルメイに対して国家勲章を授与せよと進言したのが、日本軍によるパールハーバーの攻撃を立案・実行した源田実だったのです。

源田実は、第一次攻撃を成功させたものの、第二次攻撃を行わず、結果的にハワイの燃料施設が手つかずのまま残され、それによって米軍の太平洋艦隊は、米国本国まで撤退することを避けられたというのです。


さらに、ミッドウェー海戦では、敵機を攻撃せず、致命的な失態で日本海軍の主力部隊を全滅させています。

その一方で、軍艦よりも航空機の時代だと進言し、テニアン島に2年がかりで飛行場を作らせます。

そのテニアン島が、米軍の手に落ち、その日本軍が2年がかりで作った飛行場からB29が飛び立ち、東京大空襲や広島・長崎への原爆投下(ホロコースト)が行われるわけです。

しかも、源田実は、特攻隊による敵への自爆攻撃を進めています。(死んだ大西中将に責任を全てかぶせ、自身は涼しい顔)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なぜ真珠湾攻撃作戦を立案し、実行した指揮官 源田実がアメリカから勲章をもらえるのか。
wikiをみると、1962年にレジオン・オブ・メリット勲章(勲功章)叙勲とあります。
コマンダーの等級です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/源田実
レジオン・オブ・メリット [1](Legion of Merit)はアメリカ合衆国五軍の将兵に授与される勲章。日本語では、勲功章[2]、功績軍団章[3]、殊勲章[4]、レジヨン・オブ・メリット勲章[5]、レジオン・オブ・メリット章[6]などの様々な表記がある。
戦功章の一つで、敵との戦闘において功績を挙げた軍人に対して授与される。レジオヌール、オフィサー、コマンダー、チーフコマンダーの4つの等級に分かれており、うち上位の3等級は外国高官にのみ授与される。

https://en.wikipedia.org/wiki/Minoru_Genda
Awards US Legion of Merit degree of Commander (1962)

アメリカの参戦の口実となる真珠湾攻撃作戦を立案・実行し、神風特攻隊を立案し、ミッドウェー海戦で日本海軍の主力部隊を全滅させ、テニアン島の飛行場を建設し、原爆を乗せて飛び立つことになったという。
そりゃもうアメリカから勲章もらえるはずだわと。

そしてコメント欄を見ると、
源田実の出身地は日本 広島県 山県郡加計町 。
いやでも加計学園を連想してしまいます。
どういうつながりなのかわかりませんが。

「加計町史. 資料編 3」
http://rnavi.ndl.go.jp/mokuji_html/000007905670.html
タイトルがこちらで見られます。
加計家は鉄山を持っていたのですね。
明治九年(一八七六) 二六 加計家(隅屋)鉄山を政府へ貸与につき定約書

明治一四年(一八八一)
四六 穴村を安名村に村名復古願 一一二

昭和二〇年(一九四五)
二八九 満州太田開拓団員の勧誘 五八一
二九六 終戦直後の強制連行中国人への対応 五九〇

平成九年(一九九七)
四三八 米軍機低空飛行訓練即時中止を求める意見書 一〇六九
nice!(0)  コメント(0) 

日本の領土はすべて米軍の治外法権下にある [時事問題]

驚きの事実がいっぱいでした。
日本はいまだに米軍の支配下にあるのに、そうではないかのように思わされているだけということがよくわかりました。

「なぜ日本はアメリカの「いいなり」なのか?知ってはいけないウラの掟」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52466
『知ってはいけない――隠された日本支配の構造』矢部宏治 講談社現代新書 2017年8月

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52466?page=4
4ページ目では4コマ漫画で内容が紹介されているのでわかりやすい。

「知ってはいけない──隠された日本支配の構造」
http://book-sp.kodansha.co.jp/topics/japan-taboo/

日本の空はすべて米軍に支配されている。
日本の領土はすべて米軍の治外法権下にある。
日本に国境はない。
国のトップは米軍+官僚である。
国家は密約と裏マニュアルで運営する。
政府は憲法に縛られない。
重要な文書は最初すべて英語で作成する。
自衛隊は米軍の指揮のもとで戦う
アメリカは国でなく国連である

●P.230 1950年の旧安保条約・米軍原案からもう一つ前の段階の条文に遡ると、
○日本全土が米軍の防衛作戦のための潜在的基地とみなされなければならない。
○米軍司令官は、日本全土で軍の配備を行うための無制限の自由を持つ。
○日本人の国民感情に悪影響を与えないよう、米軍の配備における重要な変更は、米軍司令官と日本の首相との協議なしには行わないという条項を設ける。しかし、戦争の危険がある場合はその例外とする。

これを読んで戦争の危険がある場合は、日本は全土が潜在的米軍基地になるんだなと思いました。

●またP.36では日本における米軍機の低空飛行訓練ルートが描かれていて、北海道東北、上越、中国地方、思考から和歌山、九州沖縄に8のルートがあります。
うちは、中国地方のブラウンルートの東の端のあるのですが、何年も前から時々夜中の2時3時ごろにだいぶ上空ですが飛行機が飛ぶ音がしていて、こんな時間には伊丹にも着陸できないはずだし、どこの飛行機だろうかと思っていたのですが、やっぱり米軍の訓練ルートだったのですね。


●北朝鮮と横田基地の航空便があることを知りましたが、裏ではツーカーであることがはっきりしました。

「北朝鮮やらせ問題)北朝鮮VSアメリカ 平壌→横田基地着(在日米軍基地)の航空便があった!(在日米軍問題)」
http://www.asyura2.com/17/warb20/msg/731.html
コシミズが言ってたのはこれか
北朝鮮発で横田基地に降りたなら
基地のゲートから出て自由に日本中どこへでも行ける
基地のゲートから何人出てきたかすらカウントしてないぞ
北朝鮮 平壌→横田基地着(在日米軍基地)が実際上フリーパスだとは驚いた。

P.73日本の首都圏には、横田、座間、厚木、横須賀と首都東京を囲むように4つも存在している。
それらの基地の上空は横田空域と呼ばれ、米軍の空域になっている。
米軍とその関係者は日本政府から一切チェックを受けることなく、いつでも首都圏の米軍基地におりたつことができる。
米軍関係者に対して国境がないということ。

●P.123米兵の犯罪は極力軽い罰になるよう連携して調整する
米兵が犯罪を起こすと、
「アメリカとの協議(日米合同委員会)」ー>「異常に軽い求刑(法務省ー>検察庁)」ー>「異常に軽い判決(地方裁判所)」ー>「アメリカへの帰国(外務省)」
と役所間の連携プレーがおこなわれる。

日本はそうは見えないけど、植民地みたいなものだということがよくわかりました。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -